★雪が降る【その壱】
※早朝、名古屋を出るときは曇り空でしたが、県境を越え岐阜県に入って暫くするとフロントガラスを雨が濡らします。S藤さんをピックアップし、東海北陸自動車道の郡上インターを過ぎた頃から小雨が雪に変ります。オフシーズンのこの日、石徹白を目指したのには(一応)理由があります。来年開催される“石徹白フィッシャーズホリディ”について、S藤さんが漁協関係者と打合せを行うタメ、私は月一ペースで行っている水生昆虫生態調査を石徹白〔丸顔フラット付近〕で行うタメ、そして真竹ロッドメーカーの巨匠が、フライロッドのある部分に改良を施した具合を…石徹白で釣りはできませんから、白鳥町の管理釣り場「くろや」でモンスターレインボーを相手に…実釣で試してみるタメ。三者三様の理由(目的)があれば、大雪が降ると予報が出ていた天候状態、大和インター以北にはチェーン規制が出ていた道路状態に関係なく強行されることとなりました。外的要因には負けない…というか、凹まないオッサン達でしょ(笑)。とは言え、やはり石徹白に向う桧峠を無事に越えるには地元の人のヘルプが必要になります(?)。石徹白の暴れん坊、M山さんの愛車、スノー・マスタング号(雪上の暴れ馬)に白鳥町で乗り換え、四駆の軽四輪(室内は思ったよりも広くて快適…釣り道具を乗せていないので最小限の荷物でしたし…)で石徹白に向かいます。

e0057274_23293676.jpg
★途中、ホンの少しだけ冷や汗はかきましたが、無事石徹白に到着。まずは漁協の関係者の方と“石徹白フィッシャーズホリデー”についての打合せ確認が行われました。その後、石徹白C&R区間(通称:丸顔フラット)に移動。車外に出ると、先刻打合せを行った室内とは違い、(当り前ですが)寒風に運ばれた冷たい雪が肌を刺します。上の写真はスノー・マスタング号のルーフプチ雪ダルマを並べて妙に喜んでいる巨匠(笑)。

e0057274_23295918.jpg
★雪は絶え間なく降っていますが、水生昆虫の捕獲は粛々と進められます。この写真は手前の雪を光らせ、その時の降雪状態を強調するためにストロボ発光させて撮影してみました。

e0057274_23301542.jpg
★こちらはノーマル撮影(今回使用したデジカメはW10/PENTAX)。キャンプ場前プール下流の橋が雪の降り積もった護岸の向うに確認できます。凍える指先に呆然と立ち尽くしている巨匠も確認できます(^^ゞ。

e0057274_23303324.jpg★これは今回捕獲した水生昆虫の一部。メイフライ、ストーンフライ、カディス、ガガンボなどのニンフ、ラーバを満遍なく捕獲することができました。全てその場で撮影し、種の特定が難しい(特に凍えるような寒さの中では…ね(笑))小型の水生昆虫だけ標本にして持ち帰りましたが、比較的特定し易い中型、大型のモノは撮影後、(水温5℃の)水の中に帰っていただきました。
捕獲に要した時間は先月までの調査より短かったものの、捕獲できた個体数はむしろ多かったほど。凍えるような吹雪の中でも水中の生活にさほど変化はないようです。


▼どんな天候でもアソビ心を忘れない、真面目におアソビしてしまうのは石徹白好きのオッサンならでは(かな?)…むき出しの指先が寒風に痺れ始めても可愛い雪ダルマを作ってしまうようです。
e0057274_23305514.jpg
★今回は水生昆虫捕獲用の網を持ってもらうタメ、これまた可愛らしい腕を付けてみました。って、オッサン四人がかりで何やっているんでしょ(^^ゞ。

e0057274_2331983.jpg
★現場での調査が終り、満足できる仕上がりのプチ雪ダルマの前でポーズをとっているあやしいキュートなオッサン達です。左からM山さん、S藤さん、巨匠(真竹ロッドメーカー)…笑顔(作り笑い)の背後に、この時の寒さが見え隠れします(笑)。

e0057274_23312278.jpg
▲スキー場駐車場への橋の上から下流方面を撮影。橋の欄干には10cm程雪が積もっています。

★1時間ほど水生昆虫生態調査に費やした頃、石徹白に降る雪は益々その強さを増してきました。…私の場合、とある釣具量販店で購入した長靴(ニーブーツと呼ぶにはあまりにモダンなデザイン:別名ウルトラマン・ブーツ(笑))にピンホールがあいていたようで、じんわりと浸み込んできて足を濡らす、その冷たさに足の(指先の)感覚がなくなりかけてもいました(^^ゞ。そんな予期せぬ出来事もあり、手早く荷物を片付けて急ぎ足で石徹白を去ることとなりました。丁度、石徹白に到着してから2時間後のことですが、豪雪の山中をスノー・マスタング号で目指した理由、三つの案件のうち二つは曲がりなりにも達成し、ヒーターのお陰で冷えた足先が暖まっていく過程に覚えた安堵(満足)感には心地よいものがありました。無事帰宅し、暖かい部屋でPCを前にしてエントリーの文面を推敲している今も尚、思い出してはあの時のホッとした気持ちを噛み締めている次第です(大げさ過ぎますね(^^ゞ)。

※その後もアソビ好きのオッサン連中の雪中修行(行軍)は続き、今度は巨匠が雪まみれになりつつも、真竹ロッドの実釣試験に挑みます(その模様は次回のエントリーでお楽しみください)。拙ブログに於いて“雪中行軍”は、自他共に認める…極少数のビジターには期待までされている…“冬の風物詩”となっておりますが、釣りをしない状況での雪中行軍はレアな出来事かもしれません。雪の降り方も半端じゃなかったわけですし、(極少数かもしれませんが)そちら(=雪中行軍)を期待されていたビジターの方にもご満足いただけたエントリーになったことでしょう(笑)。
[PR]
by godzilla2004 | 2007-12-15 23:31 | ★イベント/フィクション
<< ★雪が降る【その弐】 ★Witn a passion >>



シロートの悦楽的釣り修業を綴る…イチから見直し“諸行無常”的毛鉤釣
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
お気に入りブログ
お勧めHP&ブログ
最新のトラックバック
峠川への初詣 〜4月20..
from 釣り三昧・猫三昧
think about …
from taro's magazin..
ニンフにトライ!・・・ゴ..
from スマイル Days
自戒
from taro's magazin..
古い友人との再会
from 芦毛牝馬の馬耳東風
FF誌に載ってます
from 「別誂石徹白セット」イトシロ..
秋の峠川へ 〜9月22日..
from 釣り三昧・猫三昧
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
Day of curry
from terry's FlyFis..
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧