■三度(みたび)石徹白雨の中
e0057274_14203894.jpg
※朝8時過ぎに到着したときには想像もできなかった冷たい雨に降られた石徹白C&R区間。荒れた天候にめげず竿を振る(左上から時計回りに)私、BILLさん洋さん、シャックマンさん。

■適度に雲が散らばる青空の下、石徹白C&R区間の数多き好ポイントの中でも最近マイブームの通称“丸顔フラット”辺りへ洋さん、BILLさんと入ります。途中見かけた小型カディスにあやかって“CDCスペントカディス(#16)”をティペットに結んだBILLさん、いきなり第一投でキレイなアマゴをヒットさせ、この日の楽しい釣りを予感させてくれます。同じ頃、“丸顔フラット”下流の堰堤下から入渓した山猿さんGONZAさんも例によって釣りまくっているだろうなと思いながら釣上りますが、暫くすると急に空が暗転、強い風に運ばれた横殴りの雨となります。予想もしていなかった天候急変。5月の青い空の下、身軽な服装で石徹白の渓魚相手に釣りを楽しもうと思っていましたが、レインウェアを(私の場合はその下にフリースまで)着込んだ「修行のような釣り」に路線変更となりました(笑)。午前中のメインポイントと定めていたプールに到達すると吉田ロッドさんも、暫くしてシャックマンさんも合流となり、総勢5名でそのプール周辺に散らばります。そのプール周辺で、全員が数尾のイワナ、アマゴを釣り上げ、寒さの中でアツい釣りを楽しみましたが、それだけにナカナカ釣り上がる(上流へ向けて移動する)ことができません。合流して直ぐにロッドを曲げたシャックマンさん、皆の見守る前で初めて釣り上げることに成功!しかけましたが、ギャラリーの注目に緊張したのか、ネットインに手間取った挙句テリっ®てしまう…などとヒートアップした中きっちりと「和ませて」くれる小技を披露してくれました。まぁ「テリる®」ことなど気にしている暇はない程の高反応だったということなんですが。そんなこんなで笑いの絶えない雰囲気の中、モンカゲロウ、オオクママダラの散発ハッチに惑わされつつも的確なフライ選択(多くの場合シロハラコカゲロウ・パターンが有効/私的考察)をしないとフライに出てはくれてもフッキングせず…なんて状況に全員がヒートアップ。レインウェアを取りがてら車に戻り、そのままランチを済ませた山猿さん、gonzaさんがキャンプ場前プールに戻ったときにも、そこでライズにハマっていた次第です。粘り強いと言うかナンと言うか…。

e0057274_23333091.jpg
▲キャンプ場前プールでのライズをモノにした1尾。ヒットフライはCDCスペントカディス(#18)ですが、名称は兎も角、シロハラコカゲロウにサイズを合わせた選択。8寸には届きませんが、各ヒレもパーマークも朱点の配置もパーフェクトな石徹白アマゴです。その後、ライズが見えなくなったからランチにしましょうと岸辺に戻り、一人だけ諦めきれず?流れに立ち込む洋さんをBILLさんと共に眺めているとまたまたライズ発生。流れに舞い戻る…ことを繰り返してしまいましたが、戻ってきた山猿さん、gonzaさんに“ライズ狙い”を交代していただき、ようやくランチにありつけました。強い雨交じりの風の中でのランチ、シャックマンさん持参のソーセージ各種をボイル、コンビニのオニギリと共にいただきましたが、暖かなボイルドソーセージと食後のホットコーヒーに身もココロも救われる思いすら感じる寒さでした。

e0057274_23334876.jpg■遅いランチの後はスキー場前駐車場まで車で移動。車内でお昼寝するBILLさんを残し、洋さん、シャックマンさん、吉田ロッドさんと上流へ歩きますが、釣り人が多く入る場所が見付かりません(^^ゞ。スポット的に空いていたポイントに私とシャックマンさんが入り、そこから動くことなくお互い2尾ずつ釣り上げ、そろそろ帰名する吉田ロッドさんと駐車場に戻ります(洋さんは既にお気に入りポイントへ移動された後でした(^^ゞ)。

e0057274_1549256.jpg■駐車場に戻ると、黄昏店でよくお会いするK崎さんがウェーダーを脱ぎ帰宅準備中。吉田さんと共に暫くお話しさせていただきながら、ブッシュの多い上流で傷ついたかもしれないティペットを(ゴジら®ないよう)6Xに交換します。今思うとこの交換が生きました。K崎さん、吉田ロッドさんに感謝!。当然フライも交換。これから攻めようとする「峠川銀座」の流芯を外した巻き返しとか淀みで効果的(だと思っている)“CDCイエローサリー(スペント・ウィング・バージョン(#16)”としました。帰宅する吉田ロッドさん、K崎さんを見送り、丁度良形イワナを釣り上げてじっくり撮影中の洋さんの近くへ、シャックマンさんと共に入渓し、洋さんの下流と上流に別れて釣り始めます。そこから少し上流にある大岩周りの緩い流れ、ここは大物が居つくことで有名なポイントでもありますが、距離を保ちながら慎重にキャストし左からの細い流れにフライを乗せます。三度流してフライが水に馴染み(こちらが意図した)丁度の浮き姿勢となった四度目のキャスト、そして流芯を外れ緩い流れに漂い始めて暫くしてから出ました。

e0057274_23342884.jpg
▲下流から見て左からの流れに乗ったフライが大岩の中央あたりまで流れてきたとき、ホンの小さな波紋を残してフライが消えました。(私にしては)軽い力でロッドを立てると強烈な抵抗。ラインを緩めないように水際まで歩み寄りますが、ロッドを曲げる力は今までにない力強さです。ランディング・ネットを掴む前に出来るだけそいつに近付きこちらのランディング姿勢を整えますが、その間も右に左に走り回るスピードと獰猛にも思える抵抗は弱まる気配はありません。吉田(真竹)ロッドの柔軟な追従性に助けられ、何とか抵抗を往なし片膝を付いた姿勢を整えることに成功。左手でランディング・ネットを差し出しつつタイミングを見計らい、そいつが右手に走るのを諦め左に方向を転じた瞬間、ロッドを掴んだ右手を更に高く、雨空に向って突き出します。その(上方への)力で水面に顔を出したイワナの面構えに初めてフッキングした相手のサイズが、野生がわかります。が、それも一瞬のこと。顔を出して最後の疾走を仕掛けようとする前にそいつはネットの中に収まっていました。一息つきランディング地点から少し離れた浅瀬に移動し、ネットの収まる(ジャスト)尺イワナを流れに入れて愛でていると、私の大声に気付いたのか(笑)、洋さん、シャックマンさん、お昼寝から覚めたBILLさんも川原に降りてきて全員で石徹白の溪に育まれたパーフェクトなイワナとご対面。大きな顔と体形とは不釣合いな程発達した尾ビレが石徹白の恵みを象徴しているイワナ。こんなのが居るんだ…と石徹白の底知れぬポテンシャルを畏敬の念と共に思い起こさせてくれたイワナでした。

e0057274_23344854.jpg
■その後、駐車場下に移動し、来週末から始まる石徹白での各フライフィッシングスクールの下準備で忙しく石徹白周辺を調査(釣査)していたRollyさんと合流。スキー場駐車場から少し上流へ歩いた辺りに散らばり、雨が殆ど止んだ暮れ行く石徹白C&R区間を釣上り、イブンニングではキャンプ場下流に点在する各々の好きなポイントでこの日の釣りの仕上げと相成りました。午後から釣り始めたRollyさんを含め、全員が“つ抜け”たこの日の石徹白、渓魚の高活性状態が一日中持続し、一筋縄では行かない場面はありつつも、集中力を途切れさせない反応を楽しむことができました。アプローチ、ドリフト、フライ選択、全てがパーフェクトでないと釣り上げることが難しい流れであったという意味においては“いつもの石徹白”であったことに変りはありません。

※この5月、三度石徹白を訪れましたが、いずれも降りそぼる雨の中での釣りとなりました。雨中の釣り三度目となった今回は強風に悩まされながらも予想を上回る(パーフェクトな)結果を出すことができました。もちろんプロセスを楽しみながら、パーフェクトないつものメンバーに恵まれたことも最高の結果に結びついているのは間違いありません。当然のように、帰路の夕食はだるまやに集合。山猿さんの古くからのお知り合いである稲さん浅さんを交えたそこでの夕食もまさにパーフェクトな一日に相応しい仕上げとなりました。こうして、石徹白を愛し、渓魚を大切に思い、大事に扱ってくれる釣り人とのコミュニケーションが闊達になっていくことが、よりパーフェクトな石徹白に繋がっていくことを再確認。本当に楽しい一日となりました。5月下旬とは思えない寒さにオッサンは痛めつけられ、たっぷり二日分の体力を消耗した気分ではありますが(笑)。
[PR]
by godzilla2004 | 2007-05-19 23:38 | ■フライフィッシング
<< ▲ライト・ケイヒル ●半透明ボディのレンズ効果? >>



シロートの悦楽的釣り修業を綴る…イチから見直し“諸行無常”的毛鉤釣
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
お勧めHP&ブログ
最新のトラックバック
峠川への初詣 〜4月20..
from 釣り三昧・猫三昧
think about …
from taro's magazin..
ニンフにトライ!・・・ゴ..
from スマイル Days
自戒
from taro's magazin..
古い友人との再会
from 芦毛牝馬の馬耳東風
FF誌に載ってます
from 「別誂石徹白セット」イトシロ..
秋の峠川へ 〜9月22日..
from 釣り三昧・猫三昧
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
Day of curry
from terry's FlyFis..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧