■GW釣行記【その2】
e0057274_23373838.jpg
■5月6日は、西野川キャッチ&リリースエリアに行ってきました。3日に訪れた石徹白C&R区間も、この西野川も初めて訪れるところです。朝7時に、集合場所のお祭り広場に到着すると、taroさんが双眼鏡で流れを見つめているところ。taroさんとは昨年11月の天竜川以来の再会で、同行のterryさんとドイザラスさんを紹介します。taroさんとterryさんは、ブログ上では1年以上前からコメントのやり取りをなさっていましたが、リアルな対面は今回が初。とは言うものの、お互い同じ釣りを楽しむヒト同士、直ぐに打ち解けて話が弾みます。そのうちに、本日の釣りの「言いだしっぺ」ライズさんがねねこさんと登場。早速準備をして、二組に別れ、釣り始めることになりました。

e0057274_23445740.jpg■私と、terryさん、ドイザラスさんの組は、お祭り広場から上流のプールに陣取り、ニンフを沈み石のあたりを流してみます。ねねこさんの傑作ニンフ「あかむしくん」から、ヘアーズイヤー、GBフェザンテールなどなどを、水深を変えて流してみますが、らしいアタリが1回あったのみ。う~むぅ、も少し水温が上がる10時くらいまでは我慢の釣りかなと思い始めた頃、対岸で釣っていたterryさんのロッドが大きく曲がります。落ち着いて、ネットインまでのファイトを楽しむterryさん。写真は、ネットインした体高のある太ったアマゴを満足げに眺めるterryさん。
それから暫くすると、携帯電話が鳴り、ライズさんから下流の状況レポートが入ります。それによると、taroさんは、尺上アマゴ&イワナをペアで釣上げ、ライズさんは?尾の尺上アマゴを釣上げたそうです(?はその時に限って電波状態が悪く聞き取れませんでしたので、謎のままです。詳しくはライズさんブログで(笑))。

■いずれにしても場所を変えたほうが良いと思い、対岸に渡りterryさんと相談。その少し上流の流れ込みで釣っていたドイザラスさんの居る場所まで移動します。そこで、ドイザラスさんの投じたドライフライ(エルクヘアーカディス)に、大きなアマゴが浮上。三人とも声もなく見守った一瞬でしたが、アマゴはフライを一瞥すると水中へ戻ってしまいました。それから、小一時間は、思いつく限りのサイズ、パターンをドイザラスさんに投じてもらいましたが、アマゴが出たのはその時だけでした。そこのポイントは一旦諦め、丁度、コーヒーブレイクで駐車場に戻るというライズさんとtaroさんに合流することにしました(ねねこさんは大物を合わせ切れでモノにできず、チンチンに沸騰中で釣り続けているそうでした)。駐車場ではtaroさんの釣果を祝福し、ライズさんの釣果は聞き流し(ウソですヨ。ちゃんとサスガですねと祝福しましたって(笑))、私とドイザラスさんは沸騰中のねねこさんの元へと急ぎます。尺上連発の場所を確保するためのライズさんの企て通りだったのか、ねねこさんはその場所で釣りを続けていました。ライズさん有難うございました。知り合い同士なら3人同時に釣りができる比較的大場所だったので、ねねこさんに状況を尋ねた後、taroさんがアマゴを釣ったという流れ込みの際を、ドイザラスさんに釣ってもらいます。私は直ぐに釣り始めず、ドイザラスさんの釣りを眺めながら、戦略を立てることに。今までtaroさん、ライズさん、ねねこさんの投じたであろうフライとは、色も形も大きく違うフライが効くのではないだろうか…。勘の良い方はもうお分かりですよね。はい!ミゼット・ケムソパスの出番です(笑)。戦略と言うほどのものではありませんでしたねm(__)m。
e0057274_0333766.jpg
■というわけで、ライントラブルをドイザラスさんが直す間に釣ったのが、この泣き尺アマゴです。しっかり計測したわけではありませんが、ネットとの大きさ比較でちょっと尺には足らないだろうと思ったアマゴですが、体高もあり比較的ヒレも立派で、ナイスなファイトを楽しませてくれました。

■それで大満足した私は、釣り続けるドイザラスさんとねねこさんを残し、コーヒーブレイクとしました。そして、そのまま大爆笑トークの炸裂したランチタイムに突入。午後3時過ぎには西野川を後にしましたが、とても楽しい一日を過ごすことができました。お誘いいただいたライズさんはじめ、taroさん、ねねこさん、terryさん、ドイザラスさん、お世話になり有難うございました。

※午後から、同じ場所を攻めたドイザラスさんを、私とterryさんで熱血指導させていただいたこともとても楽しい経験でした。ミゼット・ケムンパスでドイザラスさんが明らかな大物をフッキングさせることに成功し、大いに盛り上がりましたが、ネットインに至るまでにバラしてしまったことだけが心残りです。でも、西野川を訪れる機会はいくらでもありますので、ドイザラスさん、ニンフもドライフライも沢山巻いて再挑戦してくださいね。
[PR]
by godzilla2004 | 2006-05-06 23:45 | ■フライフィッシング
<< ■石徹白C&R区間、再び ■GW釣行記【その1】 >>



シロートの悦楽的釣り修業を綴る…イチから見直し“諸行無常”的毛鉤釣
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
お勧めHP&ブログ
最新のトラックバック
峠川への初詣 〜4月20..
from 釣り三昧・猫三昧
think about …
from taro's magazin..
ニンフにトライ!・・・ゴ..
from スマイル Days
自戒
from taro's magazin..
古い友人との再会
from 芦毛牝馬の馬耳東風
FF誌に載ってます
from 「別誂石徹白セット」イトシロ..
秋の峠川へ 〜9月22日..
from 釣り三昧・猫三昧
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
Day of curry
from terry's FlyFis..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧