■冬の散歩道
e0057274_2193211.jpg
※深夜まで続いた仕事(のようなもの)のおかげで眠ったのは午前3時過ぎ。さすがに早朝から釣りに出かけるというわけには行かず…6時間後に起きて準備を整え、美濃フィッシングエリアに出かけました。お昼前に到着するとこの時期にしてはそれほど寒さを感じることはありませんでしたが、終始太陽が覗くことはない冬色の空模様。いつも歩く渓流沿いの小道も冬景色です。

■水温は3~4℃、午後3時を過ぎた頃からの気温は2℃(位かと…)というコンディションでは、ライズを見ることはなく、いつもながらのニンフィングで前回と比べると渇水気味のストリームを最下流部から最上流部まで、自分のペースで釣り上がっていきますが、ストリームに釣り人の数は少なく、攻めたいと思っていたポイント全てでフライを流すことができました。フライに反応はしてくれるものの、なかなか釣り上げるトコロまで至らない小難しいアマゴ(シラメ)に軽く沸騰することも忘れずに…(笑)。

e0057274_2195081.jpg
▲視認性の良いニンフ(要するに派手と言うことです(笑))に突進してきてくれた8寸ほどのシラメ。何かと(自分なりに)工夫して、少ないながらもアマゴ(シラメ)がネットに入ってくれると何時もながらに嬉しいものです。『君のカップは君の手で運べ』…“冬の散歩道”byサイモンとガーファンクル…より。まぁチンチンに…先ほどは「軽く」と書きましたが(笑)…沸騰しながらも、それなりに工夫し、対策を練り、応分な結果が伴ったということで、オッサンがはしゃいでおるだけのことですから、ご容赦を(笑)。

e0057274_21102730.jpg
▲この時期の美濃フィッシングエリアの就業時間は午後5時。その15分前に釣り上げたシラメです。辺りは暗くなり始めており、当方の撮影スキルではこれが限界でしょう(^^ゞ。露出補正は行っておりませんが、結局はダークな色調となってしまっています。それでも、1ヶ月前ならストロボが必須だった時間だけに、日が長くなってきたことも実感します。

※撮影が終わり、デジカメをバッグにしまうと5時ジャスト。午後からの釣りだっただけに釣果の程は期待せず渓流に入りましたが、それでも数尾のアマゴ(シラメ)を釣り上げることができ、お散歩がてら(?)に川に降り立った甲斐がありました。ほんの少し、足腰も鍛えられましたしね(笑)。
[PR]
by godzilla2004 | 2008-01-20 21:30 | ■フライフィッシング
<< ▲ローガンに鞭打つ日々 ▲揺らめく炎・揺らぐ心 >>



シロートの悦楽的釣り修業を綴る…イチから見直し“諸行無常”的毛鉤釣
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
お勧めHP&ブログ
最新のトラックバック
峠川への初詣 〜4月20..
from 釣り三昧・猫三昧
think about …
from taro's magazin..
ニンフにトライ!・・・ゴ..
from スマイル Days
自戒
from taro's magazin..
古い友人との再会
from 芦毛牝馬の馬耳東風
FF誌に載ってます
from 「別誂石徹白セット」イトシロ..
秋の峠川へ 〜9月22日..
from 釣り三昧・猫三昧
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
Day of curry
from terry's FlyFis..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧