■禁漁初日!の美濃フィッシングエリア(2)
e0057274_1961962.jpg

■車に戻り一息ついてると管理棟側から人が小走りに近付いてきます。standyさんでした。ブログ等の写真で抱いていたイメージより長身でスマートです(失礼!)。
初対面の挨拶もそこそこに即行で釣り談義スタート。そのうち、standyさんの友人Kさんも参加。ホントに楽しい人たちで、釣り談義は尽きることがありませんが、話してばかりでは釣りができません。お二人の釣り準備完了を待って、管理棟より上流側にはいります。

途中までstandyさんの釣りを見せてもらいました。ゆったりとしたロッドワークから正確にプレゼンテーションされるフライ、見ていても楽しいもんです。釣り上がりのスピードも、速過ぎず、粘り過ぎず、見習いたいところです。(私は“悪あがき”を得意としていますので(^^ゞ。)お二人に距離を開けられつつ(悪あがきしつつ)釣り上っていき、“沈めるフライ”とドライフライで1尾ずつなんとか釣り上げました。エリア最上流部のプールでお二人と合流、その後駐車場まで戻り、ランチタイムとします。

■釣り足りないのでと、Kさんは最下流まで行き、残ったstandyさんと私はまたまた釣り談義。1時間ほど経って「全然ダメェ~。」と戻ってきたKさんと美濃FA管理人Bさんを交えて、ランチ&食後の釣り談義。釣りに来たのか、しゃべりに来たのかわからない状態に。あそこの川はどうだったとか、あのプロショップのあんなトコがイイ!とか、他の人からみたら他愛もない話題でしょうが、文字通り尽きることはありません。当方は気分最高!ですから、それで良いわけです。

結局、3時過ぎから釣りを再開しましたが、ぜ~んぜんダメ。ミッジも試しましたが無反応。とても小さな魚が一度だけフライをくわえにきましたが合わせる気が当方にありません。5時くらいに場所を変えようと駐車場に戻ると、お二人は既にウェーダーを脱ぎリラックスモード。イブニングやらなくていいのぉ?と思いましたが、これがお二人のスタイルなんでしょう。だとすれば、私もそのスタイル、マネさせていただきたい方であります(笑)。急いでウェーダーを脱ぎ、参加しました。

■そのまま、真っ暗になるまで話に再度花が咲き、美濃インター近くのお好み焼き屋さんでの食事終了時まで続いた“フライフィッシング談義”。渇水の辛い状況の中、全員がアマゴの顔を見ることができたことも嬉しいことだったわけですが、それ以上に旧知の間柄よろしくリラックスモードで話せたことが何より嬉しいことでした。いやぁ、釣りってホントにイイですよねぇ。
[PR]
by godzilla2004 | 2005-10-02 19:31 | ■フライフィッシング
<< ■恥ずかしいフライ…… ■禁漁初日!の美濃フィッシング... >>



シロートの悦楽的釣り修業を綴る…イチから見直し“諸行無常”的毛鉤釣
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
お勧めHP&ブログ
最新のトラックバック
峠川への初詣 〜4月20..
from 釣り三昧・猫三昧
think about …
from taro's magazin..
ニンフにトライ!・・・ゴ..
from スマイル Days
自戒
from taro's magazin..
古い友人との再会
from 芦毛牝馬の馬耳東風
FF誌に載ってます
from 「別誂石徹白セット」イトシロ..
秋の峠川へ 〜9月22日..
from 釣り三昧・猫三昧
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
Day of curry
from terry's FlyFis..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧