■What a wonderful world!
e0057274_2324573.jpg
※春の日の国道沿いの里川、飛行機雲がterryさんのキャストが描くタイトループのようにも見えました。

■ようやく訪れた春“らしい”日、terryさんとS1さんと共に里川に出掛けました。ほんの時折吹く強風以外は汗ばむほどの日差しに水温も急上昇。お昼近い頃には12℃まで上がり、その頃から渓魚の活性も上がり、バラしたり(=テリったり(笑))、合せ切れしたり(=ゴジったり(^^ゞ)しながらも、楽しく騒がしい一日となりました。

e0057274_23312360.jpg■埼玉県から名古屋に単身赴任中のS1さん、里川で育まれたコンディションの良いアマゴを何尾も釣上げ写真撮影にも力が入ります。ヤマメは関東の溪で何度も釣上げていますが、小振りながらもコンディションの良いアマゴは初めて釣上げたことになり、嬉しさもひとしおといったところでしょう。


e0057274_23392247.jpg■活性の上った溪では(フッキングしたりしなかったりしたものの)、何度もアマゴ、イワナが水面を割ってくれましたし、川辺ではこんなひな鳥も見つけました。どんな鳥の雛(ひな)なんでしょうね(おわかりになる方は是非お教えください)。鴨ではないと思いますけど…。どんなフライフィッシャーでも鴨を見つけたらケ○の毛までムシリとってしまうほど、鴨には関心を寄せていますので間違えることはないと思います(笑)。

…調果の結果、幼いカワガラスであることが判明しました。…


■里川の流れの中も、川の辺も、生命の息吹が満ち溢れ、この日の最終目的地でも(数種類の)メイフライのスピナー・フォールとスーパーハッチ、(余り気持ちの良いものではない(^^ゞ)ガガンボのスーパーハッチに囲まれた無数のライズに翻弄されてしまった夕暮れ。イブニングで釣上げたのが(狙っていた)アマゴではなく、あぶらビレは付いていたものの、フライフィッシングで釣った経験のなかったオサカナだったことも彩り(?)を添えてくれた、生命に満ち溢れた春の一日を充分以上に実感させてくれた一日となりました。

※春というよりは初夏の日差しにも(自然の)生命を感じた最高の釣り日和でしたが、これから訪れる盛期(釣りシーズン)に向けて、合せ切れ(=ゴジる(泣))の癖を返上しなくてはと強く感じた一日でもありました(笑)。
[PR]
by godzilla2004 | 2007-04-15 23:25 | ■フライフィッシング
<< ☆ I ♡ Bamboo. ▲クリンクハマーで行こう >>



シロートの悦楽的釣り修業を綴る…イチから見直し“諸行無常”的毛鉤釣
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
お勧めHP&ブログ
最新のトラックバック
峠川への初詣 〜4月20..
from 釣り三昧・猫三昧
think about …
from taro's magazin..
ニンフにトライ!・・・ゴ..
from スマイル Days
自戒
from taro's magazin..
古い友人との再会
from 芦毛牝馬の馬耳東風
FF誌に載ってます
from 「別誂石徹白セット」イトシロ..
秋の峠川へ 〜9月22日..
from 釣り三昧・猫三昧
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
Day of curry
from terry's FlyFis..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧