★メモ・ホルダー
e0057274_22303183.jpg★最近、身内が4年間の欧州赴任から帰国。まぁ沢山!のワインやらのお土産に混じり、「メモ・ホルダー」を貰いました。当然、メモを挟んで…使ってみるなんてことにはならず、先端部のクリップにフライを挟んでの撮影(補助)機材となり代わり使用しています。
ご覧になってわかるように、ベースから突き出したメモ保持部分が自由に角度・向きを変えることができ、「フライ撮影」用に考えられたんではないかと信じちゃうほどの便利さです。
別に私が見つけてきたわけではありませんが、こういうのを“Lucky Find”(掘り出し物)って言うんでしょう(^^♪

e0057274_22371466.jpg★コンパクト・デジカメをミニ三脚に取り付け、このメモ・ホルダーにフライを挟み、ライティングの良さそうな場所を探して、室内を右往左往(笑)。自由度の高い撮影を楽しんでいます。メモ・ホルダーを私のタメに選んだわが妹、文房具好きな愚兄に丈夫で長持ちすることだけは間違いのない、ドイツ製のステーショナリー等を欧州へ行くたびに買ってきてくれます。丈夫でグッドデザインでないと愚兄は少し不機嫌になることもありますが、このメモ・ホルダーのデザインは申し分なし!ただ愚兄がニヤニヤしながら、こんな使い方をしているとは思ってもいないことでしょう(笑)。前回貰ったペリカンのボールペン、丈夫さは認めますが重くて長文を書く気になれないのはご愛嬌でした(笑)。


e0057274_2239406.jpg
★これまた最近、ファームウェアをバージョンアップ、マクロでのピント合せが少しだけ早くなり、使いやすくなった「GR DIGITAL」も出番が多くなってきています。まぁ、フライを巻いていくプロセスを撮影する必要があれば、当然バイスにフライを挟んだままでとなりますが、メモホルダごとアウトドアに持ち出し、陽に反射してキラッと光るCDCのウィングなんてのもいつか撮影してみたいものです。露出なんかの設定が難しそうですけどね(^^ゞ。

※メモ・ホルダーに挟んであるフライは、CDCサイドワインダー(セミトラVフィルム・バージョン)。このフライの巻き方は近々エントリーする予定です。
[PR]
by godzilla2004 | 2006-12-01 22:34 | ★イベント/フィクション
<< ■華氏60度* ▲ユスリカからシケーダー(蝉)まで >>



シロートの悦楽的釣り修業を綴る…イチから見直し“諸行無常”的毛鉤釣
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
お勧めHP&ブログ
最新のトラックバック
峠川への初詣 〜4月20..
from 釣り三昧・猫三昧
think about …
from taro's magazin..
ニンフにトライ!・・・ゴ..
from スマイル Days
自戒
from taro's magazin..
古い友人との再会
from 芦毛牝馬の馬耳東風
FF誌に載ってます
from 「別誂石徹白セット」イトシロ..
秋の峠川へ 〜9月22日..
from 釣り三昧・猫三昧
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
Day of curry
from terry's FlyFis..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧