■ロスト・クリーク
▼某月某日早朝、名古屋駅前を通過し“初めて訪れる峪(溪流)”を目指します。e0057274_14122926.jpg


▼3時間後には、誰にも摘まれず残っていた“たらの芽”が芽吹く峪に立っていました。e0057274_14154188.jpg

■新緑のトンネルを釣り上がると、この溪で生まれ育ったアマゴが至るトコロから飛び出してきます。
e0057274_14211177.jpg
▲とはいうものの、入渓した当初は冷え込んだ気温の影響なのか、この時期には珍しい(?)低水温(8℃強)故、アマゴの活性は上りきらず、フライに何度も出てはくれるのですが、フッキングに至らず、何回天を仰いだことか(笑)。入渓して一時間を過ぎる頃から初夏を思わせる日差しの中で水温も上昇(最高値12℃)、ヒット率も向上と相成りました。

e0057274_14212947.jpg
▲私の持つアマゴのイメージを完全に具現化するとこうなる──見本のようなアマゴ。アイロニカルな表現でカッコ付けてますが、ココロの中ではこのアマゴをネットに入れて暫く見惚れていた程度には大喜びしております(笑)。

e0057274_14214851.jpg
▲こちらは小ぶりながらも立派な背ビレが自慢のアマゴ。

e0057274_168132.jpg
▲この日のヒットフライは“CDCバイオットダン”──ですが、結局はどんなフライにでも反応してくれたようです。フッキング性を優先すれば小さめのサイズ(#20前後)が有効でしたが、それを使い続けるのもアレ──要はローガンには辛い(笑)──なので、水温も上昇し、渓魚の活性が上ったことを確信してからは、弱々しく水面に絡みつつナチュラルカラーのCDCが高視認性を保ってくれる、サイズの大きな(#12、#14)このパターンに落ち着きました。

e0057274_1422361.jpg
▲同じ溪でも、ポイントが違うとパーマークのパターンが違ったアマゴが釣れます。この日は“アマゴ祭り”、美麗で慎ましく朱点をまとった数多くのアマゴと対面することができました。

e0057274_1422194.jpg
▲この日の最大サイズ、8寸半のアマゴ。この溪の規模だとこのサイズが上限になるのかもしれません。それにしても、尾ビレ、胸ビレ、もちろんその他のヒレ全てが“ご立派”の一言。野生の逞しさすら覚えます。

e0057274_14322516.jpg
▲訪れる釣り人も(皆無ではありませんが)少ないのか、たらの芽も沢山残っている“忘れ去られたような溪”でアマゴと戯れた一日。小さな流れの中、またその周辺に、生命の息吹が溢れるこんな溪が、いつまでも残っていてくれることを──釣り人の懐古譚の中にだけ残り、いつの間にか忘れ去られていく流れにならないことを──祈りつつ、この溪に辿り着いた道を引きかえし、高層ビルの立ち並ぶ街へ向いました。
[PR]
by godzilla2004 | 2008-05-22 14:32 | ■フライフィッシング
<< ■Breath of the ... ■石徹白、新緑の候 >>



シロートの悦楽的釣り修業を綴る…イチから見直し“諸行無常”的毛鉤釣
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
お勧めHP&ブログ
最新のトラックバック
峠川への初詣 〜4月20..
from 釣り三昧・猫三昧
think about …
from taro's magazin..
ニンフにトライ!・・・ゴ..
from スマイル Days
自戒
from taro's magazin..
古い友人との再会
from 芦毛牝馬の馬耳東風
FF誌に載ってます
from 「別誂石徹白セット」イトシロ..
秋の峠川へ 〜9月22日..
from 釣り三昧・猫三昧
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
Day of curry
from terry's FlyFis..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧