■最も恥ずかしいフライ
e0057274_1838158.jpg■これはドライフライに反応してくれない解禁当初に活躍する“沈めるフライ”です。視認性を追い求めた結果ストライプのボディになり、耐久性を求めてヘアーライン社製ウルトラ・シェニール(マイクロ)を縒ったテールになり、沈下するときのあやしい動きを求めてアイにボールチェーンを利用した、私の巻いた中で“最も恥ずかしいフライ”です。ワーム(要するにミミズね)フライは、色さえ合っていれば、サカナの反応はとても良好なのですが、フッキングに至らないことが多いようです。冬季の美濃フィッシングエリアでテストを重ね、プロトタイプ?から数えて5代目にあたるこのフライを“ケムンパス5号”と呼んで可愛がっています(笑)。効果があるのかどうか疑わしいアイの後ろに巻いたヘンハックルは、よりケムンパスらしく見せるためかもしれません。エヘヘヘ。


e0057274_1923821.jpg■私、ドライフライでの釣りが一番エキサイティングだと思っているフツーのフライフィッシャーマンなんですけど、ニンフ(沈めるフライ)での釣りにもドライ(浮かせるフライ)とは違った面白さがあると思ってマス。たまにはこんなフライを巻いてみるのも面白いと思いませんか?
[PR]
by godzilla2004 | 2005-10-11 19:14 | ■フライフィッシング
<< ■美濃FAで出直しました ■土砂降り!でも楽しい釣り >>



シロートの悦楽的釣り修業を綴る…イチから見直し“諸行無常”的毛鉤釣
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
お勧めHP&ブログ
最新のトラックバック
峠川への初詣 〜4月20..
from 釣り三昧・猫三昧
think about …
from taro's magazin..
ニンフにトライ!・・・ゴ..
from スマイル Days
自戒
from taro's magazin..
古い友人との再会
from 芦毛牝馬の馬耳東風
FF誌に載ってます
from 「別誂石徹白セット」イトシロ..
秋の峠川へ 〜9月22日..
from 釣り三昧・猫三昧
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
Day of curry
from terry's FlyFis..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧