■冬の青空
e0057274_12253.jpg
※ピーター氏と最後の挨拶を…ということで、(お仕事から抜け出して駆けつけてくれた)ラガー兄弟さんと黄昏店に集合。ラガー兄弟さんがお仕事に戻った後、シャックマンさんも登場。そのまま三人でランチを楽しみつつもピーター氏との別れを惜しみました。雨模様のこの日とはうって変わって冬の青空が広がった翌日、シャックマンサンと美濃フィッシングエリアに向かいました。

■管理棟で珈琲をご馳走になり四方山話に勤しんでからストリーム(渓流)エリアに降り立つと午前9時を大きく回っていますが、日差しに照らされ少しでも気温があがってからの方がオッサンの身体には好都合(笑)。前日までに降った雨のおかげで渓流は相当な増水状態。水温4℃で増水状態。で、迷うことなくニンフィングのシステムを選択、岸辺の岩に腰掛け、いざ準備開始。

e0057274_1223152.jpg
■渇水状態であれば、そこに居るアマゴの正確な数までカウントできる…透明度の高い美濃フィッシングエリアのストリームですが、増水状態だとそんなわけには行きません。(ここには掲載できない)ド土派手な蛍光カラーのニンフを流し、それに反応するアマゴを見つけることにします(もちろんアマゴはそこに居ました)。いきなりサーチング・フライを引っ手繰ったアマゴは見事にバラし(笑)…まぁ心の準備ができていなかったということにしておきましょう。今度は派手さは劣るけれども沈みやすくてふっキング性能も宜しいBH(ビーズ・ヘッド)系のニンフに交換し、もっと素早く沈んでくれるようにショットをかませて暫く釣り上がった挙句にネットインできたのが写真(上)のアマゴ。

e0057274_1224728.jpg
■フライを落としたのは、写真のポイント(中央の楕円内)。轟々と流れている急流の向こうの巻き返し…なんていかにもですが、沈みやすいニンフとショット(4号)が功を奏し、ファースト・キャストでインジケータが水中に消し込まれました。

e0057274_11265251.jpg
▲この日、アマゴを釣り上げたBHタイプのニンフです。右側のフライで実際にアマゴ(2尾)を釣りましたので、少々くたびれております。渓流釣り用のフック(吉村渓流:6号)に巻いたBHニンフ、同型・同サイズのモノでも釣っております。この日の美濃フィッシングエリアは総じて活性が高いとは言えない状態で、バラしを連発。少しでもフッキングの良いフライをということで、渓流釣り用フックのお世話になった次第です。このBHニンフではシラメ(写真下)を釣り上げました。

e0057274_1231154.jpg
▲この時点まで厳しい釣り(バラし連発)が続き、それでもめげずにポンドを攻める…哀愁漂う(?)背中に味があるシャックマンさんの向こうに見えるカップルは、YGさん(右)とYGさん彼女さん(左)。偶然の遭遇で、この日の夜に予定されているS藤さんアトリエでの“バケツ料理”の集いにも参加くださいました。

e0057274_11271137.jpg
▲比較的流れが緩くなる水深のあるポイントでは、こちらのフライ(ヘアーズイヤー系)も効果がありました(…何となく使ってみたかっただけですが(笑))。こちらのフライでも(最低)1尾は釣り上げておりますので、少々くだびれ気味。

e0057274_1232718.jpg
▲小さな落ち込みが段々に続いているトコロだっただけにローアングルな構図を決めて撮影できたシラメの写真。下の段の流れに位置をとり、デジカメを構えたまでは良かったのですが、ローアングルを求めて我を忘れ、ついでにヒップハイウェーダーを履いていたことも忘れ、どんどんと腰を落としていったら、お尻が流れに触れてしまい冷たい思いをした挙句の写真です(笑)。

■太陽が山影に隠れて暫くすると気温が極端に下がっていることに気付きます。冬の青空は黄昏時からの寒さをも運んでくるようです。午後5時の終了時間間際に使用したランディング・ネットが凍りつくまで低下した美濃フィッシングエリアを後にして、御嵩のS藤さんアトリエへと向かいます。ヒーターの効いた(寒い国から来た)車で40分程度過ごしたドライブでもなかなか温まってはこなかった程オッサンの疲れた身体には厳しかった“冬の青空”下での釣行だっただけに、S藤さんアトリエで待つ“バケツ料理”に期待は弥増します。

e0057274_1235082.jpg
▲本邦初公開の“バケツ料理”。この日のメニューは豚汁でございました。S藤さんが最近入手された“小型”バケツ(ステンレス製)のお披露目でもありました。私、シャックマンさん、YGさん、YGさん彼女さん、シェフのS藤さんの5人で瞬く間にエンプティとなったのは当然の成り行きの“美味しさ”であり、“温かさ”でございました。S藤さん、ご馳走様&有難うございました。

※バケツ料理に感激した我らがシェフのシャックマンさんとS藤さんで、“バケツ料理の会”が結成されたようです。二ヶ月足らず先に迫った石徹白の解禁時、雪の中で“バケツ料理の会”の初お披露目が行われるか否かは別にしても、ますます渓流解禁が楽しみになった一日でもありました。
[PR]
by godzilla2004 | 2008-01-13 23:59 | ■フライフィッシング
<< ★Farewell my Ja... ■Last Chance Fi... >>



シロートの悦楽的釣り修業を綴る…イチから見直し“諸行無常”的毛鉤釣
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
お勧めHP&ブログ
最新のトラックバック
峠川への初詣 〜4月20..
from 釣り三昧・猫三昧
think about …
from taro's magazin..
ニンフにトライ!・・・ゴ..
from スマイル Days
自戒
from taro's magazin..
古い友人との再会
from 芦毛牝馬の馬耳東風
FF誌に載ってます
from 「別誂石徹白セット」イトシロ..
秋の峠川へ 〜9月22日..
from 釣り三昧・猫三昧
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
Day of curry
from terry's FlyFis..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧