▲瞬間接着剤
e0057274_10323115.jpg
※ノイズまみれの写真(笑)に写っているのは、最近、コンビニで見つけて使い始めた瞬間接着剤です。キャップにスティックが付いており、(フライタイイングで)手軽に、ホンの少しだけ塗布したいときなどに重宝しています。

▲フライタイイングの際、頻繁に瞬間接着剤を使うわけではありませんが、ボディ材によってはそのコーティング(強度アップ)のタメ、お世話になることもあります。グースバイオット、ストリップド・ピーコックハールなどのマテリアルでボディ(アブダメン)を巻く場合が代表例となるでしょう。巻くフライの種類が限られているのか、まず使わないヘッドセメントに比べると瞬間接着剤はそこそこの頻度で使います。

e0057274_10475632.jpg
▲キャップに付属のスティックで塗布。接着剤が多過ぎですが、撮影で数秒間接触させたタメなのでご了承ください。その後、ニードルの先端でボディ全体に均します。結構ゴソゴソのボディになってしまいました(笑)。撮影のタメ、時間をおき過ぎた結果なので、ご了承を。

e0057274_10541967.jpg▲巻きなおすのもナンなので、コンパラダンにしてみました。ボディ(アブダメン)はゴソゴソのままです(笑)。実際のタイイングでは瞬間接着剤を塗る前に、「ハイスピード・ハーダニング」という商品名の硬化促進剤(こちらはフライショップに並んでおります)を塗り、作業のハイスピード化(笑)を図りますが、今回、その工程は省きました(^^ゞ。瞬間接着剤といっても硬化時間は必要ですから、乾いたかどうかの確認で生乾きの表面を触ってゴソゴソにしてしまうヒトに硬化促進剤はお薦めです。まぁ私のことなんですけどね(笑)。

※瞬間接着剤、使い過ぎてテーブル周りを汚くしてしまうのは考えものですが、少量を適度に使えばタイイングの幅も広がります(その筈です)。そんな使い方にピッタリの容器に入ったこの瞬間接着剤。残り少ないゴールデンウィーク、釣りに行けないが故にタイイングに勤しもうと考えているヒトにご紹介させていただきました。でもコンビニで売っているわけですからねぇ…、既に愛用中の方も多かったりして(汗)。


* 釣りの写真 *

e0057274_1217227.jpg
※4月30日石徹白でのひとコマ(撮影はピーター氏)。手前の笹にしっかりとピントを合わせてくださいました(笑)。でもナカナカに雰囲気のあるスナップなので掲載。ひょっとしたら、ピーター氏の狙い通りだったのかもしれませんね(^^ゞ。いつもこんな風に連れ立って釣りしてます。
[PR]
by godzilla2004 | 2007-05-05 11:08 | ▲フライタイイング
<< ■雨を見たかい? ■氷雨の石徹白 >>



シロートの悦楽的釣り修業を綴る…イチから見直し“諸行無常”的毛鉤釣
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
お勧めHP&ブログ
最新のトラックバック
峠川への初詣 〜4月20..
from 釣り三昧・猫三昧
think about …
from taro's magazin..
ニンフにトライ!・・・ゴ..
from スマイル Days
自戒
from taro's magazin..
古い友人との再会
from 芦毛牝馬の馬耳東風
FF誌に載ってます
from 「別誂石徹白セット」イトシロ..
秋の峠川へ 〜9月22日..
from 釣り三昧・猫三昧
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
Day of curry
from terry's FlyFis..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧