■雨あがり、国際協力草の根活動だ!
※ドイザラスさんが尺上イワナを、国際協調路線?で釣上げると、それを祝福するかのように空が晴れ渡りました。ドイザラスさんが奮闘中、お店を開けるタメに後ろ髪を引かれる思いで峠川を後にしたダスク店長を除いた4人で、こんどはドライフライの釣りを楽しむことにしました。ただ、増水でポイントが限られていたこともあって、4人連れ立って釣り上がることはできません。そこで暫くの間、ナイスなガイド振りを披露してくれたピーター氏へのお礼の意味もあり、今度は日本人による日本の渓流ガイド(の真似事)となりました。

e0057274_0255710.jpg
増水にも関らずドライで攻めることができる流れをガイド。そこにドライを流すピーター氏と、それも見守るドイザラスさん(手前左側)と私、そして、カメラマンの洋さんの影(笑)。

■天候も(極端に)回復し、午後からの釣りに期待がいや増す中、今度はピーター氏に峠川の魅力を更に味わってもらう番です。午前中の釣りでイワナとアマゴを数尾釣上げていたピーター氏ですが、10インチ(25センチ)オーバーの良形とは出会っていないとのことでした。峠川3回目の私のガイドでは心許ないとは思いつつ、何とかドライが流せる場所を堤の上から撮影係を買って出てくれた洋さんの助けを借りて、ガイドすることに。国際協力草の根活動の一環と言えばオーバーでしょうか(オーバーですねm(__)m)。

極めて日本的なタックル(何しろピーター氏、#3ロッドを使うのは生まれて初めて!)で、ここぞと思うポイントを流してもらいます。まずここからねとキャストしてもらうと、即イワナがヒット。小ぶりでしたがピーター氏、嬉しそうでした。それから1時間余り、フッキングには成功しませんでしたが、何回もオサカナがフライに出てくれてピーター氏も見守る私たちも一様に一喜一憂しつつ、国際協力?の楽しさを実感することができました。

e0057274_0573294.jpg■何と言ってもこの日の主役、大物イワナを釣上げて暫く放心状態だったドイザラスさんも立ち直り(笑)、増水状態の流れの中で、ポイントを見つけてはキャストを繰り返して(尺上ではなかったものの)イワナを追加することができました。熱血指導の賜物なのか、めきめき上達されているのがわかります。ブログも始められたそうで今シーズンのこれからが楽しみです。


■しかし、影の主役はこちらの釣り人。
e0057274_135517.jpg
カメラマンとして、フライフィッシャーとして、総合的且つ徹底的にアソビ尽くしているのは、やはり洋さんでしょう。このヒト、「遊び方」と言うのを良くご存知です。毎回そろそろ竿を納めなきゃって時間になると見計らったように、記憶に残る1尾を釣上げる、(劇的シンドロームとでも言うべきか、)何かしら天性のモノをお持ちなんでしょうね。で、最後にはいつも洋さんの釣上げたオサカナを撮影させていただき、私も納竿となってしまいます(笑)。

e0057274_1172649.jpg

[PR]
by godzilla2004 | 2006-05-23 01:15 | ■フライフィッシング
<< ■峠川で一所懸命を見た ■雨の中、国際協調路線で熱血指導だ! >>



シロートの悦楽的釣り修業を綴る…イチから見直し“諸行無常”的毛鉤釣
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
お勧めHP&ブログ
最新のトラックバック
峠川への初詣 〜4月20..
from 釣り三昧・猫三昧
think about …
from taro's magazin..
ニンフにトライ!・・・ゴ..
from スマイル Days
自戒
from taro's magazin..
古い友人との再会
from 芦毛牝馬の馬耳東風
FF誌に載ってます
from 「別誂石徹白セット」イトシロ..
秋の峠川へ 〜9月22日..
from 釣り三昧・猫三昧
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
Day of curry
from terry's FlyFis..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧