★最後の忘年会
e0057274_10155970.jpg
★前日までの混雑が嘘のように落ち着いた繁華街の夕刻。。「居酒屋以上、料亭未満」と私が勝手に位置付けている「日本海庄や」最後の忘年会でFF関係の方々(紅一点はpaletoneさん)と会食。後ろのポスターにある「活たい」、その月が誕生月の人がいるとお店からプレゼントされますので、それを狙ってここを選択。私12月生まれですから。


e0057274_10221166.jpg←このXマスツリーはもう撤去され、本日からはお正月モード、いよいよですねぇ2006年。

★この会食では、勿論フライフィッシングが話題の中心だったんですが、いつの間にか「カッコ良いフライフィッシング」とは何かに焦点が絞られ、各々が描いている「カッコ良さ」を語ることに。カッコ悪いこと、ヒトを云々ではなく、カッコ良いこと、ヒトを語ることに終始したわけですが、前向きなヒト達の話題は心地よい余韻が残り、来シーズンがいよいよ楽しみになりました。

来シーズンと言えば、この地方のフライフィッシングは「シラメ釣り」から始まるわけですが、私がFFに夢中になっていた25年程前、シラメを狙って長良川を訪れたのは禁漁後(つまり10月、11月)だったような記憶があり、昨日、某FFショップの店長Sさん華麗なスペイキャストで著名なOさん双方に確かめてみると、まさに記憶は正解(確かめないと確認できないあやふやなものではありますが)。昔、「シラメ」は「オイカワ」、「ニジマス」の類として魚協が認識?しており(ニジマス、オイカワなどは一年中釣ることが許可されています)、フライフィッシャー自体も「川原で派手な色の太いラインを振り回しているモノ好きで、魚が釣れるわけがない」程度にしか認識されて居なかったのか、ライセンスの確認に誰かが来た経験もありませんでした。今から思うと変な感じです。Sさんは長良川のシラメ釣りを広めた張本人の一人(と私は認識しています)で、私は彼に教えてもらってシラメ釣りに通いました。

フライフィッシングを再開して「現在のシラメ釣り」を知り、昔はそんなに寒い中でシラメ釣りをしていた記憶がなかったので、確かめて納得!しました。いろんなこと変わってしまってますからね、仕方ありません。「昔は良かった」なんて詰まらないノスタルジー懐かしんでいる年齢でもありませんし。今年以上に熱中して、来シーズンは「今のフライフィッシング」を楽しもうと再確認した夜でした。
[PR]
by godzilla2004 | 2005-12-27 10:15 | ★イベント/フィクション
<< ■“Looks” does m... ■決断できずにいます >>



シロートの悦楽的釣り修業を綴る…イチから見直し“諸行無常”的毛鉤釣
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
お勧めHP&ブログ
最新のトラックバック
峠川への初詣 〜4月20..
from 釣り三昧・猫三昧
think about …
from taro's magazin..
ニンフにトライ!・・・ゴ..
from スマイル Days
自戒
from taro's magazin..
古い友人との再会
from 芦毛牝馬の馬耳東風
FF誌に載ってます
from 「別誂石徹白セット」イトシロ..
秋の峠川へ 〜9月22日..
from 釣り三昧・猫三昧
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
Day of curry
from terry's FlyFis..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧