■高原川水系のアマゴ!
e0057274_13102226.jpg
※写真はイブニングタイムの高原川のとあるプール。釣り人はシャックマンさん。

■海の日を絡めた3連休の初日(土曜日)、高原川水系に向いました。午前6時30分頃、名古屋を出発し、蒲田川に掛かる宝橋を通過したのは10時近くとなりました。蒲田川の水量は多く、上流を視察するまでもなく、下流へ車を走らせます。蒲田川が高原川と合流した下流域も太い流れは続き、平水なら渡渉できるような流れが近づくのも憚られるような轟々とした流れに変貌していました。予想していた通りの状況。増水時でも比較的安全に釣りができる高原川の支流に向うことに。少し林道を走った、いつも車を停める場所には他の車はなく、さぁ釣り開始です。本流の状況がウソのような平水より少し減っている?穏やかな流れ。新しい先行者の足跡が気になりますが、連休ですから仕方ありません。シャックマンさんと交互に丁寧に釣り上がっていくことに。

e0057274_13303316.jpg
■フライにアタックしてくるのは10センチ程度の小粒ばかり。最初は反射的に合わせて釣ってしまい反省のひとときです(笑)。ポイントから最初に小粒が出てくるってことは、大物は隠れているか居ないわけで、歩みを速めて釣り上がります。お互い数度のチャンスがあり、ネットインできたのは写真のアマゴだけ。流れを二つに分断する大岩の奥の落込みからの巻き返しにフライを落として数メートルのドリフト後、ゆっくりと浮き上がり、ピシャッと飛沫を立てて反転してくれ綺麗なアマゴです。フライは、コック・デ・レオンをダウンウィング状にまとめたカディス兼テレストリアルっぽいボディを持つパラシュート(笑)。神通川に流れ込む高原川は本来ならヤマメ域ですが、4年程?前までアマゴが放流され現在はヤマメのみの放流となっています。ですから、この渓で生まれ育った(状況証拠かもしれませんが(笑))このアマゴ、とてもキレイだと私は思います。ヤマメの血も混じったのか、側線の赤っぽい細い帯はヤマメの特徴のようにも見えます。

e0057274_13491858.jpg
■遅めのランチを終えた午後からは、高原川本流で釣りができそうな流れを探します。細い橋を歩いて渡り流れを見ると何とか釣りができそうな感じ。早速3番ロッドに持ち替えて流れに立ちます。入渓して直ぐに7寸程度のヤマメを数尾釣り、気を良くして更に上流にあるお気に入りのポイントを目指しますが、その頃から水煙が立つような強い雨が降り始めました。大好きな瀬を確認してから車に戻ろうとまたまた歩みを速めます。その瀬は、普段の水量であれば誰でも無視してしまうチョロチョロの細い流れですが、予想した通り、小さな落込みが連続する最高の流れに変っていました。丁度弱くなった雨の中、散発ながらもライズまで確認できます。当然のように各ポイントごとに反応があり、直ぐに数尾のヤマメを釣上げることができました(バラシは無数(トホホ))。流れの中央を歩いて左右のポイントにキャストしていくという省エネ釣法でスピードアップして釣り上がっていくと大きなライズを発見。すぐに投じたフォーム・オリーブ・ハンピーに大きな飛沫を上げてヤマメが出ました。立っている場所から右上の開きで出て下流に走り、斜め下の小さなプールで首振りしているのは相当な良型。結局バレちゃいましたけどね(笑)。←描写もスピードアップ!(笑)。

■濡れた川原で10分ほど死んでましたが(笑)、立ち直って車に戻り、宿泊する「ペンション木之下」さんまでご挨拶に伺い、夕食までの時間、再び高原川でイブニング決戦。私は「イワナを釣って三目釣り達成!」、シャックマンさんは「ヤマメを釣りたい!」がテーマです(私が瀬を攻めている頃、シャックマンさんは入渓した橋の袂の落込みで、良形イワナを数尾釣上げていました)。冒頭写真のプール、絶え間なく雨が降り続く中、小物ばかりだったライズに大物っぽい影が見え隠れしますが、途中から二つに合わさる流れの向う側が濁流になり、次第にライズも尻すぼみ。落込みの淀みを狙っていたシャックマンさんがとてもキレイな8寸のイワナを釣上げただけ(私の投じたホワイト・ウルフには数度のアタックがあったものの見事空振り)で終了。とっても美味しい焼肉の夕食(勿論朝食もオイシイよ)、温泉が待つお宿へと引き上げました。

e0057274_1440563.jpg
※この日の蒲田・高原川は、大雨の影響でどこでも釣りが楽しめるといった状況ではなく、場所の選定に迷うところでしたが、Lefty_haruさんの「蒲田ナビ」と、ご本人からの頂戴した詳細なガイドにより、私たちなりに釣りを楽しむことができました。haruさん、イロイロ有難うございました。シャックマンさんも往復の運転有難うございました。またヤマメ釣るために蒲田・高原川へ行きましょう!私はアマゴ狙いますから(笑)。

e0057274_15211535.jpg
※というわけで、アマゴの写真をもう一枚。
[PR]
by godzilla2004 | 2006-07-17 14:49 | ■フライフィッシング
<< ●揃える!(ヘアスタッカー) ■TMC900BL(#8,#1... >>



シロートの悦楽的釣り修業を綴る…イチから見直し“諸行無常”的毛鉤釣
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
お勧めHP&ブログ
最新のトラックバック
峠川への初詣 〜4月20..
from 釣り三昧・猫三昧
think about …
from taro's magazin..
ニンフにトライ!・・・ゴ..
from スマイル Days
自戒
from taro's magazin..
古い友人との再会
from 芦毛牝馬の馬耳東風
FF誌に載ってます
from 「別誂石徹白セット」イトシロ..
秋の峠川へ 〜9月22日..
from 釣り三昧・猫三昧
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
Day of curry
from terry's FlyFis..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧