■フライフィッシング+1(プラスワン)
e0057274_22203083.jpg
※初冬の美濃FA、野外ランチのひとコマです。左から、taroさんBILLさん黄昏店長Rollyさん、左半身がかろうじて見えるのはなかぢさん、吉田ロッドさん、シャックマンさん、(それしかないのでゴルフ用ウィンドブレーカー着用の)私、terryさん(撮影は洋さん)。

■シーズンオフとなり2ヶ月近く、実際の釣りに飢えた?フライフィッシャー総勢10名が美濃フィッシングエリアに早朝より集合。それぞれの渇きを癒すためにストリームにポンドに散らばります。ただ、この日の美濃フィッシングエリア、(特にストリームでは)渇きを癒してくれるどころか、ますます飢餓感を募らせるほどに厳しい状況ではありました。

e0057274_22312032.jpg
▲ストリームエリア下流部から釣り上がる洋さんとterryさん。

■前回訪れたときよりも更に渇水は進み、止水に近いプールのアマゴはシビアにフライを「作り物」と判断し、(水面でも水中でも)瞬時に見切ってきます。流れのあるところにいるアマゴまで警戒心旺盛なのか、ドライフライに何とか出てくれたとしてもフッキングに至りません。渋いなぁと半ば諦めの境地で数時間ストリームを釣り上り、少し活性が上ってきたかと思った頃には、約束のランチタイム。本日はシャックマンさんが準備してきてくれた「鍋料理」を野外で楽しむことになっています。

e0057274_2245033.jpg▲terryさん撮影の鍋料理準備風景。調理に精を出しているシャックマンさんと、(お湯を沸かしただけの)私。その後ろでランチ後の釣りのため、タックルチェックに余念のないヒトが見えますが(笑)、美濃フィッシングエリアのストリームでニンフの釣り修行に燃えていた洋さん。手伝わないなんて…とお思いの方のおみえになるかもしれませんが、シャックマンさんの手馴れた手つきに手伝いの必要を感じなかった洋さんの判断を責めることはできません(^^ゞ。

e0057274_22501324.jpg
▲ということで、シャックマンさんの手馴れた調理を眺めているフライフィッシャー達(笑)。terryさんはしっかりとお手伝いされています(撮影は洋さん)。丁度準備が整った頃には、ストリームからポンドから三々五々戻ってきたフライフィッシャー総勢10名の賑やかで、とても美味しい「鶏つくね鍋」を楽しんだ野外ランチとなりました(冒頭写真)。フライフィッシングを楽しむタメ、シーズン中は一緒に釣りを楽しんだ仲間が集った美濃フィッシングエリアでしたが、、美味しい鍋料理が釣りにプラスされ、まったりと流れる時間・会話を皆で楽しみました。この時期にしては暖かかったとは言え、それでも肌寒い風の吹く野外での鍋料理にココロも体も暖まり、午後からの釣りに期待がいや増し、フライフィッシャーの活性は上がります。が、午後から再開した釣りでは、ランチ直前に上った筈だった渓魚の活性は極度に冷え込んでしまったようでした(笑)。

e0057274_236426.jpg※お揃いの赤いリール(照れますな)がセットされた、ご自分のニューロッドと私のロッドを激写しているterryさん。terryさんブログで掲載される迫力も臨場感もたっぷりの写真はこうして撮影されます。terryさんの場合、撮影した写真のクオリティもさることながら、フォト・レタッチ(写真再加工)技術がプロフェッショナルしているわけなんですけど。

e0057274_23181790.jpg
▲ポンドで釣りを楽しむ(左から)Rollyさん、シャックマンさん、吉田ロッドさん。

e0057274_23452140.jpg■こんな(フックサイズ#14程度の)ヒラタ系らしきスピナーが結構な数、舞い始めたので、午後からの釣りに期待を持ってしまいましたが、ライズは超散発。そんなわけで、この日の美濃フィッシングエリアでの釣果は、ストリームで釣ったアマゴ数尾という、頑張ったんですけどねぇ…残念!(汗)と思わざるを得ないものでした。でも釣果だけではないのが釣りというアソビの素晴らしいところ。このうえなく楽しくも美味しい鍋料理を皆でワイワイやりながら味わった満足感でお腹一杯になったこと、帰路立ち寄った美濃市のうなぎ屋での笑い通しの夕食も併せ、不満足な?釣果を云々するのは野暮なだけ。
フライフィッシングだけではなく、野外での楽しい鍋料理という「プラス1」があったことで、プロセスを楽しみ釣果にこだわらない面々が集った一日はより悦楽に満ちたものになり、笑いの絶えない「遊んだことを実感する休日」はいつの間にか暮れていきました。豪華な鍋料理の準備など、何から何までお世話になったシャックマンさん、本当に有難うございました。ただ、どんなに安くても、ケースが変色したティペットを買うのはやめましょうね(参加者にしかわからない話題で恐縮至極m(__)m)。

e0057274_23474620.jpg
▲乙姫伝説(アハハ)で釣った7寸程度のアマゴ。釣れるアマゴは美麗で申し分なかったんですけどね(^^ゞ。
[PR]
by godzilla2004 | 2006-11-26 23:36 | ■フライフィッシング
<< ▲ユスリカからシケーダー(蝉)まで ▲翼よ、あれが鱒の目(線)だ!... >>



シロートの悦楽的釣り修業を綴る…イチから見直し“諸行無常”的毛鉤釣
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
お勧めHP&ブログ
最新のトラックバック
峠川への初詣 〜4月20..
from 釣り三昧・猫三昧
think about …
from taro's magazin..
ニンフにトライ!・・・ゴ..
from スマイル Days
自戒
from taro's magazin..
古い友人との再会
from 芦毛牝馬の馬耳東風
FF誌に載ってます
from 「別誂石徹白セット」イトシロ..
秋の峠川へ 〜9月22日..
from 釣り三昧・猫三昧
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
Day of curry
from terry's FlyFis..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧