■里川スケッチみたいなもの
e0057274_11515672.jpg
※何だか微笑ましくなってしまうバス停。こんな風景・情景を切り取ってこられるのも里川へ行きたくなる理由の一つです。

■春めいた日差しの中、また里川へと出かけました。Rollyさんの車に乗り込み、某所でBILLさんと合流。3人で里川を目指しますが、まずはファミレスで朝食。ブログ・エントリーからterryさんが本日里川に行くこと、それも我々が様子を見ようとしていた渓であることから、(もぐもぐしながら)terryさんへ携帯メールしてみます。すると寝坊したterryさん、丁度出かけようとしていたところだそうです。朝食をとっていたファミレスからterryさん宅まで車で5分とかからない!ので、お迎えに参上することに。話がまとまる時というのはこんなものですね。
e0057274_1240588.jpg
そんなわけで里川に立つterryさんを撮影できました。下の写真はBILLさん。
e0057274_1241495.jpg
■渓に着き、私とBILLさん、Rollyさんとterryさんの組に分かれて釣り始めます。晴れ上がった春の日差しの下、BILLさんにドライフライでの釣り上がりのミニ・レクチャーをして、少し上流の細い流れにフライ(セミトラVフィルムで巻いたクリンクハマー捏造パターン)を流してみます。数投目にフライが消え、軽く合わせて(12、3cm位の)小さいけれどキレイなアマゴを釣りました。即リリースし、フライを交換して、次のサカナの匂いがぷんぷんするポイントにフライを流してみます。狙い通りの筋にフライが乗り、このヘンだよなぁと思った瞬間良形のアマゴ?がフライに出ました。が、決めたつもりの合わせでもフッキングできず、空しく後方でフライが舞うだけの結果に。少し凹みそうになりますが、本日の釣りは始まったばかり。焦る必要はないでしょう。むしろ渓に入って直ぐの好反応に気分は上々です。川原の石に腰掛け、BILLさんのキャスティングを眺めながら、余裕をかませて一休み。午前中の生体反応がそれだけだったこと、その時の私は知る由もありません(笑)。追いついてきたBILLさんにはそこから上流を攻めてもらうことにし、まだ余裕綽々だった私はポツポツと見かけるマエグロを探したり、ヨタヨタと飛ぶクロカワゲラを捕まえたり、春の渓での水生昆虫観察。そのうち、我々に追いついてきたterryさんも合流。terryさんが見付けたマエグロのシャックをBILLさんに講釈したり、釣り談義などして楽しく過ごしました。その頃、途中terryさんと別れて釣っていたRollyさんは良形アマゴを2度も(1度はネットイン直前に)バラしてチンチンに沸騰中だったこと、我々は後で知ることになります。

e0057274_13265448.jpgクールダウンしたRollyさんと合流後、川を変えてランチタイム。チンチンに沸騰したお湯でいれた珈琲を楽しみ、BILLさんには少し刺激が強すぎた?釣り談義、カメラ談義に花を咲かせました。芽吹いて間もないBILLさんのフライフィッシングへの情熱に大輪の花が咲くことを、私、(ランチ後から"納豆男"にHN変えした)Rollyさん、terryさんは願ってやみません(とってつけたような言い回しですか?(笑))。

■午後からの最初は納豆男さんと行動を共にして、抜群の渓相の里川を釣り上がります。途中の廊下状プールの落込みの沈み石間際でライズを発見。久し振りに10ヤード以上のキャストで狙ってみます。釣れたのはカワムツだけでしたが、アマゴに間違いないライズだっただけに相当な時間をそこで費やしました。小さなメイフライも結構ハッチし始めていましたしね。その後、違った川に転戦し、護岸で趣には若干欠けるものの、開けた渓で浅い流れに無数に点在するポイントを丁寧に流してみます。渓に入って直ぐ、アマゴらしきアタックがあり、フライをグラブフック(#18)に巻いたクリンクハマーに交換し、丁寧にフロータントをハックルとハックルポストに擦り込んで再挑戦です。暫く無反応でしたが、小さな落込みの開きでパシャっとフライが消え、とても小さなアマゴを釣ることができました。午前中のアマゴよりは少し大きいとは言え、体長15cmに満たない(一冬をこの渓で過ごした)別嬪アマゴでした。
e0057274_139443.jpg
■このサイズ、普段なら写真撮影はしませんが、本日ゲットした中で最大のアマゴだっただけに素早く撮影。弱らせちゃったかもしれないという私の思いが杞憂だったことを証明してくれるように、元気良く流れに戻っていくアマゴの"思いやり"に応え、深々と一礼してしまいました。釣り上がりしてみたイブニングタイムでは、一回だけ良形がフライに出てくれましたが、それは空振り。3つの違った名前の渓流で楽しく仲間と釣りを楽しみ、帰路に着きました。釣上げることにできたアマゴは少なかったけれど、考え得る最高の雰囲気でフライフィッシングを楽しむことができたのは、同行の皆さんのお陰です。天候、里川を取り巻く風景、大人の釣り仲間、あどけないアマゴ、全てのおかげで、とても「あったかーい」一日を過ごすことができました。

e0057274_1415544.jpg情報とやらに振り回されることなく、生活感溢れる渓の周りの風景を思い思いにスケッチしながら、おおらかな気持ちを持ったままフライを流れに乗せ続けることができた、記憶にずっと留まっているであろう一日。本来の意味で仲間と釣りに行く楽しみを実感できた貴重な一日でした。
運転から渓のガイド、何から何までお世話になった納豆男(Rolly)さん、お仕事の疲れにもめげず我々のペースにお付き合いしてくださったBILLさん、フライフィッシングに対する熱い思いを語ってくれたterryさん、記憶に留めたい一日を本当に有難うございました。
[PR]
by godzilla2004 | 2006-03-13 14:16 | ■フライフィッシング
<< ●お手軽エクステンド・ボディの作り方 ●セミトラVフィルムでお手軽エ... >>



シロートの悦楽的釣り修業を綴る…イチから見直し“諸行無常”的毛鉤釣
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
お勧めHP&ブログ
最新のトラックバック
峠川への初詣 〜4月20..
from 釣り三昧・猫三昧
think about …
from taro's magazin..
ニンフにトライ!・・・ゴ..
from スマイル Days
自戒
from taro's magazin..
古い友人との再会
from 芦毛牝馬の馬耳東風
FF誌に載ってます
from 「別誂石徹白セット」イトシロ..
秋の峠川へ 〜9月22日..
from 釣り三昧・猫三昧
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
Day of curry
from terry's FlyFis..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧