■雪中行軍、再び
■9日(祝日)は、いつもお世話になっているタックルショップ店主Kさんと、ショップ常連さんのBabieさん、ドイザラスさん、総勢4名で美濃フィッシングエリアに行ってきました。12月30日の雪中行軍以来、今年初めての美濃フィッシングエリア。あの日、ストリームエリアで惨敗し、ポンドではRollyさんの爆釣(!)を見せ付けられ、否、ミッジピューパの釣りを教えてもらい、その成果を試したくての釣行となりました。#24~#16のTMC2487BLを使ったピューパパターンを各5本ずつ用意(勿論、一部はハズカシイ色のアブドメンに変えてあります)、店主Kさんの車に乗せていただき美濃FAを目指します。

e0057274_10434433.jpg途中、高速道路から見える木曾川の北方管理釣り場は多くの釣り人で賑わっているようでした。長良川でも月見管理釣り場はルアーの釣り人で賑わっていました。店主Kさんの運転で、助手席からまったりと景色を眺めながらの釣行も良いものです。Kさん、お世話になりました。

(←Kさんの虹鱒をランディングの図)

9時30分ごろに到着し、まずはポンドへの橋の上流側のプールでアマゴにご挨拶しようとストリームに降ります。アマゴ達、流れの緩いところに数尾確認できますが、水面に薄く氷が張っていてニンフ投げても意味ありません(笑)。

e0057274_11154482.jpgで、ポンドへ行くことに。既に3、4人の方が釣っていました。適当に散らばり、釣り始めます。私とKさんは山側に立ち、流れの筋に定位するトラウトを狙います。最初はショットをつけずにフライの重さだけで沈めてみますが、興味は示すものの、やはり見切ります。そこで小さめのショットを#18ピューパの上、20cmほどの位置に取り付けキャスト。
    (ドライフライで釣ったBabieさん→)

e0057274_11281418.jpg沈下速度に刺激されるのか、今度は次々とマス達がフライに近づいてきます。
そのうち1尾のマスの口が開き、白い口の中が見えた…のでロッドを立てると鈍い抵抗が。澄んだ水だからこそのサイトフィッシング、堪りません。私とKさんは沈めるミッジピューパの釣りができ、満足しての午前の部終了です。
(←熱心なFFビギナー、ドイザラスさん)

ドライフライにこだわるBabieさんはドライフライで虹鱒をゲットし、満足のご様子。私はドイザラスさんにサイトフィッシングを指導させていただきました。前日、ショップでお会いしたときに巻き方を伝え、その場で購入したマテリアルで巻いたミッジピューパ。そのフライで虹鱒をゲット、生まれて初めて自分の巻いたフライでマスを釣上げたことに喜びを隠せないドイザラスさんでした。

残雪が多く、とても寒そうですが日差しは強く、無風。日向にいる限りそれほどの寒さは感じませんでした。駐車場の丸太ベンチをテーブル代わりに、お湯を沸かしてのカップヌードル&コンビニお握りのランチを美味しくいただきながら協議した結果、午後からはストリームを攻めることになりました。

■先日の私とK田さんの足跡が残る流れに沿った雪道を歩き、エリア最大の落込みポイントに入ります。Babieさんと、ドイザラスさんには、ハズカシイフライを使ったルースニングで攻めてもらい、Kさんはドライフライで独自路線です。Kさんのドライフライは、ドライならここしかない!というポイントで功を奏し、良形アマゴが出てくれたのですが、痛恨の合わせ切れ。う~むぅ、惜しかったぁ。ドイザラスさんは、それより上流の水深のあるポイントで、シャンパンピンクのプチたこちゃんにインジケーターがスーッと沈んでいくアタリがあったのですが、合わせが少し早かったようで、フッキングに至りませんでした。Babieさんはドライフライの釣りとは勝手の違うニンフの釣りに苦労されているようでした。この時期の低活性のときの攻め方には難しいものがありますからねぇ。

e0057274_1341203.jpg(まだまだ凄い雪が残っているストリーム)

■4時近くなって駐車場直下のプールに到達し、そこでミッジを投げてみますが、案の定無反応。ラストチャンスに私とKさんは、ダメ元で、少し上流のポイントへ移動します。Babieさんとドイザラスさんは朝薄氷の張っていたポイントへ。昨年末同様、雪中行軍してポイントに到着、流れの向うにある水深のあるポイントを狙います。このポイントで釣れなければ、他の釣れそうなポイントに移動する時間的(&体力的)余裕はありません。まさに最後の賭けです。先程のミッジで使っていた10Xフロロカーボン・ティペットにオレンジ色のエッグ・ヤーンで巻いた、プチたこちゃんを結び、深く沈むように大き目のショットを付けます。何度目かの時、インジケーター周りに小さなさざ波が出てから直ぐ上流方向に沈んでいきます。一呼吸置いてロッドを上げると弾けるアマゴの抵抗。10Xティペットを忘れ、少し強引に引っ張りネットイン。

e0057274_16112166.jpgこの時期の1尾はホントに嬉しいものです。残り時間も少なくなっていることから、雪の上に横たえたままで撮影しちゃいました。直ぐにリリースしましたが、流れの中で撮影できなくてゴメンナサイ。ネットがいつものと違っているのは、自分の車に置いてあることを忘れており、出掛けに気付き、以前のものを急遽ベストに取り付けたタメでございます。

その場所で、Kさんは再チャレンジしましたが、これまた痛恨の合わせ切れ。ティペットのどこかに傷がついていたのかも知れません。う~むぅ、残念ダス。暫くそのポイント周りでキャストしてみましたが、アマゴが居たのはそこだけのようでした。5時になり、再び雪中行軍で駐車場に戻りました。

※美濃FAのストリームで、そこそこアマゴの反応が引き出せたこの日は、全員が大満足の釣りとはいかないまでも、新しい発見とか挑戦すべき課題が散見でしたような気がします。私としては、アマゴ1尾でも釣ることができると雪中行軍が苦にならないことを発見した実りの多い釣行となりました(笑)。
[PR]
by godzilla2004 | 2006-01-10 12:31 | ■フライフィッシング
<< ★隠し砦の三悪人、FFを語る ■Kemungpas are ... >>



シロートの悦楽的釣り修業を綴る…イチから見直し“諸行無常”的毛鉤釣
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
お勧めHP&ブログ
最新のトラックバック
峠川への初詣 〜4月20..
from 釣り三昧・猫三昧
think about …
from taro's magazin..
ニンフにトライ!・・・ゴ..
from スマイル Days
自戒
from taro's magazin..
古い友人との再会
from 芦毛牝馬の馬耳東風
FF誌に載ってます
from 「別誂石徹白セット」イトシロ..
秋の峠川へ 〜9月22日..
from 釣り三昧・猫三昧
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
Day of curry
from terry's FlyFis..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧