■最後の咆哮--[LAST MESSAGE]--
e0057274_14413912.jpg
■写真は“Fokker F27 Friendship”──格別意味はありません。たまにはこんなレトロな旅客機にでも乗って、地上の景色を眺めながらのフライトしてみたいな~なんて思ったものですから。


■さて、長きに渡って放置しておりました拙ブログですが、未だに毎日数百のアクセスを頂戴しており、感謝の念に耐えません。特に渓流釣りシーズンが始まる前後から禁漁までの期間はアクセスが増加、拙い投稿内容にも関わらず、一定数の方々に継続してご覧頂いているとすれば、2006年~2008年の3年間(渓流釣りシーズンとしては3シーズン)、集中してブログを続けてきた甲斐があるというものです。拙ブログの記事が、ほんの少しでもフライフィッシングを嗜む方のお役にたっているとすれば、それに勝る幸せはございません。重ねて感謝いたす次第です。


e0057274_16564345.jpg
▲最近の捏造パターン──“ヘアウィング・ダン”と“スペント(ウィング)・カディス”をミクスチャーし、“ノーハックル・ダン”のライト・パターンをかもし出すよう捏造した“Skid Sub-Wing Dun”──本ブログにおける捏造フライ、最後のご紹介。


■ブログ主の体調、また諸般の事情から、2009年以降フライフィッシングに出かける回数は激減し、現在に至っておりますが、インドアで楽しむことができる“フライタイイング”については、相も変わらず勤しんでおり、未だ妄想テイスト溢れる毛鉤を捏造し続けています。が、実釣の伴わない捏造フライを掲載していくことは、“事実だけを投稿していく”つもりで始めた拙ブログの趣旨からは外れますので、今後、フライタイイング、フライフィッシング関連はもちろん、全ての新規投稿は行いません(今更な“お知らせ”で恐縮至極にございます(^^;)。それと共に、冒頭申し上げた通り、現在でも多くの方に拙ブログをご覧頂いている現状を踏まえ、過去ログを削除することはいたしません。ただし、フライフィッシング、フライタイイングに余り関係のない記事につきましては“非公開”とさせていただきます。また、過去記事──特に水生昆虫をイミテートしたフライタイイング関連──において、明らかに間違っている記述、誤解を招きやすい記述に関しては、見付け次第訂正していくつもりですが、なにぶん投稿回数が多いものですから、徐々に作業を進めてまいりますので、その旨ご理解ください。


e0057274_16434413.jpg
■渓魚に感謝する気持ちの感じられない写真がフライフィッシャーのブログから無くなることを願いつつ、長きに渡り、拙ブログを支えていただいた方々からの“Friendship”に感謝の気持ちをお伝えし、本ブログ最後の投稿とさせていだだきます。本当に有難うございました。

[PR]
# by godzilla2004 | 2012-05-06 17:15 | ■フライフィッシング
■Noisy Fly Fishers
e0057274_18292439.jpg
※三連休の初日に訪れた美濃フィッシングエリアの“ストリーム”は少々渇水気味──流れる水音もひっそりと静かな佇まいを感じさせてくれます。が、午後券を買ってストリームに降り立った当方とMDさん──騒がしいフライフィッシャーの登場で、その静寂は破られた──ようです。

e0057274_18294621.jpg
■“ポンド”エリアで、MMさん(写真向う側)と合流。“ストリーム”にも増して──目立ったライズもない──静かな水面は、騒がしいオッサンとMDさん(写真手前)の登場で暫くの間喧噪状態と(なってしまったのかもしれません)…。ストリームのアマゴ、ポンドのレインボーも、数的には申し分のない程水面下では“群れ”ていますが、いずれ劣らぬ強者揃い──スレきっているという意味で──6.5Xのティペットでは、フライに近づく途中で見切られてしまうようです。従って、MM/MDさんのロッドばかりが曲がり、当方としては一人“毒づいて”おしゃべりに専念することとなった次第です。徐々にフライを“ハズカシイ方面”にシフトして何度かロッドを曲げ、いい加減騒いだ後に再び“ストリーム”へと向います。

e0057274_18283518.jpg
■この日の“ストリーム”ではドライフライへの反応は気紛れ。#24までサイズを落としても、芳しい反応を得ることは出来ませんでした。極細ティペットに変えれば…と思わないでもありませんでしたが、泳いでいるアマゴのサイズはほぼ全てが尺上──中には40センチオーバーも──なんて状況では極細ティペットにするには勇気が必要。もっぱら水面下でも視認できる──要するに弩ピンクなファンシーフライを多用してのサイトフィッシングに勤しむこととなります。写真のポイント、小さな落ち込み下から手前まで、写真ではわかりませんが、20尾近い尺上(!)が確認できました──何とかネットインできたのは2尾だけでしたが(笑)。

e0057274_1830387.jpg
■下流へと移動すると、丁度MDさんが大物をかけたトコロでした。ネットインまで(役に立たないアドバイス?…)大声で応援したことは言うまでもありません。それが功を奏したのか、無事ネットインできたのは軽く尺をオーバーしつつ、砲弾型に太ったアマゴ……でした(写真はそのアマゴを撮影中のMDさん)。

e0057274_1830259.jpg
■立派なアマゴです。……ちょっと立派過ぎるアマゴが放流されているようで、当方、フッキングまで持ち込めたのは良かったんですが、極細ティペットを使わざるを得なかったこと、そして余りのパワーに走るアマゴを上手にコントロールすることができずにラインブレイクを味わってしまいました(多大なる反省点でございます)。以後、7Xティペットに戻し、丁度食いが立った時間に遭遇したのか、何とか数尾を追加することができましたが、(特に渇水時に於ける)ティペットサイズの選択はフライ選択以上に悩ましいテーマになったような気がします。

e0057274_18323599.jpg
■駐車場下流部の(当方が好きな)ポイントを攻めるMDさん。ご覧のような水量ですと、ある程度距離をあけて攻めても、アマゴ達はティペットへの違和感で捕食には至らないことが多いようで、この日のMDさんも苦労されたようです。

e0057274_15343360.jpg
▲撮影は…被写体がアレですが…丁寧な写真撮影に頭が下がるMDさん…感謝です。

※とは言え、午後5時まで時間を忘れて釣りに没頭し、帰路の中華料理チェーン店では例によって四方山話にこれまた時間を忘れ……休日を満喫……シーズンオフではありますがフライフィッシングの楽しみは尽きません。
[PR]
# by godzilla2004 | 2008-10-13 18:44 | ■フライフィッシング
■Early Autumn/初秋
※ハードボイルドの“心”を新たな局面で感動的に謳い上げた傑作小説----ロバート・B・ パーカー (著)の「初秋」。とは、まったく関係なく、9月は「初秋」の石徹白に詣でてのフライフィッシングで終始することになりそうです。

e0057274_17384487.jpg
■いつものアングルから空を撮影すれば、雲の形は夏を色濃く主張していますが、吹く風の爽やかさには秋を感じます。

e0057274_1739292.jpg
■そして、峠道の際にはススキの穂が揺れており、「初秋」であることを思い起こさせてくれます。

e0057274_1740253.jpg
■峠川の川岸にもススキは絶賛群生中。気をつけないと、道に出るまでに無用の苦労を強いられることになります(経験者談*笑)----背丈より高く茂った夏草に阻まれなかなか脱出できない、なんてこともママあります----ので、気をつけましょう。

e0057274_18254086.jpg
■この日はMM/MD夫妻と石徹白で合流----といってもお互い石徹白到着はお昼を随分と過ぎた頃で実際にランデブーしたのは日が傾いた後^^;)----減水で期待薄な状況ではありましたが、日の高い頃はニンフィング、太陽が山陰に隠れた頃から適正なフライを選択すれば(サイズは別にして)ドライフライに対しても良好な反応を得ることができました。

e0057274_17405014.jpg■写真は、MMさんが釣ったグラマラスな石徹白アマゴ。イブニング・タイムには息をすると(所謂各種)フタバコ----フックサイズ#16〜#18、#24〜#26----が鼻、口の中に飛び込んでくる程の大量ハッチがあり、視認性を重視しつつもコンパクトに巻いたCDCダン系(#16)で良好な反応を得ることができ、個人的には満足できる釣行となりました。このところ、MM/MDさんとご一緒した石徹白(方面)からの帰りにはとある国道沿いの“王将(中華料理のチェーン店)”で遅めの夕食を食べ四方山話しに花を咲かせてのんびりするのがルーティンとなっており、この日も同様----でした。





※そして一週間後、再び石徹白を訪れることに。某北陸の渓から石徹白まで移動してきたYGさんご夫妻(ご新婚さま!)と、当方と同様名古屋をお昼近くなってから出て到着したばかりのMM/MDさんご夫妻とスキー場駐車場でランデブー(当方は単独行動でして----^^;)。イブニングを楽しむことが最大の目的でしたので、日が傾くまでは思い思いの場所(ポイント)で----シーズンも残り僅か故なのか、多くの先行者が叩いた後をチマチマと竿抜けポイントを模索しつつの釣り上がり----その時を待ちます。

e0057274_17412581.jpg
■その時(イブニングタイム)を丸顔フラットで過ごそうと参加メンバー全員で移動。遥々関西方面からお越しになったこのカタも加わっての大所帯となりました。

e0057274_17414427.jpg
■一週間前とは違ってフタバコ(系)の大量ハッチはなく、シビアなイブニングタイムではありましたが、そこは石徹白----MDさんからの叱責(彼は男らしくビッグフライ・ビッグフィッシュを信条としております故)を覚悟して----#16、#18の(ボディをセミトラVフィルムで巻いた)シンプルな“Xカディス(もどき)”を流せば、こんなアマゴもご挨拶してくれたりします。

残り少ないシーズンを惜しむように「初秋の石徹白」を満喫し、二組のご夫婦のお邪魔虫(自虐的に過ぎますか?笑)として、遅めの夕食を王将でとり、またしても四方山話に花を咲かせた楽しくも少々モノ悲しい一日は暮れていきました。




諸般の事情からエントリーが滞り、(心配していただいた?)各方面から直電、メール等で連絡をいただく程に間を空けてしまい恐縮至極にございます。特に今月に入ってから右手(右腕)に違和感を感じるようになり、仕事とフライフィッシング以外(笑)では右手を休養させておりましたので(つまりマウス操作も控えていた----と)、このようにエントリーの間隔が空いてしまった次第です。休養が功を奏したのか、今は違和感も消えておりますので、今週末はシーズン最後の“石徹白詣で”も滞りなく行えそうな気配です。いろいろとご心配をおかけして恐縮ですが、10月からの“美濃フィッシングエリア詣で”と共にエントリーするつもりですので、これからもご訪問のホド、お待ちしております。
[PR]
# by godzilla2004 | 2008-09-25 17:42 | ■フライフィッシング
★Nostalgic Creek
e0057274_16414131.jpg
★その石段を上り切ると小さなお社がある。小学生の頃は石段の途中の木にとまった蝉を捕まえることに夢中になり──息を切らせることもなく──知らぬ間にそのお社まで辿り着いたものだったが、数十年後の私には相当ハードな上りとなった。お社を目指して一歩一歩踏みしめて行く石段の左側には小さな流れがあり、そこは中学生の頃に初めてアマゴなる渓魚を…短い渓流釣り用の竿で釣った流れでもあった。息を弾ませ、吹き出す汗を拭いながら小さな本殿に一礼し、上って来た方向から(お社を挟んだ)反対側に続く杣道を更に30分程歩くと、石段の始まる地点からは想像もできないほど水の量が増え、夏草に覆われて流れそのものは確認できないけれど、流水が岩に当たって響く水音が蝉の鳴き声に勝り、迫ってくる。

★ネオプレーンのソックスにウェーディングシューズを履き、フライボックス一つと最少限のタックルだけをシャツの(両側の)胸ポケットに入れただけの軽装──ちょっとした“トレッキングごっこ”──で訪れた懐かしい谿は数十年前とまったく変わらない水音で迎えてくれた。

e0057274_16422394.jpg
★お目当てはこのポイント──山の中腹に広がる(棚)田に水を引くために途中枝分かれしているこの渓は、ある地点を過ぎた上流から──釣りが、(余り快適ではないにしても)フライフィッシングが楽しめる流れに変貌する。(とうの昔に過疎化の波が押し寄せた後ではあるがそれなりに)人家が点在する神社の入り口(鳥居のある)アタリでは想像もできない程に…。中学の頃、その村に住む親戚(本家とも言う)のおにいさんが、短い竿、オモリも付けない短い仕掛けの先に付いた鉤に生きたジョロウグモを付けて釣り上げてくれたアマゴ(の美しさに)息を飲んだことが今更ながらに思い出される。この谿は炭焼きのヒト達、木こりのヒト達が随分昔に放流したアマゴがひっそりと流れに潜んでいる流れでもあった。

e0057274_16431825.jpg
★遠い昔の記憶そのままの(キレイな)アマゴは何十年もの間変わらぬ血筋を受け継ぎ、然程大きいとは言えないポイントから(運が良いと──つまりストーキングに失敗しなければ)次々とおおらかにフライに飛び出してくれた。使用したフライは、遠い昔“ふっとばし”でアマゴを釣ってくれた親戚のおにいさんに敬意を表して“私製スパイダー”(笑)。フッキング性能は最悪だったが、それなりに楽しませてくれた。故に(ランディングネットは持って行かなかったけれど)ネットインに成功したのはフライに出てくれた数の2割程度。

★この谿に潜むアマゴは大きくても7寸止まり。それ以上のサイズのアマゴを釣ったことはないし──何しろこの谿を訪れたのは20年以上も前のこと──相当上流まで釣り上がったその頃も(この日も)イワナを釣ったことはない。鮎釣りで賑わう本流筋には大量の鮎が放流されている筈だが、こんな“忘れ去られた”ような谿にアマゴの(成魚)放流をしているとは寡聞にして知る由もないが、アマゴの姿を見れば、この谿で生まれ育ったことは間違いないトコロ(だろう)。──それがどうしたって問われれば返す言葉もないけれど、その流れで生まれ育った渓魚を狙うコトは私にとっての(フライフィッシングに求める)付加価値の一つであることも事実──というわけで、数尾のアマゴをデジカメで撮影、帰路に再び通り抜けさせてもらった神社ではしっかりと(二礼、二拍手、一礼で)参拝し、数時間の“トレッキングごっこ”と“ボサを掻き分けつつ…のフライフィッシング”で、少々ガタの来た膝を庇いつつ、小さな流れの中を縦横に泳ぎ回ったアマゴの小気味良いファイトを反芻しながら石段を下りていく私を囲む虫の音は、もの悲しく夕暮れを告げる“ヒグラシ”に代わっていた。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++


※先週までの“お盆休み”はどこにも出掛けない三日間を過ごしておりました(出掛けた先は書店とコンビニくらい…)。オリンピック観戦と読書…そして最小限のプアーな食事だけでダラダラと過ごした三日間、ソファーに寝転んでテレビを見ているうちにいつの間にか眠ってしまったことも度々。今回の釣行記はその時に見た“夢”を思い出して(都合良く)脚色しているだけかも知れません。が、怠惰な休日ばかりでは…と出掛けた(両親の)故郷、父親の運転する車で連れて行ってもらっていたあの日々…見聞すること全てを新鮮に感じ、遊んでいた頃に(一時的にせよ)戻って純粋且つ無心にフライフィッシングを楽しみたくなったことも事実です。故にいつもの文体も(余り好きではない私小説風に)変え、カテゴリーも“フィクション”とさせていただきました。




e0057274_2136521.jpg
▲丁度三年前の8月に拙ブログを始めました。最近はエントリーする頻度が激減し、何かとご心配をかけてしまっているコトも否定できませんが、本人は至って元気で毎日を過ごしておりますので──メール、直電等で当方の近況なぞ問い合わせくださった全国に散らばる数名の拙ブログ・ファン(?)の皆様──ご安心ください。なんて余談はさておき、丸三年──453回目のエントリーまで続けてくることが出来たのは、ひとえに拙ブログをご覧頂いている皆様のお陰と感謝しております。これからも釣行記主体で拙ブログは継続していくつもり故、(エントリー頻度に関して以前のような勢いは取り戻せないにしても)ご愛顧の程、宜しくお願いする次第です。
[PR]
# by godzilla2004 | 2008-08-25 16:55 | ★イベント/フィクション
■夏の石徹白プラス…
※石徹白キャッチ&リリース区間へ向う桧峠を登り切ったトコロの出店で、今シーズン初めて石徹白とうもろこし(あまえんぼう)を食べ、図らずも「夏の石徹白」を実感したMM/MDさんと当方、スキー場前駐車場に車を停め石徹白キャッチ&リリース区間の様子を見ます。少々渇水気味の流れの中に元気良く泳ぐ多くのイワナ、アマゴを見付け、直ぐにロッドを振ることになってしまいます。

e0057274_912337.jpg■ですが、この日の目的地(渓)は、石徹白の谿。駐車場前プールで渓魚を弄んだのか、弄ばれたかは別にして、1時間程度でそこでの釣りを切り上げて石徹白の支流(谿)に向かいます。抜群の渓相にほくそ笑みながら堰堤を越えますが、渓魚からの反応は最少限。フッキングすすらママならない状況に不安がよぎり始めた頃、目前に現れたのは「滝」…滝を越える(巻く)ことが出来そうな斜面は見付けましたが、ここで無理をしても…なんて弱気になったのか、Uターンすることになりました。写真はMDさん(左)とMMさん。

☆余談ですが、石徹白とうもろこし(あまえんぼう)は、冒頭に記した通り桧峠を上り切ったトコロ(満天の湯への入口)の出店(?)でも買えますし(醤油を付けて焼いたとうもろこしも…)、石徹白地区内を走れば、各農家の軒先には[とうもろこし有り〼]なんてノボリが出ていますので、お好きなトコロでご購入ください…と前回予告した石徹白とうもろこしの詳細情報でした…。

e0057274_9134857.jpg
▲無理をせず、キャッチ&リリース区間に戻る気になったのは、こんな(秋色に染まった?)アマゴの活性が高かったがタメ。流れの中にはイワナの姿も見付けることができましたが、少々高めの水温の影響か、フライに対して積極的行動に出てくれるのはアマゴが多かった日でもありました。

e0057274_915596.jpg
▲これは“中空エクステンデッド・ボディ”が特徴の“ブナ虫(要するに毛虫)”を模したフライです(このフライは中空ボディ効果でキャストし続けていてもまず沈むことはありません)。普通に浮かせてドリフトさせてもアタックはしてくれますが、この日の渓ではフッキングに至らないことが多く、最後はショットをかませて強制的に沈め、ようやくフッキングに持ち込めました。何度も噛まれたタメ?ハックルを止めていたスレッドが切れたようで、ハックルの一部が立ってしまっております。が、こうなった後も(浮かせても沈めても)効き続けてくれました^^;)。

e0057274_916059.jpg
▲キャッチ&リリース区間最下流部から釣り上がってきたMDさん。そしてそれを眺めるMMさん(橋の上)。

e0057274_9113341.jpg
▲対岸際の流れの中には下流のダムからさしてきたと思われる色白のアマゴ(推定体長9寸)が数尾悠々と泳いでおり、時間を忘れて狙いますが、まったく歯が立ちませんでした(笑)。釣り上がることができたのは、サイズが小さくなったアマゴばかり…。

e0057274_9143740.jpg


■この日は、今シーズン良い釣りをさせてくれたとある渓で(締めくくりとして)イブニングタイムを過ごすことになっており、随分と早い時間に石徹白を後にしてその渓へ向います。…石徹白のイブニング、昼間の状態から類推する限り何かが起りそうではありましたが、諸般の事情(後述)から当初より渓を変えることに決定済みでしたので…。

e0057274_917333.jpg
▲その渓でイブニング・ライズを待つ間、色付いた空を撮影(写真右下に同じように空を撮影するMM/MDさんが確認できます…かな?)。キレイな夕焼けでございました。

※今シーズン良い思いばかりを体験させてくれたその渓は8月になるとアブ(オロロ)の出現が予想されるトコロでもあります。この日のイブニング、フタバコのハッチが散見できる程度でフラットなプールでライズリングが雨が降るごとく発生…とは行かず、流れの中から数尾のイワナ、アマゴを引きずり出しただけに留まりました(全部をネットインできたわけではありません*笑)。で、予想通りアブにはしっかりと付きまとわれ、防虫剤の効力が水に濡れることで落ちてしまう左手の薬指と小指が刺され(噛まれ)てしまいました。直ぐに処置をしましたし…腫れる体質ではありませんので大事には至りませんが、アブの脅威を我慢してまで釣りに出向くことはできません^^;)。少なくとも9月中旬まではこの渓を訪れることはない…でしょう。ということで、今までお世話になったこの渓にココロの中で御礼申し上げ、車内に入り込んできたアブを退治しながら帰路についた次第です。
[PR]
# by godzilla2004 | 2008-08-03 09:18 | ■フライフィッシング



シロートの悦楽的釣り修業を綴る…イチから見直し“諸行無常”的毛鉤釣
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
お勧めHP&ブログ
最新のトラックバック
峠川への初詣 〜4月20..
from 釣り三昧・猫三昧
think about …
from taro's magazin..
ニンフにトライ!・・・ゴ..
from スマイル Days
自戒
from taro's magazin..
古い友人との再会
from 芦毛牝馬の馬耳東風
FF誌に載ってます
from 「別誂石徹白セット」イトシロ..
秋の峠川へ 〜9月22日..
from 釣り三昧・猫三昧
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
Day of curry
from terry's FlyFis..
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧