★巨匠と日本茶
e0057274_19441531.jpg
真竹素材のフライロッド製作の巨匠(写真左)と巨匠の(広報関係限定?)タニマチ別誂石徹白セット仕掛人…を囲み、日本茶を飲みながらのミーティング。…とはいうものの、石徹白C&R区間に関する四方山話に終始した夜でした。

e0057274_19575439.jpg★こちらが“別誂石徹白セット”…ロッド、リール、ランディングネットが揃った3点セット(撮影はアトリエKAN:斎藤さん)。撮影場所はもちろん石徹白C&R区間(スキー場駐車場前プール)です。

※余談ですが、フライフィッシャー誌(2007年11月号)には吉田ロッドさんの取材記事が掲載されています。

★訳あって、“別誂石徹白(スペシャル)セット”のプロトタイプが当方の手元にあり、ここ2回の釣行では遠慮なく使用させていただいております。残念なことにそれなりのサイズ(写真撮影に値するサイズ)を釣り上げることができず、我が身の修行不足を痛感するだけの結果しか出ていないことは拙ブログをご覧いただいている皆様には周知の事実です(^^ゞ。が、吉田ロッド製、8フィート3インチ、3番仕様の真竹ロッドのパフォーマンスの一端を充分に実感できた2回の釣行ではありました。8フィート3インチの竹竿を一日中振り続けても右腕の疲れはまったく感じることはなく、むしろオッサンの実力以上にキレイなループを形作ることができ、トリックキャストも思いのまま(←あくまでもオッサン・レベルでの話(笑))、楽しい釣りを演出してくれました。

e0057274_19465779.jpg
▲石徹白スペシャルロッドの主要部を拡大した写真です。マスターワークとも言える正確且つシンプルな仕上りに“道具”としての完成度を垣間見ることができます。尚且つ、トンキンケーンに比べると表皮部に集中するパワーファイバーをしっかりと残し、真竹の持つしなやかさを損なうことなく(正三角形の)セグメント(スプリット)6本を削り出し接着してあるマスターワークは、拡大することにより更に際立ちます。

e0057274_19472059.jpg
▲リール・シート部の拡大写真。エンドキャップのメダル部は佐藤成史さんがデザイン。その周囲には“ITOSHIRO”、リールポケットには“石徹白”の文字が刻まれており、リングは竹を組合せた意匠となっております。

e0057274_19473332.jpg
▲一番、お見せしたかったのはロッド・ティップ部分。先端まで正確な正六角形の断面を保ったまま、(ロッド・メーカーであれば当り前ではありますが)仕上げてあります。この6枚の写真は下から光を当てている部分、白く反射しているトコロがどの写真でも一致しています。これは正確な正六角形である証明となっています。まぁ値段の違いはあるでしょうが、ロッドメーカーであれば、必ずこのような仕上りになっているのは当り前で、この部分の仕上がりの違いってのはないんでしょう(ここが歪(いびつ)な仕上がりなんてのはあり得ないと、ド素人ユーザーの私ですらそう認識しています)。

【バットからティップまで正確な六角形断面を持つことはもちろんですが、吉田さんはロッド表面をオイルフィニッシュで仕上げており、接着面が見えるなんてことのないキレイに立ったエッジが(かなり)際立ちます。そのアタリの詳しい解説はこちらをクリック

★拙ブログでは、私がどんなロッドを使っているのか、所有しているのか、などどいう“持ち物”自慢的なエントリーをしたことは稀(写真掲載はしますが(笑))…そのアタリのことに関しては余り興味がなく、フライ・タイイング中毒的エントリーを楽しんでいる…と自分では認識しています。そんな拙ブログに似合わない内容で、“別誂石徹白セット”の吉田ロッド製真竹バンブーロッドに関するエントリーを行ったのは、製作者吉田幸弘さんと何度もご一緒に釣りに出かけタイイング・セッションにも参加いただいたり、先だっての夜のように四方山話に花を咲かせるひと時を過ごすうちに意気投合、吉田さんのタニマチ(?)であり、石徹白C&R区間実現にご尽力され、現在もその活動を継続されている斉藤さんとも同様なお付き合いを重ねた挙句、無力なオッサンとしても何らかのサポートをさせていただきたいと思ったからに他なりません。これまた余談ですが、今シーズンから吉田ロッド製7フィート3インチ3/4番仕様の真竹ロッドを使い始めております。

※石徹白C&R区間を含む、石徹白周辺の河川に対する豊かな愛情をお持ちの吉田ロッドさんと斉藤さん、そして何の手助け・尽力もできないとは言え(汗)、同じく石徹白を愛する気持ちを忘れたくない私。私にとって、石徹白の流れと吉田ロッドはワンセットの宝物…そんな思いから今回のエントリーになりました。似合わないことをするんじゃない!とお嘆き・お怒りの貴兄も数多いことでしょうが、まぁ石徹白の流れと吉田さんに免じてご容赦の程、お願いする次第です(笑)。
[PR]
by godzilla2004 | 2007-09-25 19:51 | ★イベント/フィクション
<< ▲ピーターのフライボックス(番外編) ■秋分【the Autumna... >>



シロートの悦楽的釣り修業を綴る…イチから見直し“諸行無常”的毛鉤釣
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
お勧めHP&ブログ
最新のトラックバック
峠川への初詣 〜4月20..
from 釣り三昧・猫三昧
think about …
from taro's magazin..
ニンフにトライ!・・・ゴ..
from スマイル Days
自戒
from taro's magazin..
古い友人との再会
from 芦毛牝馬の馬耳東風
FF誌に載ってます
from 「別誂石徹白セット」イトシロ..
秋の峠川へ 〜9月22日..
from 釣り三昧・猫三昧
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
Day of curry
from terry's FlyFis..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧