■シーズン最後の悪あがき
e0057274_16364686.jpg

■9月30日のシーズン終了直前の3連休。どこの有名河川も多くの釣り人で賑わうのは自明の理。覚悟しながらも、“まぁ、何とかなる”などど甘い考えで九頭竜川支流に向かいました。有名なC&Rの川には向かわず、もう少し下流に流れ込む支流を目指し午前7時前に到着しましたが、車の多いこと。福井、滋賀、京都ナンバーの車が駐車可能な場所には全て停まっている状態でした。加えて、ポイントを探してうろうろしている数台の車、さすが連休です。

何とか車を停める場所を見つけ、近くの橋の上から上流を眺め、釣り人の居ないことを確認し準備します。おそらく朝一番に誰かが釣った後になるのでしょうが、贅沢は言っていられません。真新しい足跡を見つけウツになりますが、ま、仕方ないでしょう。
結果から言えば、それから3時間近く釣り上がったのですが、魚影ひとつ見ることはできませんでした。

↑の写真のフライパッチはその時の“悪あがき”の痕です。浮かせたり、沈めたりと苦労の跡がしのばれます(笑)。

■ふと下流を見ると餌釣り師がいます。その人のところまで移動し、調子を聞いてみましたが、私と同様まったくダメだとのこと。しばらく雑談し、その人に上流を譲り場所を変えることにしました。

車に乗り、少し考えます。
餌釣り師が多いようなので、彼らが狙わないようなポイントを探さなければダメなことは明らかですから、ザラ瀬を探すことにします。移動すること数キロ下流。ようやく見つけた流れは水深30センチ位で、適度に波打って流れていて、まず餌釣り師なら敬遠しそうなポイントです。充分に渓魚が身を隠せる大きさの底石もナイスです。

e0057274_17124877.jpg岩魚が潜んでいそうな感じはなかったのですが、なるべく離れた場所から、波と波の間の淀みを丁寧に流していると出ました。どこからか現れた魚影にハッとする間もなくフライのあるあたりで反転、ロッドを軽く立てると気持ち良くロッドが曲がります。慌ててラインを手繰り寄せネットに入れれば20センチちょっとの岩魚でした。半ば「ボ」を覚悟していただけにとても嬉しい一尾でした。

それから、さらに同サイズの岩魚を釣り上げましたが、3回バラシました。やはりこの時期は、食いが浅いのでしょうか。腕の問題も大きいのかも知れませんが(汗)。

■その川でイブニングまで粘るか悩みましたが、1時間ほど眠ってから長良川支流に向かうことにしました(人里離れた所なのでちょっと不安だしね)。午後4時30分に到着。そこでも多くの餌釣り師達がいましたが、ラッキーなことにお気に入りのポイントはあいていました。真っ暗になるまで粘り、アマゴを1尾ゲット、バラシ2回という結果。バラシが多かったのは気になりますが、私なりに工夫して3尾の渓魚を釣り上げることができたのはまぁまぁの結果だと思い、満足できた釣行となりました。
[PR]
by godzilla2004 | 2005-09-24 13:30 | ■フライフィッシング
<< ★PC、逝っちゃいました ★イブニングを待つ合間 >>



シロートの悦楽的釣り修業を綴る…イチから見直し“諸行無常”的毛鉤釣
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
お勧めHP&ブログ
最新のトラックバック
峠川への初詣 〜4月20..
from 釣り三昧・猫三昧
think about …
from taro's magazin..
ニンフにトライ!・・・ゴ..
from スマイル Days
自戒
from taro's magazin..
古い友人との再会
from 芦毛牝馬の馬耳東風
FF誌に載ってます
from 「別誂石徹白セット」イトシロ..
秋の峠川へ 〜9月22日..
from 釣り三昧・猫三昧
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
Day of curry
from terry's FlyFis..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧