■雨天中断【サスペンデッド・ゲーム】
e0057274_22175354.jpg
※“丸顔フラット”上流のお気に入りポイント付近、土砂降りに近い強さの雨の中、ロッドを振る(手前から)山猿さん、Wラガーさん、Tラガーさん。

■石徹白C&R区間での釣りは、肌寒い土砂降りの雨の日か、強烈な日差しの晴天の日、どちらか極端な天候になることが今シーズンは多いようです。曇天のどんよりとした…どっちつかずの天候は余り経験したことがありません(まるで黒澤明監督の映画のようです)。この日、いつもより1時間以上早朝に到着したスキー場駐車場で釣りの準備をしていると、山猿さんのご到着、1週間ぶりの再会です(笑)。今日はお互いにイブニングまで釣りをする気はなく、(天気予報によると)夕方近くなってから降り始める本格的な雨の前には釣りを切り上げるつもりでしたが、準備が完了する頃、空からはポツリポツリと雨が落ちてきます。レインウェアを着込んで、山猿さんは下流へ、私は少し上流へ歩みを進めます。通称“ゴジラーズ・ロック”少し下流のプールから入渓し、まずは雨に強いエルクエアーカディス(#12)を使ってみます。直ぐに反応がありますが、20cmほどのアマゴなどはフライを凝視しつつフライと一緒に流れ下って1メートル、結局チョンと突っついてから水底へ戻っていく始末。何とも小癪なアマゴでした(汗)。

■入渓してから1時間余り、ドライとニンフで小振りなイワナを2尾ずつ釣り上げるコトができましたが、浮かそうが沈めようが、反応は多々あってもフッキングに至らないことばかり。まぁ小さなオサカナだったと自己暗示にかけ?ココロ穏やかに雨の中を釣上ります。そして、合流してくれたWラガーさんお気に入りのポイントで雨中のライズを狙いますが、空振り。益々雨の振りが強くなってきた頃、二人で下流に移動し(エキップベスト初着用の)Tラガーさんと合流、“丸顔フラット”上流のポイントに入ります。ラガー兄弟が1、2尾釣った頃、山猿さんがC&R区間最下流部から釣り上がってこられ、冒頭写真の撮影となりました。

e0057274_22451845.jpg
▲“銀座プール”でフライ交換中の山猿さん。この後、スキー場駐車場まで釣上りグッドサイズを連発で釣り上げたそうです。“銀座”の主の貫禄充分といったところです。

■“峠川銀座”は主に任して(笑)、元々、お昼過ぎには石徹白を後にしなければならないラガー兄弟と上流部に再挑戦し、“パラシュート・アント”で数尾釣り上げると、もうリミット・タイムぎりぎりになっていました。ランチ後も石徹白で暫く釣りを続けるつもりだった私、そして山猿さんも、相当に強い雨脚で降り続ける雨の中での修業(荒行)的毛鉤釣り(笑)に見切りをつけ、オニギリを頬張った後、帰路につきました。“I'll be back.”とつぶやきながら…かどうかは知りませんが。まぁそんなこと言わなくてもまた訪れることは間違いありませんし(笑)。
[PR]
by godzilla2004 | 2007-06-24 22:55 | ■フライフィッシング
<< ▲Night of the R... ●蟻の翼にナツを乗せ >>



シロートの悦楽的釣り修業を綴る…イチから見直し“諸行無常”的毛鉤釣
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
お勧めHP&ブログ
最新のトラックバック
峠川への初詣 〜4月20..
from 釣り三昧・猫三昧
think about …
from taro's magazin..
ニンフにトライ!・・・ゴ..
from スマイル Days
自戒
from taro's magazin..
古い友人との再会
from 芦毛牝馬の馬耳東風
FF誌に載ってます
from 「別誂石徹白セット」イトシロ..
秋の峠川へ 〜9月22日..
from 釣り三昧・猫三昧
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
Day of curry
from terry's FlyFis..
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧