■水辺の杭に自意識はあるのか…
e0057274_383281.jpg
※写真のような天候状態で、水辺の杭になること…それをこの地方では“シラメ釣り”と呼んでいる…とは思いません。が、周りの状況も、自らの(肉体的&精神的)状況も省みず、時には自意識すら遥か彼方に追いやって集中、そして目前のライズを取ることだけに没頭する…それが“シラメ釣り”の楽しみ方(?)の一つであることは確かなようです。

■この日の天気予報、午後からは雪、それも相当な量を覚悟すべし…となっていました。このポイントに到着したのは午前8時前。誰も居ない緩やかな流れを暫く観察しますが、その時点でのライズは皆無。まぁ時間的要素も重要なファクターですから。なんて自らに言い聞かせつつ、曇天に隠れた太陽を恨めしく眺めながらも、ほぼ無風状態に厳しい寒さにはならないこと、そして日が高くなる頃のライズ発生に期待が高まります。

e0057274_374863.jpg
▲水辺の杭になったフライフィッシャー(その1)、MDさん。

e0057274_38412.jpg
▲水辺の杭になったフライフィッシャー(その2)、MMさん。

e0057274_381847.jpg
▲水辺の杭になったフライフィッシャー(その3)、シャックマンさん(写真手前)。

■午前9時頃から散発的に始まったライズに翻弄されつづけた我々(杭・その1からその4…その4=私)、結果は兎も角、持てる力を出し切ってのゲームに没頭し、気が付けばお昼直前となっていました(本格的に雪が降り始めたのは午前10時半頃…それまで鏡面状態の水面を流れる極小フライへの反応はそりゃあもうシビア!)。それから深々と降り続く雪の中をT-Craftさんの工房へ移動し、フライボックス、ランディングネット等を直談判(強奪とも言う…かも(笑))で購入、もしくは予約して、T屋さんお勧めの中華料理店でランチとなりましたが、こちらにも没頭しすぎたのか、お暇した時には午後3時を過ぎていました。この日最後の釣り場所を探し、(この地方にしては)半端じゃない程降り積もった雪の中を移動しました。

e0057274_38456.jpg
▲そして、仕上げは、まきストーブの鎮座するS藤さんアトリエでのバケツ料理。こちらも楽しい話に没頭し、お暇したのは午前1時近くとなっていました(^^ゞ。このストーブで暖められた部屋、そして美味なるクリームシチューのセット。そんな贅沢がこの日の仕上げとなることはわかっていましたので、降り続く雪の中でも釣りに没頭できたことは間違いありません。T屋さん、S藤さん、いつもながらにお世話になりました。

※幸か不幸か、“シラメ釣り”初体験だったMM/MDさんを案内したポイントでは充分すぎる程のライズが発生…充分過ぎるだけに余りにも釣り人を小ばかにした反応に即沸騰してしまうわけですが…(笑)。何もかも忘れてのめり込む、シビアながらも楽しい釣りを実体験していただけました。フライフィッシングの幅が広がったのか、タイイングデスクの前で“唸り声”を発して悩む夜が続くのか、MM/MDさんの今後がどうなっていくのかは神のみぞ知る…と言ったところでしょう(笑)。
[PR]
by godzilla2004 | 2008-02-10 03:12 | ■フライフィッシング
<< ■A usual holiday ★Peter's re... >>



シロートの悦楽的釣り修業を綴る…イチから見直し“諸行無常”的毛鉤釣
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
お勧めHP&ブログ
最新のトラックバック
峠川への初詣 〜4月20..
from 釣り三昧・猫三昧
think about …
from taro's magazin..
ニンフにトライ!・・・ゴ..
from スマイル Days
自戒
from taro's magazin..
古い友人との再会
from 芦毛牝馬の馬耳東風
FF誌に載ってます
from 「別誂石徹白セット」イトシロ..
秋の峠川へ 〜9月22日..
from 釣り三昧・猫三昧
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
Day of curry
from terry's FlyFis..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧