■悪い癖は直しましょ。
e0057274_11215158.jpg■土曜日の荒れた天候が嘘のように晴れ渡った日曜日、矢田川河川敷にある大森橋緑地に行ってきました。ワチェットの"ロッド試用会2006"でした。

携帯での撮影です…。
(オレンジのパーカーは、ワチェット店主Sさん、水色のフリースジャケットはO-REXのOさん。)

イロイロなロッドを振ってみたいという気持ちもありましたが、一番の目的は、キャスティングの悪癖を直すキッカケを掴みたいということでした。自分でもわかっているのですが、釣りの現場に立ちフライを結ぶと、矯正しなくてはと思いつつも直ぐに忘れ、釣りに没頭してしまいます。それでも何とかポイントに投げ入れることができるだけに、悪癖の矯正はかえって難しいものです。

■フライフィッシングの三要素、タイイング(フライを巻くこと)、キャスティング(フライを投げること)、フィッシング(実際の釣り)の中で、私自身、一番弱いと思っているのが、キャスティングです。1年以上前、あるショップ店主の方にキャスティングを見てもらう機会があったのですが、「キャスティングに問題はない。」と言われました。自分自身が納得していないのにも関らず、そう言われても釈然としません。

■沢山のロッドの中から、キャスティング練習に良さそうな9フィート、6番を選び、空いた場所で振ってみます。私の悪癖とは、スウィングの軌跡(ロッドティップ)が直線移動しないことで、20ヤードを超えたキャストになってくると悪影響が露骨にラインの乱れとなってしまいます。首をかしげながらもロッドを振っているとワチェット店主Sさんが来てくれました。プチレッスンが始まります。チラッとみただけで彼には私の悪癖がわかってしまうのでしょう。サスガです。
e0057274_123108.jpg
ほんの5分ほどのレッスンでしたが、目からウロコ、納得も納得のアドバイスを得ることができました。私の悪癖とは、キャストの際に肘が身体から離れてしまうこと…でした。

(真ん中は旧友と談笑中のRollyさん

そういうことだったのか!と、他の人から見れば何とも初歩的な問題で、何を今更と思われることでしょうが、ま、私のキャスティングなんてのはその程度です(笑)。


■肘の位置に注意し、他のロッドでもキャストを繰り返していると、スウィングのスピードも少し速すぎたことに気付きました。「ロッドがラインを飛ばしてくれる」こと、肝に銘じないとあきませんね。解禁に向けて、勿論解禁してからも、今まで以上にキャスティングに気をつけることの重要さを再認識できた実り多い日となった次第です。(持っている中で一番高番手の)5番ロッド持ってキャスティング練習するために美濃フィッシングエリアのポンドへ行かなくては。
[PR]
by godzilla2004 | 2006-01-16 12:25 | ■フライフィッシング
<< ●パーソナルコンピュータ活用講座 ■雨中戦争 >>



シロートの悦楽的釣り修業を綴る…イチから見直し“諸行無常”的毛鉤釣
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
お勧めHP&ブログ
最新のトラックバック
峠川への初詣 〜4月20..
from 釣り三昧・猫三昧
think about …
from taro's magazin..
ニンフにトライ!・・・ゴ..
from スマイル Days
自戒
from taro's magazin..
古い友人との再会
from 芦毛牝馬の馬耳東風
FF誌に載ってます
from 「別誂石徹白セット」イトシロ..
秋の峠川へ 〜9月22日..
from 釣り三昧・猫三昧
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
Day of curry
from terry's FlyFis..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧