■落ち込みの前、白泡の際
e0057274_2284126.jpg
…写真、でか過ぎますよね(笑)。

※本日は所用があったついで(?)に、美濃フィッシングエリアでフライフィッシングを楽しんできました。例年この時期ですと、下流の片知川を含めてドライフライの釣りが存分に楽しめますが、暖冬だった筈がすっかり冬に逆戻りしたようで、水温も低め(6℃前後)、低活性のアマゴ相手に渋い釣りとなりました。

■所用を済ませるとお昼過ぎ。好きなポイントに立ち、まずはドライフライ(CDCスペント・カディス#18)を8Xティペットに結んで釣り始めます。管理釣り場ですから多くのアマゴをポイントごとに見つけることができます(当り前です…)。慎重に近付き、落ち込みの前、開きに定位するアマゴを狙ってカーブ・キャスト。狙った筋を流れても、定位するアマゴはフライを億劫そうに見に来るだけ。開きのアマゴを諦め、上流の小さな落ち込み(白泡)の際に狙いを替えます。流れが速くなっている流芯の際を少し流れたときにフライが消えました。軽くロッドを立てるとしっかりフッキングできたようです。ネットに収まったのは8寸程の、放流モノとは言え山吹色の胸ビレがキレイなアマゴでした(冒頭写真)。

e0057274_2232778.jpg■次のポイントでも開き部分にアマゴが定位しています。今度はフライをダーク・ヘンドリクソン(#14)に変更、先程と同じようにカーブ・キャスト。さっきのアマゴは見に来るだけでしたが、今度はゆっくりとした動きながらも逡巡することなく(ハックル下部をVカットした)ダークヘンドリクソンをくわえて反転してくれました。何故、ダーク・ヘンドリクソンに替えたのか、私自身明確な理由を説明できるわけではありません(笑)。無理やり?理由付けしてみても…、まずはフライサイズを大きくして、それでダメだったら#22のコカゲロウ系のパターンに替えるつもりだった…まぁ取り敢えずの様子見フライでアマゴが出ちゃった…程度のストーリーしか思い浮かばないのが情けないところではあります(汗)。更に後付ですしね(笑)。

e0057274_22525396.jpg
※それから、沈めるフライも織り交ぜて数尾のアマゴを追加できましたが、流れの比較的速いところではCDCカディスとかCDCスペント・カディス、開きのような緩い流れではダーク・ヘンドリクソンが効きました。数尾のアマゴの反応だけで何かがわかった!なんてことではなく、帰路ホンの少しだけ釣ってみた美濃フィッシングエリア下流(片知川)でも同じような反応だっただけに、また解答を見つけることの難しい宿題を貰ったような気分です(笑)。そのアタリがフライフィッシングの面白さ…なんでしょう。ということにしておき、(自分なりの解答を見つけようとせず…見付かるわけないし…)何も考えず眠ることにします(^^ゞ。
[PR]
by godzilla2004 | 2007-03-18 22:55 | ■フライフィッシング
<< ■春分の日 ★胸に勲章、飾りつけ >>



シロートの悦楽的釣り修業を綴る…イチから見直し“諸行無常”的毛鉤釣
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
お勧めHP&ブログ
最新のトラックバック
峠川への初詣 〜4月20..
from 釣り三昧・猫三昧
think about …
from taro's magazin..
ニンフにトライ!・・・ゴ..
from スマイル Days
自戒
from taro's magazin..
古い友人との再会
from 芦毛牝馬の馬耳東風
FF誌に載ってます
from 「別誂石徹白セット」イトシロ..
秋の峠川へ 〜9月22日..
from 釣り三昧・猫三昧
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
Day of curry
from terry's FlyFis..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧