★2003年雨中の旅(一泊二日)
e0057274_17183910.jpg
★丁度2年前の11月2日から一泊二日、会社関係の小旅行で奥飛騨へ紅葉を観に行きました。生憎の雨模様、それも本降りが続きましたが、見ごろになっていた紅葉が雨に濡れ、瑞々しくも美しい色合いを堪能させていただきました。釣りのときの定宿にしているペンションで飛騨牛の炭焼きも堪能し、せせらぎ街道、高山、北陸道と道すがらの季節感も満喫できました。写真は雨にけむる双六渓谷です。朽ちた吊り橋が侘しくて、この後の飛騨牛炭焼きへの渇望をいや増します。

e0057274_1731210.jpg★ここは20ン年前に私の兄の大学の先輩が旦那様のご夫婦が始められ、高原川も蒲田川も知らなかった私を、その魔力に引きずり込むキッカケとなったペンションです。
→この写真は、日本画家である旦那様のアトリエのログハウスです。旦那様とご友人二人だけで建てられました。

★このペンション、炭火を熾す関係上、夕食の時間が午後6時半と決まっていて、5月~8月のイブニングを狙いたい釣り人にはまったく向きません。それでも、私が長年通い続けているのは、とっても美味しい食事と古くて大きな農家(民家)を改造した建物に魅力を感じるからでしょう。勿論天然温泉で釣りに疲れた体が癒されることもあります。

e0057274_1883336.jpg※写真は今年夏の釣行で、癒され過ぎてしまったMさん。

満天の星を眺めながら露天風呂の温泉に浸かって、その日の疲れを取り、そしてぐっすり眠ることができる。ちょっと不眠症気味の私には最高の贅沢です。翌朝は夜明け前に起きて、蒲田川のあそこを攻めるつもり…でも、決まって寝過ごしてしまう贅沢も楽しい奥飛騨の宿です。
[PR]
by godzilla2004 | 2005-11-02 18:20 | ★イベント/フィクション
<< ★環境整備の道、険し… ■秋深し、ドライは何を使うべさ… >>



シロートの悦楽的釣り修業を綴る…イチから見直し“諸行無常”的毛鉤釣
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
お勧めHP&ブログ
最新のトラックバック
峠川への初詣 〜4月20..
from 釣り三昧・猫三昧
think about …
from taro's magazin..
ニンフにトライ!・・・ゴ..
from スマイル Days
自戒
from taro's magazin..
古い友人との再会
from 芦毛牝馬の馬耳東風
FF誌に載ってます
from 「別誂石徹白セット」イトシロ..
秋の峠川へ 〜9月22日..
from 釣り三昧・猫三昧
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
Day of curry
from terry's FlyFis..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧