■スリー・アマゴズキ(フィッシャー)
※5月最後の土曜日、釣りがウルサイトリオ(でアマゴ好き)が久し振りに顔を揃え、愛知県の渓流で釣りをしました。全員イワナも大好きなんですけどね、タイトルに整合性?を持たせるため“アマゴ好き”ということで…(笑)。
e0057274_21543683.jpg
▲左に立つ洋さんと釣りを中断して話をしているterryさん。これくらい離れていても話がやむことはありません。撮影している私にも会話の内容は伝わっており、当然会話に加わっています(笑)。ナンと言っても「釣りがウルサイ」人達なので…。

▼ちなみに下の写真は3月初旬の同じ場所。左に立つtaroさんのイデタチをご覧になればおわかりいただけると思いますが、吹雪の舞ったとても寒い一日でした。
e0057274_2202229.jpg
■前日降り続いた雨の影響で増水した本流を避けるタメ、支流に入りますが、川幅が狭い分より影響が大きかったのか、轟々と流れる水量にフライの落とし場所すら限られます。厳しい状況ではありますが、そこは「ウルサイトリオ」だけに、増水した流れの音に負けない大きな声で会話は弾みます。が、弾む会話と裏腹にフライへ出てくれるオサカナは見当たりません。ひょっとしたら大声でオサカナを散らしているのかもしれません…なんてことは認めたくありませんので、場所を変える事にします(^^ゞ。

e0057274_228467.jpg
▲写真は増水した流れの中、数少ないポイント(例えば対岸の岩周りの淀みなど)を攻める洋さん。

e0057274_22113237.jpg
■釣り場所を変更し、向った先は最上流部に流れ込む支流の堰堤下(撮影は洋さん)。今年3月初旬の寒い日、ワンチャンスをゴジって®しまってモノにできなかった、あのポイントです。この堰堤下のプールに到達する直前、皆の前でテリって®しまったterryさんに攻めてもらいます(既に私はゴジって®しまったトコロをしっかりと目撃されていました)が、テリる®以前にどうにもフッキングさせることができません。思い通りにならない局面ばかりでしたが、その度に大きな笑い声が溪に響き渡りました…。

e0057274_2218671.jpg
▲午前中で釣りを切り上げ、帰路につかなくてはならない洋さん、難しいライズに挑んだ結果目出度く釣り上げた6寸ほどのキレイなアマゴ。この辺りの溪は放流されていないらしく、釣れる渓魚は小粒が多いものの目を見張るばかりのキレイさが特徴です。それにしても、ウルサイギャラリーが見守る…というかあーだこーだと茶々を入れて邪魔をする“タフコンディション”にもメゲず、しっかりとライズをモノにされた洋さん、流石でございました。

e0057274_22241181.jpg
■ランチをお付き合いいただいた後、帰宅の途につかれた洋さんを見送り、terryさんと向った先は峠を越えた先にある森の中を流れる細流。本流が増水して釣りにならないときでも何とかなる溪としてtaroさんから教えていただいた流れでした。

e0057274_2227118.jpg■(撮影はterryさん)時折小さなイワナと思われる渓魚がドライフライに出てきてくれましたがフッキングすることはなく、シビアな反応ばかりが返ってきます。入渓地点に停めてあった車の主が先行した後だったのかもしれません。大体において、先行者が入った可能性が高いトコロを釣り上がるなんてのは戦略性の欠片もないイイ加減釣り師の証なのかもしれませんが(笑)、まぁ余り気にし過ぎてもダメですからね。1、2尾でも渓魚の顔を見れればイイやってな気持ちで溪に入れば、そんなに気にならないモノですよ(とカッコつけてみます(笑))。渓魚の反応が少ないときこそ、お互いに気の利いた写真なんぞを撮りまくって気分転換を楽しむこともできますしね。


■緑のトンネルの中を流れる溪を切り上げ、午前中入った溪に戻る途中でも暫く竿を出してみましたが、増水した太い流れの中から渓魚を引きずり出すことはできませんでした。イブンニングを楽しむのに最適なポイントは洋さんから聞いていましたので、早々に切り上げ(といってもその場所に到着したのは午後5時を大きく回っていました)、峠道を下ります。

e0057274_2232476.jpg
■ラスト・チャンスのポイントに入渓し、里川特有の6時を告げる大音量のチャイム(音楽)に少々焦りを覚えた頃(このままだと「ボ」だぞ…)、まずterryさんが元気の良いイワナを釣り上げ、こちらも何かしらの予感を覚えます。流れの上空にはツバメ、水面に顔を出す岩の上にはセキレイが、水生昆虫のハッチを告げています。で、とうとう釣り上げることのできた8寸弱のイワナ(ヒットフライはCDC&エルク)。アマゴに負けず劣らずキレイなイワナに見惚れます。

e0057274_2233299.jpg
▲そのイワナを釣り上げた少し上流の流れの中から、アマゴ好きなterryさんが引っ張り出したナイスなアマゴ。砲弾型のボディとツヤツヤお肌に、二人とも魅入られてしまいます。が、貪欲な私は、terryさんがそのアマゴを撮影中にも釣りを続けます(笑)。

■増水した流れの水面に乗るフライ、少しでもオサカナなら見つけてもらい易くするタメに、大き目のフライ(#12)で、ディアヘア、エルクヘアをウィングにしたもの(CDC&エルク、エルクヘア・カディス、ヘアウィング・ダンなど)を、特にイブニングタイムでは使用しました。そして、洋さんから教えていただいたイブニング・ポイントにメイフライ、カディスのハッチが盛んになってきたころから、フライへのアタックにスイッチが入りました。フッキングした後コントロールする暇も与えず表面が尖った岩にティペットを巻きつけるように走った大物に6Xティペットを切られるまで使い続けたヘアウィング・ダンには数回連続のアタックがあり、そのうち3尾をネットインさせることができましたが、それと同数以上をテリる®結果となりました。元祖、本家本元が近くに居たから…ではないでしょうが(汗)。ライズのピークはこれからと言うときにブレイクしたティペットをつなぎ直し、ライトケイヒル・パラシュートにフライを交換したことによって、以後全くライズに絡むことなくただ流れ続けるフライを見えなくなるまで目で追い続けることになりました(^^ゞ。

※夜の帳が落ちる頃、上空を飛び回るのは比較的大型のカディス。ライズは主にそのカディスに向っていたものと思われます。そして都会近郊の里川の主たちはイブニングになっても、その嗜好(指向)を曲げることなく、捕食したいモノを選別し続けていたのではないでしょうか。言い方を変えれば、カディス指向のイワナ、アマゴたちは、ライトケイヒル・パラシュートが水面に絡んで発生するライトパターンに違和感を感じまくったのかもしれません。ディアヘア、エルクヘアが開いた状態で水面に張り付き派手なライトパターンを作るCDC&エルク、エルクヘア・カディス、ヘアウィング・ダンなどがまだ明るい頃から効果抜群であったのにも関らず、どうしたものかライトケイヒル・パラシュートに交換してしまったこと、今となれば少々残念には思いますが良い経験をしたと考え直し、次の(カディスのハッチが主体の)イブニングでは失敗しないぞと、気持ちはタイイング・デスクに向っています。…単に(ホワイトかブリーチしたディアヘアを用いたクリッピング・ヘッドの)マドラーミノーを沢山巻こうと思っているだけなんですけどね(笑)。
[PR]
by godzilla2004 | 2007-05-28 00:02 | ■フライフィッシング
<< ▲マドラー・ミノー ■Fine Day, Fine... >>



シロートの悦楽的釣り修業を綴る…イチから見直し“諸行無常”的毛鉤釣
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
お勧めHP&ブログ
最新のトラックバック
峠川への初詣 〜4月20..
from 釣り三昧・猫三昧
think about …
from taro's magazin..
ニンフにトライ!・・・ゴ..
from スマイル Days
自戒
from taro's magazin..
古い友人との再会
from 芦毛牝馬の馬耳東風
FF誌に載ってます
from 「別誂石徹白セット」イトシロ..
秋の峠川へ 〜9月22日..
from 釣り三昧・猫三昧
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
Day of curry
from terry's FlyFis..
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧