★本棚を整理していたら…
e0057274_18363535.jpg★年の瀬らしく街への人出も落ち着いた今日、ほんの少しだけ整理しようと本棚をガサゴソしていたら、こんな本が出てきました。北川広二氏著「秘酒と渓流魚(さかな)を求めて」という題名のエッセイと言うか旅日記というかそんな内容の本で、「地酒、渓、渓流魚への想いを胸に釣りの旅」というサブタイトルが付いています。

私が、この類の本を買うことはとても珍しいことです。好きな本と言えば“物語”であり、基本的にエッセイとか随筆とかには余り興味が湧かないタイプです。どうして買ったのかと記憶を辿ってみると、仕事を変えた時期だったことに思い当たります。生活に追われ、勿論フライフィッシングは中断、釣りと言えば所謂「アームチェア・フィッシャーマン」として、数々の釣り体験本を読むことで疑似体験し自らを慰めていた頃でした。ただフライフィッシング関係の本は読めませんでした(微妙な男心でしょ(笑))。

★余りお酒は飲まない、飲めないほうなんですが、日本酒だけは好きで、お気に入りの肴と組合わせてホンの少量だけチビチビと飲むことがお正月の楽しみだったりします。渓流魚って日本酒に合いますからねぇ。内容を少し読み返してみましたが、各地を釣り歩き、そこで出合った渓流魚と日本酒(地酒)を楽しむ話に引き込まれてしまいました。

★フライフィッシングで訪れる場所には、地酒以外にも数々の名物(美味しいもの)があるわけですから、この本のように、訪れた場所で釣り以外でも楽しまなきゃダメなんだなと思った次第です。フライフィッシングを再開した今、若い頃のように他の楽しみを忘れ、がむしゃらに釣りするばかりではなく、訪れた土地の全てを楽しむ余裕が必要なのでしょう。フライフィッシングを楽しむことはそういうことで、余裕を持たなきゃあきませんね。

e0057274_19113935.jpg
※この写真のようなのは勘弁して欲しいと思うのは私だけではないでしょうけどね(汗)。
釣った後、食べることをトヤカク言うつもりはありませんが、写真を撮るなら生きている一番キレイな時に撮ってあげてください。巨○オネーチャンのヌード写真だって、死体だと嫌だと思うんだけどなぁ…。

★という訳で、今からラシックの干物と日本酒のお店に行ってきます。アハハハ。
[PR]
by godzilla2004 | 2005-12-29 19:03 | ★イベント/フィクション
<< ★堪りませんなぁ ■“Looks” does m... >>



シロートの悦楽的釣り修業を綴る…イチから見直し“諸行無常”的毛鉤釣
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
お勧めHP&ブログ
最新のトラックバック
峠川への初詣 〜4月20..
from 釣り三昧・猫三昧
think about …
from taro's magazin..
ニンフにトライ!・・・ゴ..
from スマイル Days
自戒
from taro's magazin..
古い友人との再会
from 芦毛牝馬の馬耳東風
FF誌に載ってます
from 「別誂石徹白セット」イトシロ..
秋の峠川へ 〜9月22日..
from 釣り三昧・猫三昧
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
Day of curry
from terry's FlyFis..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧