●カラーボディシートの小技(1)
●先月掲載した「カラーボディシート」を使ってもらっているブログ仲間、知り合いのフライフィッシャーの方々から次々と素晴らしいアイデアが寄せられてきています。ご自身のブログで発表していただいたり、メールでフライの写真を送っていただいたりと、私一人では絶対に思いつかなかったアイデアばかりで嬉しくなってしまいます。何より嬉しかったのは、このシートを使うとタイイングがより楽しくなったとか、シートを眺めているだけでタイイングがしたくなってきたというお言葉の数々。ご協力いただいた皆様、今現在、シートを使ったタイイングに精を出してくださっている皆様、本当に有難うございます。

そんな素晴らしいアイデアの数々は、拙ブログで順次ご紹介させていただく積りですが、今回は私の小技を少々。
e0057274_17131617.jpg●以前の投稿で「エクステンド・ボディ」の作り方を解説しましが、予めテールを巻き込んだ写真を掲載しなかったので載せておきます。
今回の小技は、このテールのことではなく、「エクステンド・ボディ」でも通常の「シャンクに巻いたボディ」でも、リアルな質感を得るために役立つアイデアです。

e0057274_17264075.jpgこのシートをボドキンに巻きつけてから、抜き取るだけで簡単に作れてしまう「エクステンド・ボディ」ですが、表面の質感、何となく虫っぽく感じませんか?(少しコツは必要ですが、)少し緩めに巻いた「エクステンド・ボディ」にドライシェイクを塗しただけで写真のようになります。
ドライシェイクは現場でシャカシャカしますので、現場で行っても勿論OK(スプレーも可)。ただ、ボディを半沈みにしたいとかでCDCだけ部分的にペースト状のフロータントを使うようなフライであれば予めドライシェイクを塗しておくと宜しいかと。水に絡むと怪しく輝いてくれますヨ。

e0057274_17443111.jpg●以前、「エクステンド・ボディ」の作り方を紹介させていただいたので、それ専用のシートだと誤解されているかもしれませんが、この「カラーボディシート」、通常のシャンクに巻きつけるボディマテリアルとして考えました。「エクステンド・ボディ」はあくまでも副産物です。とても有益な副産物だと思っていますけどね。右の(ピンボケ)写真のような、瑞々しい半透明のボディにこだわったあげくの「カラーボディシート」だったわけです。
今のところ検証しようがないメイフライパターンでも、暖かくなって釣果報告が続々と寄せられるようになったら嬉しいなぁと、長良川(揖斐川も)解禁のオメデタイ今日、そんなことを考えていた次第です。
[PR]
by godzilla2004 | 2006-02-01 17:51 | ●セミトラVフィルム
<< ●フローティング・ニンフ、ピューパ ■いよいよ…かぁ。 >>



シロートの悦楽的釣り修業を綴る…イチから見直し“諸行無常”的毛鉤釣
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
お気に入りブログ
お勧めHP&ブログ
最新のトラックバック
峠川への初詣 〜4月20..
from 釣り三昧・猫三昧
think about …
from taro's magazin..
ニンフにトライ!・・・ゴ..
from スマイル Days
自戒
from taro's magazin..
古い友人との再会
from 芦毛牝馬の馬耳東風
FF誌に載ってます
from 「別誂石徹白セット」イトシロ..
秋の峠川へ 〜9月22日..
from 釣り三昧・猫三昧
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
Day of curry
from terry's FlyFis..
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧