■Rhapsody in August
e0057274_18135356.jpg
※その渓で釣り始めてから3時間近く経過しましたが、全く渓魚の反応を得ることができません。強烈な八月の太陽が照りつける渇水の溪を歩き続けた二人のフライフィッシャーは汗だく。腰にぶら下げたペットボトルの飲み物だけが減っていきます。

■私と洋さん、二人とも未体験の溪に降り立ち、意気揚々と釣り始めますが、当初は曇りがちだった空は快晴となり、八月の太陽が容赦なく照り付けてきます。渇水気味の溪だけにポイントは限られますので、主だったポイントだけを叩き、テンポ良く釣り上がるものの、如何せん渓魚からの反応が得られません。いくつもの堰堤を越え、入脱溪を繰り返しているうちに時間だけが経過していきます。

e0057274_18141872.jpg

■お昼近くなり、このままの状態が続くのであれば他の溪へ移動しようかと(お互いに)考え始めた頃、洋さんの投じたフライに今日初めての反応があります。惜しくもフッキングしませんでしたが、2回連続したCDCダンへのアタックに二人とも色めき立ちます。
その場所は諦めて移動した次のポイントで洋さんが釣り上げたのは8寸半のヤマトイワナ。野性味溢れるそのイワナ、短く済ませた撮影時間とは裏腹にしっかり両の瞼に焼き付けてからの再放流となりました。
e0057274_192216.jpg

▼その15分後、今度は私の投じた…小さな落込み脇のオーバーハングした岩のエグレの(渇水だけに殆ど止水状態だった)巻き返しに留まったパラシュート・アント(#14)が…水中に消えました。軽く、でも確信を持ってロッドを立てるとガツンとくる手応えと共に(小規模な)プール水底の岩めがけてロッドティップが引き込まれます。一瞬根掛かりかと思った程の引き(岩の下に逃げ込もうとする突進)を何とか往なし、ネットインできたのは泣き尺のヤマトイワナ。ネットですくった直後に、思わず「でかい!」と大声を出してしまいましたが、まぁ「釣りがウルサイ」トリオ構成員なので仕方ありません(笑)。e0057274_18154358.jpg

▼その溪での仕上げは、堰堤下の(とっても小さな)プールでの釣り。私が投じたブラックナット・パラシュート(#10)に出てくれましたがフッキングした数秒後にテリってしまいました。暫く間をおいた後、洋さんはファーストキャストで8寸強のイワナを釣り上げ、私は7寸ほどのイワナで続きました(同じフライを使用)。お互い数尾のヤマトイワナを釣り上げることが出来たことで大満足し、溪に沿った林道を下り遅めのランチタイム、そして夏の釣り恒例のシエスタ(笑)となりました。
e0057274_18161287.jpg


e0057274_18163457.jpg■休息後は違う場所で釣ることになり移動した先の溪に降り立ったのは午後4時半。この溪が流れ込む川は増水していましたが、こちらは(恐らく)渇水状態であることは流れから出ている石の色の変化で読み取ることができます。水源の山が違うと水量にも大きな違いが出るものなんですね(^^ゞ。入渓場所を探しながら流れに沿った小道を歩いていくと上流から下ってきた二人連れのフライフィッシャーとすれ違います。挨拶の後、洋さんが状況を尋ねるとなかなかに良い釣りができたとのこと。こちらは先行者があったこと前提の釣りとなりますので、彼らが釣り始めたであろう地点よりも(出来るだけ)下流から釣り始めることにします。


e0057274_18165581.jpg
▲入渓して直ぐの場所で釣り上げたヤマトイワナ(が住処に帰る瞬間(笑))。入渓地点の選定は間違っていなかったようです。その後も渇水だけに限定はされましたが、ここぞというポイントにフライを流すと必ずと言って良い程アタックがあり、その内(7~8寸強のヤマトイワナ)数尾を釣り上げることができました。二人とも多少はテリったり®、ゴジったり®しましたが…(笑)。阿吽の呼吸で、交互に先行、ある程度距離を保って釣ってはいましたが、アタックされてもフッキングできなかったり、テリったりしたときにあげる大声と、オーバーなリアクションで、何が起こったのかは理解できます(笑)。

e0057274_18171489.jpg
■好調な釣りが続きましたが、川岸の土にウェーディングシューズの足跡が散見できるようになった地点から極端に反応が悪くなります。竿抜けと思われる小スポットを攻めてお互いにイワナを追加することができましたが、このまま釣り上がるより、先刻二人で交互に攻めてただの一尾たりとも釣り上げることに成功しなかった(渇水のこの溪では)比較的大きなプールに戻ることとしました。1時間前、そのプールでは大物らしきイワナを相手にテリったり®、フッキング失敗…で何度も大声を上げて仰け反っていました(もちろん二人共*笑)。まだ充分に明るさの残るプールで気持ちよく“締め括り”ができるよう、洋さん共々フライローテーションに工夫を凝らして臨みます。渇水の影響もあるのか、このプールに潜んでいる渓魚は相当な数にのぼっているようです。ライズのスプラッシュも散見できるようになると、ライズ目掛けてキャストしますが、フライの横でライズされたり、アタックしてくれるもののフッキングできない…状態が20分ほど続きます。トラぶったり、フライ交換のタイミングで交代してプールを攻め、4回目のフライ交換で私がティペットに結んだのはライトケイヒル・パラシュート(#10)、ハックルポストのディアヘア(ホワイト)を指で押し拡げ、水平方向に広がった大きなライトパターンを作るよう“おまじない”を施し、ライズがあった地点の上流1メートルにキャストします。

■今までのライズとは違い、殆どスプラッシュが発生せずジェントルにフライが消えるのを確認、ホンの一呼吸置いて合わせをくれるとロッドが絞り込まれるような抵抗が始まります。上流に引っ張られるような抵抗にやむなくウェーディング、相手の(直)下流に位置を変えます。ティペットは6X、往なしながらも相手の好き勝手な動きに追従する必要はありません。上流への動きが止んだのを見計らってロッドを更に上方向へ突き上げ、水面をのたうつ相手をネットに誘導します。差し出したネットの近くまでは引っ張ってくることに成功しても、直前になると力を振り絞って(私から見て)右方向に向きを変え、今後は流芯に乗って下流へ落ちようと仕掛けてきます。それもロッドのトルクを信じて制御し、上流側に泳がせ、再びロッドを突き上げ水面に顔を出させてからネットに誘導。今度は無事ネットインさせることに成功しました。

e0057274_18173319.jpg

▼こちらは洋さん撮影の同一個体の写真。デジイチ使いの洋さんとの釣行、大いに助けていただいておる次第。心より感謝です。それにしても、LEDライトを当てただけ、当然ストロボ未使用…キレイに撮影できるものなんですね~。デジイチ(PENTAX K10D)のパフォーマンスもさることながら、洋さんの撮影テクニックの上達振りにも驚きます。
e0057274_23344292.jpg
▲ネットに誘導する際、(一瞬のこととは言え)水面に出た顔の厳つさと大きさから、ある程度想像はしていましたがネットに入ったそのイワナを見て、再び「デカイ!」と大声を出してしまいました。計測してみると33cm、大きくて厳つい顔立ちのヤマトイワナでした。

e0057274_19281360.jpg■フライフィッシング再開後4年目に突入、初めての尺上ヤマトイワナを釣り上げることができましたが、ストロボを使用せずに撮影できる時間帯ではありませんでした。こんな立派なイワナであれば、明るいうちに撮影したかった…などと贅沢で自己都合優先の我侭を言うべきではないのでしょうが、明るいうちにチャンスがあっただけに“ないものねだり”をしてしまうのかもしれません。渇水状態だからこそ、渓魚の潜むポイントを見付ける・見極めることは難しいわけではありません。規模の大小に関らず、確信を持ってフライを投じることができるポイントに臨んだら、システムチェックと同時に“心の準備”も怠らずキャストするようにすべきですが、“締め括り”の時間になると溜まった疲れがね、ど~んと出てきて集中力が途切れがち(^^ゞ。「夏の溪」ではまず何を置いても歩かなくちゃ勝負になりませんからね。「盛期の溪」とは比べ物にならない長い距離を釣り上がったこの日、気合だけでは何ともならない程の疲れが出てきていたんでしょう(とオッサンならではのエクスキューズ(笑))。オッサンの身体能力を鍛え直すのか、暑い時期の峪の釣りはホドホドにしておくのか、釣行計画自体を見直す必要があるのかもしれません(笑)。

e0057274_18514590.jpg※長時間のハードな遡行とその労力に伴わない釣果(まぁそれが楽しいわけなんですが…)、そんなイメージが拭えない夏の峪ですが、どうせ釣れないのなら、ダメ元で初めての峪に挑戦してみようと洋さんと(合意の上(笑))臨んだ今回の釣り。午前中は渇水でどこかに潜んで出てこない渓魚と噴き出す汗に気持ちも萎えかけましたが、終ってみれば充分満足できる釣果に望外の尺上ゲットのオマケまで付いてきました。ただし、それはあくまでも結果。渇水、高温、先行者という悪条件(しかし渓流釣りであれば甘受しなければならない状況)の中で、洋さんと戦略を巡らせる…強い日差しと日陰をキーワードにした渓魚の居付き場所の推定、割り切った取捨選択に基づくテンポの良い釣り上がり…などを心がけ、それぞれの過程(=フライフィッシング)を充分に楽しむことができた一日でもありました。後は一日中持続する体力・気力の育成を普段から心がければ完璧な(?)フライフィッシャーになれそうな気がしています(笑)。
[PR]
by godzilla2004 | 2007-08-06 18:19 | ■フライフィッシング
<< ▲ピーターのフライボックス(V) ★暑中お見舞い申し上げます/2... >>



シロートの悦楽的釣り修業を綴る…イチから見直し“諸行無常”的毛鉤釣
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
お勧めHP&ブログ
最新のトラックバック
峠川への初詣 〜4月20..
from 釣り三昧・猫三昧
think about …
from taro's magazin..
ニンフにトライ!・・・ゴ..
from スマイル Days
自戒
from taro's magazin..
古い友人との再会
from 芦毛牝馬の馬耳東風
FF誌に載ってます
from 「別誂石徹白セット」イトシロ..
秋の峠川へ 〜9月22日..
from 釣り三昧・猫三昧
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
Day of curry
from terry's FlyFis..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧