■氷雨の石徹白
※石徹白へ向う桧峠が、急峻な登りから下りに変る頃から雨模様。いつものスキー場駐車場で、雨の中身づくろいをして下流のポイントへ向って歩き始めます。今日のメンバーは午前中だけ参加?の黄昏店長とラガー兄弟。「トレーニング・デイ」…セカンド・ラウンドは冷たい雨の降る石徹白C&R区間が舞台となりました。

e0057274_15535820.jpg
▲雨に濡れた岩の隙間、ミドリカワゲラ(イエローサリー)も雨宿り。撮影は、この日もランチタイムまでお付き合いくださった黄昏店長。いつもお世話になっており感謝です。

■トレーニング(…ただワイワイと釣りするだけなんですけどね(笑))は、ラガー兄弟がまだ釣りをしたことのないC&R区間下流部の堰堤付近から午前9時スタート。スキー場駐車場付近より上流の溪相とは違った、大きく開けた流れに石徹白C&R区間の持つ多様性を再確認…なんですが、開けたところだけに下流からの強い風と共に氷雨が容赦なく降りかかってくるのも仕方のないところ(^_^;)。そんな中キャストし続けるTラガー(愛竿はトーマス&トーマス)さんに待望のヒット。小振りのイワナでしたが、私、黄昏店長、Wラガー(愛竿はウィンストン)さんが堤から見守る中、しっかりネットに収めてギャラリー共々喜びを分かち合いました。

e0057274_16285874.jpg
■その後、四人連れ立って交代しながら釣り上がり、とあるプール近くに到着。少し離れてプールを観察していると派手なスプラッシュライズが相当な頻度で(至るところで)発生し始めます。ふと水面から顔を出している岩を見ると羽化を終えたマエグロのダン。折からの強風に煽られて水面に落ちてしまい、それを捕食してのライズだと勝手に解釈(笑)。#14のCDC&エルクを6Xティペットに結び替え、ラガー兄弟には何でもいいからダークなボディの#14、#12のフライ(例えばエルクヘア・カディス)がイイかも…と伝えて、プール周りに散らばりキャスト開始。その比較的流れの速いプールでのライズを前にした勝負、ライズ狙いの釣りをラガー兄弟(もちろん黄昏店長)共々満喫させてもらいました。私はそこだけで数尾の良形イワナを釣り上げましたが、果たして釣り上げたイワナがマエグロを捕食していたのかどうか定かではありません。ストマック・ポンプは(もちろん)持っていませんし、フッキングしなかったことも含めればワンキャスト毎に何らかの反応が得られたわけですから、捕食物をわざわざ確認することに(私は)意味を見出せません(オサカナに対してノーダメージとは考えられないし…)。周りを観察し得られた情報から推察してフライを選定(ドリフターチェック用ネットは持ち歩いており重宝しています)。そのフライに好反応を示してくれた…それだけで充分だと思っていますし、私が信じ、楽しんでいるフライフィッシングのコア、即ち(増沢信二氏の表現を借りれば)“フライフィッシングの知的遊戯性”はこの段階で完結しています(あくまでも私的信条ですからご容赦を)。もちろん状況次第ではストマック・ポンプで釣れたオサカナの胃の内容物を吸出し、確認することも必要になる場合もあるでしょうから、その行為の可否を云々するつもりは毛頭ありませんので誤解なきよう。

余談ですから軽く流してくださいね。と前置きして…(笑)。ストマック・ポンプを使用するのであれば小さくとも8寸(24cm)以上で行ってくださることを強く推奨(お願い)します。ストマック・ポンプを使われる側にとって決してダメージは軽くはないと思いますので。まぁティペットを掴んでオサカナをぶら下げて写真撮影してみたり、成魚放流情報だけを頼りに数十尾釣り上げて悦に入っていたりするような「渓魚虐待釣り師」には何を言っても無駄かもしれませんけど、我々にとっては単なる“アソビ”でもオサカナには何らかのダメージを与えてしまうわけで、釣られるオサカナに対するそんな“負い目”を忘れないようにしたいものです。リリースするからどんな扱いをしても良い…のではなく、リリース後の生存率にも気を配るのが最低限のマナーでしょう。この辺りの考え方(即ちフライフィッシングのコア)を伝えていくのが所謂エキスパートの方々の役目だと思っていますが、どうやら似非エキスパート、自称エキスパートの方はご自身の願い(狙い)とは裏腹に(笑)、反面教師にしかなり得ないようです。この日のトレーニング・デイ【セカンド・ラウンド】では、ネットインしたアマゴ、イワナの撮影時、オサカナの扱い方を含めていちいち悪い例として挙げさせていただき拙い解説に説得力を付加することができました(笑)。

■ランチタイム後、帰名した黄昏店長を除いた3人、午後からの遅いスタートは旅館裏プールでのライズ攻略。終日オナシカワゲラとミドリカワゲラ、シロハラコカゲロウのハッチを見かけていましたので、ラガー兄弟にはフックサイズ#16のシンプルなフライ…例えばコンパラダン…でまずは様子を見ましょうと提案。運よく貸切状態のプールの落ち込みに私、開きにTラガーさん、その中間にWラガーさんとポジションをとります。

▼私が使ったフライはこちら。実際に2尾釣り上げたフライで、少々くたびれております。
e0057274_17413188.jpg
▲“コンパラダン・バリアント”
フック:TMC902BL(#16)
スレッド:TMC・16/0(タン)
ウィング:コースタル・ディアヘア
テール:コック・デ・レオン
アブダメン:グーズバイオット(ヘンドリクソン)
ソラックス:ダビング(ヘンドリクソン・ピンク)



▼そのフライで立て続けに2尾のアマゴを釣り上げました。その1尾がこちら。
e0057274_1794311.jpg
■旅館裏プールでは更に1尾追加することができ(使用フライは“CDCスペント・カディス”)、Wラガーさんはコンパラダンに何回もアタックしてくるもののフッキングに至らず、最後にはニンフを使ってネットイン。Tラガーさんは(この日のお気に入りとなった)CDC&エルクで良形イワナをゲット。三者三様の釣りで満足至極の結果を得ることができました。

※時期的に早いとは思いましたが、真っ暗になるまで、フライフィッシングのトレーニングができた日となりました。氷雨の影響からか、午後遅くなって水温が低下したようで、イブンニング時のハッチは極少、お祭り騒ぎ(ライズ)を楽しむことはできませんでしたが、それを除けば終日狙い通りのフライフィッシングが楽しめた一日となりました。あと少しで、狂乱のライズリングが(ラガー兄弟を含めた)フライフィッシャーを出迎えてくれる最盛期の石徹白イブニングとなってきます。待ちきれませんねぇ(笑)。
[PR]
by godzilla2004 | 2007-05-03 18:07 | ■フライフィッシング
<< ▲瞬間接着剤 ∗ I Left My Hea... >>



シロートの悦楽的釣り修業を綴る…イチから見直し“諸行無常”的毛鉤釣
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
お勧めHP&ブログ
最新のトラックバック
峠川への初詣 〜4月20..
from 釣り三昧・猫三昧
think about …
from taro's magazin..
ニンフにトライ!・・・ゴ..
from スマイル Days
自戒
from taro's magazin..
古い友人との再会
from 芦毛牝馬の馬耳東風
FF誌に載ってます
from 「別誂石徹白セット」イトシロ..
秋の峠川へ 〜9月22日..
from 釣り三昧・猫三昧
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
Day of curry
from terry's FlyFis..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧