●セミトラVフィルムでフローティング・ニンフ
e0057274_21171655.jpg
▲“フローティング・ニンフ”

フック:VARIVAS F-2000(#16)
スレッド:TMC16/0(ホワイト):アイ部分はフライトーン(ダークイエロー)で着色
テール:フェザントテール(オリーブ)
アブダメン:セミトラVフィルム
ソラックス:スーパーファインダビング(ブラウン)
ウィングケース:ピーコックハール
ウィング(兼インジケータ):CDC(ナチュラル)

●以前に、“フローティング・フェザントテール”としてタイイングしていたフライのバリアント・タイプです。クロカワゲラ、オナシカワゲラのニンフが水面に絡んでいる(フローティング)状態を演出できたらと思い、フライボックスには必ず鎮座しているモノですから、いろんなタイプを(脈絡もなく思いつつママに)巻いております。特にクロカワゲラは陸上羽化──個人的経験でも水面羽化するクロカワゲラを見たことがないので──"クロカワゲラ・フローティング・ニンフ"という呼称はオカシイと考えておりますので、“フローティング・フェザントテール”。



e0057274_21261577.jpg
▲“フローティング・フェザントテール”

フック:VARIVAS F-2000(#16)
スレッド:TMC16/0(ホワイト)アイ部分はフライトーン(ダークイエロー)で着色
テール:フェザントテール(オリーブ)
アブダメン:フェザントテール(オリーブ)
リビング:カッパーワイヤ(X-FINE)
ソラックス:スーパーファインダビング(ブラウン)
ウィングケース:ピーコックハール
ウィング:CDCのみ。もしくはCDCとADW(オレンジ)のミックス。

以前エントリーしたのは上写真のタイプですが、個人的には(特にこの時期)信頼しているフライのひとつです。

e0057274_2131859.jpg●この写真に写っているのは先の長良川釣行で沢山見かけたクロカワゲラのニンフ。ピンボケ写真で恐縮ですが(何しろクロカワゲラのニンフは陸上でもじっとしていてくれないものですから…(^^ゞ)、カワゲラのイミテーション・フライの場合、こんなピンボケ写真でも目立ってしまう“レッグ”表現も重要かもしれません。


e0057274_21263416.jpg▲そんなわけですから、細身で体の折曲がり具合だけを意識するばかりではなく、こちらのフライのようにハックルでレッグを表している(つもりの)フライも巻くことになります。
使用フックはTMC206BL(#16)

※いよいよ今週末には石徹白も解禁となります。雪深い山里に解禁当初から訪れる(ことができる)かどうかは別にして、柄にもなくフライボックスの整理なぞしてオッサンなりの解禁準備。足らないフライがないかとボックス内を眺めながらも、拙い経験の中から“この時期に効くフライ”をイメージ。即頭に浮かんでくるのはこんなフライ…でしたので、再々の(似たような)エントリーになってしまった次第です。ワンパターンと言われても仕方ありませんが、まぁこんなフライを巻いておいても損はしないと思います(?)ので、お気に召した方はどうか2、3本巻いておいてください。個人的経験から、ある程度の反応は期待できますが、(もちろん)釣果の保証はできませんので、悪しからずご了承ください(^^ゞ。

__411/420__

[PR]
by godzilla2004 | 2008-02-26 21:29 | ●セミトラVフィルム
<< ▲カリフォルニアからのお土産 ■石徹白トラウトギャラリー >>



シロートの悦楽的釣り修業を綴る…イチから見直し“諸行無常”的毛鉤釣
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
お勧めHP&ブログ
最新のトラックバック
峠川への初詣 〜4月20..
from 釣り三昧・猫三昧
think about …
from taro's magazin..
ニンフにトライ!・・・ゴ..
from スマイル Days
自戒
from taro's magazin..
古い友人との再会
from 芦毛牝馬の馬耳東風
FF誌に載ってます
from 「別誂石徹白セット」イトシロ..
秋の峠川へ 〜9月22日..
from 釣り三昧・猫三昧
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
Day of curry
from terry's FlyFis..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧