■峠川でミスチョイス!【その2】
■遅めのランチを終え、スキー場の駐車場まで近距離ですが車で移動。そこから下流へ歩いて移動します。キャンプ場前プールの下の橋の袂から堤を歩き、流れを眺めていきます。少しして某店長は、この辺りの流れが好きなんだよねぇとそこから釣り始めることになり、私とBILLさんはもう少し先の堰堤上から釣ることにしました。

e0057274_23453571.jpg午後からは、写真のヘアウィングダンをメインに使おうと思っていましたので、比較的変化に富んだ流れが続く堰堤上は絶好のポイントでした。何と言っても視認性がヨロシイものですから。まず、BILLさんに堰堤の直ぐ上の流れを釣ってもらいます。すると直ぐに7寸程度のイワナがヒット。BILLさんは、サウスランドナチュラルCDCをウィングにしたCDCダンを中心にすえて攻めていました。割と流れが速い流心の際を流すとそこそこ反応があります。再度その流れに乗ったBILLさんのフライを目で追っていると、フライの直ぐ近くを大き目のメイフライダンが流れていきます。同じようなサイズのイワナ、ホンモノを食わずにBILLさんのCDCダンにアタック。見事フッキングに成功しました。面白いものですねぇ。が、面白いものだと感心するだけで思考停止してはフライフィッシャーとしては物足りません。そこで、もう少し深く考えなければならなかったわけです。本物のメイフライにアタックせず、BILLさんのフライに出た。それは、本物よりもBILLさんのフライの持つ何かがあのイワナの捕食トリガーを引いたわけですから。サイズなのか、色なのか、メイフライのダンとして巻いたフライでも、カディスとかストーンフライのアダルトに見えていたのかもしれない…とか。
e0057274_23553544.jpg
※写真は本文とはあまり関係ありません(笑)。

■BILLさんは右岸側、私は左岸側を釣り上がり、キャンプ前プールまで来ると某店長がそこで杭になっていました。どうしてもライズをやっつけられないそうです。暫く私もBILLさんも攻めてみましたがダメ。一見簡単そうに感じるフラットな流れですが、ライズポイントを狙ってフライを流してみると、その複雑な流れに、とてもじゃないけど思い通りのドリフトが演出できません。こりゃ出直さないとってのが実感。増水してポイントが絞られているほうが余程楽です。そこから釣り上がると言う店長を残し、私とBILLさんは川沿いの道を歩いて旅館裏プールに移動。そこでも(散発ながら)ライズを見つけることができました。流れ込み近くに私、下流の開きにBILLさんが立ち、ライズを狙います。

e0057274_010630.jpg■このフライに数回アタックはあったのですが、フッキングせず。CDCダン、クリンクハマー、ソフティダン、イロイロ試しましたが、どうにも反応がありません。暫く竿を休め、流れ込みの上へ移動し、その辺りを観察してみます。すると全長7,8mmの全身が黒いカディスを岩の上で沢山見つけました。先程黒いパラシュートに出たこともあり、これかも知れないなぁと思いましたが、サイズ的に丁度良いフライと言うとピューパパターンしか持ち合わせがありません。それにイブニング用に代えてあった6Xティペットに#20のフライを結ぶのもおかしな組合せだし、かと言って#20の適正ティペットと言える8Xを継ぎ足すのもなぁと、要は楽な方へと意識が動いてしまっていました。

e0057274_0182529.jpg先程のパラシュートのテールを切って使おうかとも考えましたが、それほどセレクティブではなさそうなプール上流の流れを釣ることに切り替え、敵前逃亡しちゃいました。6Xティペットには冒頭のヘアウィングダン#14を付けたまま。ダメですね。軟弱です。それまでに数尾のイワナとアマゴを釣っているわけですから、ダメ元でライズを攻めていた方が釣り人として潔かった気がします。大きな選択ミスをしてしまいました。まだまだ修行が足りません。と言うよりも、修行する心を忘れてはいけませんね(反省)。ライズにハマるなんてティピカル修行じゃないですか。

e0057274_040037.jpg
※撮影はBILLさん。有難うございました。なかなかのループじゃないですか。と自画自賛(笑)。

■それから旅館裏プール上流の流れを釣り上がり、その日の竿抜けらしき小さなポイントでは何回ものアタックがありましたが、粘って1尾のみ。納竿までに何とか1尾追加しましたが、プールのライズを取れなかったことが、心のどこかに引っ掛かったままでした。BILLさんも店長も、旅館裏のライズやっつけたんですから。イージーな方を選択しちゃったかなぁ…。もっと修行しなくちゃなりませんね。というわけで、石徹白C&R区間へ、次なる挑戦を考えています。マイクロカディスっぽいフライを沢山巻いてね!それで釣れなくてもまた挑戦するだけのことですから(笑)。
[PR]
by godzilla2004 | 2006-05-31 23:38 | ■フライフィッシング
<< ★“フライ・フィッシングの戦術... ■峠川でミスチョイス!【その1】 >>



シロートの悦楽的釣り修業を綴る…イチから見直し“諸行無常”的毛鉤釣
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
お勧めHP&ブログ
最新のトラックバック
峠川への初詣 〜4月20..
from 釣り三昧・猫三昧
think about …
from taro's magazin..
ニンフにトライ!・・・ゴ..
from スマイル Days
自戒
from taro's magazin..
古い友人との再会
from 芦毛牝馬の馬耳東風
FF誌に載ってます
from 「別誂石徹白セット」イトシロ..
秋の峠川へ 〜9月22日..
from 釣り三昧・猫三昧
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
Day of curry
from terry's FlyFis..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧