<   2005年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧
■2005年フライフィッシング修行締め括り
e0057274_1382935.jpg
■30日、午前7時30分、慌しく荷物を車に積み込んで、美濃フィッシングエリアに向かいました。途中ランチを買うためにコンビニに寄り、1時間ほどで美濃FA手前1kmに到着しましたが、路面の雪にたじろぎます。チェーンを巻こうと車外に出ましたが、車の温度計は1℃を示している外は寒く、気力が萎えていきます。こちらに向かっている筈のK田さんに電話すると丁度10分ほどで片知川が板取川へ合流する辺りに到着とのこと。Uターンしてそこまで戻ることにします。
路肩が広く開けている場所に車を停め、荷物を外に出していると、RollyさんとRollyさん友人のワン公さんが到着し、1分も経たないうちにK田さんが愛車VOLVOのSUVで出現です。この先の雪道を思うと私の車に比べ、何ともVOLVOが頼もしく見えてしまいます。私の国産車はそこに停めておき、K田さんVOLVOに乗せていただき、美濃FAへGO!

美濃FAに到着、雪だらけの周りを眺めていると、Rollyさんらの車に続いて、terryさんとterryさんの先輩氏も到着されました。準備を済ませ、私とK田さんは渓流に入るため、足跡一つ無い雪の上を歩いて目的ポイントまで向かいます。e0057274_13455534.jpg
岩の上に積もった雪の造形が美しいと言えば美しいわけですが、ここに降りてくるまでに体力使い果たしたような気がします…。ここ3週間ほど誰も訪れていないことが明らかな渓に立ち、ティペットを結ぶためにロッドを雪の上に置きます。8’4”、2番ロッドのブランクの色は黒、セットしてある(Buckskin色の)DT2Fを巻いた赤いPuristが白い雪に映えます。

準備を整え、#20のパラシュート系フライをキャストし続けますが、アマゴの影も形も確認できません。高性能の偏光グラス越しに水底までしっかりと見ることはできるのですが、どこにも居ないんですよ、アマゴ様。下流から雪と戦いながら釣りあがり、駐車場下のプールにようやくアマゴ発見。最初からここにしておけば良かったのでしょうが、それは結果論。期待を胸にじんわり汗をかいての雪中行軍もまた楽しからずやです(ホントか?)。
K田さんも私も数回転んで雪の中に埋まりかけましたけどね(^^ゞ。
e0057274_1332750.jpg
↑前列左はterryさん、右がterryさん先輩氏。後列左からRollyさん、Rollyさん友人ワン公さん、K田さん、私でございます。

そのポイントで、アマゴの反応をみながらフライとシステムを変えていき、最後は10Xティペットでフライサイズ#32、行き着くところまで行き着きましたがダメ。フライに出てくれたのは1回きり(フッキングしませんでした)。
仕方なく、一旦渓流から出て(出るのも大変でした)ポンドに向います。ポンドで他の方々と合流、ケムンパス3号で苦労しながらニジマスを1尾釣り、ランチとなりました。底近くに定位するイワナを狙ってみましたが、かかったのはニジマスでした。アマゴ狙いでケムンパス5号に変えてみましたが、ケムンパス系の欠点であるフッキングの悪さから活性の低いときのアマゴには効き目が無かったようです(何のことか、さっぱり分かりませんよね。m(__)m)。

■午後から私とK田さんはまたもや渓流エリア、今度は上流部に再アタック。結果は午前と同じく雪中行軍修行を繰り返しただけでした。某ライズさんなら「雪中行軍は楽しいなぁ~。」と余裕かませることができるのでしょうが、私はへなちょこなので「八甲田山」はもっと大変だったんだろうなぁと映画・小説を思い出しながら、気合入れまくりながらも冷や汗まみれで歩いていました。思い返してみると、アマゴが隠れているのか、陰も形も見えない場所を選んで行軍し、「アマゴ居ないよぉ~」と嘆息ついての繰り返し。ただ歩いただけ、それも相当な距離を。これは「修行」通り越して「荒行」ですよ。アハハハ。

■結局、二人供渓流エリアでは「ボ」。ポンドで2005年のフライフィッシングを締め括りました。ご一緒できた、Rollyさん、ワン公さん、夕食でうな丼食べながらの抱腹絶倒のお話有難うございました。Rollyさんはミッジピューパで釣り過ぎてましたから、フライ六法全書の番人ライズさんから何らかのお咎めがあるかもしれませんヨ。ま、覚悟の上のことでしょうから、私はナマ暖かく見守るだけにしておきますね(何のこっちゃ)。とはいえ、ミッジピューパの釣りを教えていただいて有難うございました。巻いてあるのにも関らず、使うキッカケがつかめなかった私にとって2005年の最後の最後で(沈める)ミッジで結果が出せました、感謝です。
terryさん、terryさん先輩氏、夕食ご一緒できなかったことはとても残念ですが、今度は是非ずーっと最後までご一緒に釣りも釣り談義も楽しみましょう。午前中プチ爆釣したこと、ライズさんには内緒にしておきますから(何のこっちゃ・再掲)。
K田さん、VOLVOに便乗させていただき有難うございました。K田さんと駐車場下のプール、雪の上に正座して、足が痺れて立てなくなるまでフライをとっかえひっかえプレゼンテーションしていたとき、フライフィッシングを心の底から楽しんでいる実感にヒタっていました。お互い釣れませんでしたが、来シーズンは(特に蒲田川で)爆釣しましょうネ。どうも偏光グラスが合ってないようですから、ここへ行って高性能なモノを新調しましょう!

※8月から始めた拙ブログをご覧いただいている皆様、コメント頂戴した皆様、今年は本当にお世話になりました。来年も宜しくお願いします。
[PR]
by godzilla2004 | 2005-12-31 14:22 | ■フライフィッシング
★堪りませんなぁ
e0057274_12391573.jpg★29日、ブログ投稿を終えたところで、丁度遊びに来ていたMさん、会社のインストラクタpaletoneさんも誘い、3人で干物を食べにラシックに行きました。5階のFoxFireに寄ることもなく(とても珍しいことです)、久屋大通り側のエレベータで7階へ直行。一夜一夜というお店に入りました。前回の投稿テーマの一つだった“日本酒”と“名産品”をイメージしていたら、私本人が堪らなくなってしまい、3人とも大好きな“干物”を食べたくなったからなんですけどね。


e0057274_1251125.jpgメニューには産地名が明記された“一夜干し”が並んでおり、選択に困ってしまいますから、コースで注文しました。写真にある“ししゃも(北海道)”と“秋刀魚”が特に絶品でした。炭火で炙りながら、グラス(一杯が私の適量)の冷酒をちびりちびり。いやぁ、イイ雰囲気でした。勿論“銀シャリ”も美味しかったですヨ。“日本文化の粋”を味わった年の瀬のひとときでした。
[PR]
by godzilla2004 | 2005-12-30 23:25 | ★イベント/フィクション
★本棚を整理していたら…
e0057274_18363535.jpg★年の瀬らしく街への人出も落ち着いた今日、ほんの少しだけ整理しようと本棚をガサゴソしていたら、こんな本が出てきました。北川広二氏著「秘酒と渓流魚(さかな)を求めて」という題名のエッセイと言うか旅日記というかそんな内容の本で、「地酒、渓、渓流魚への想いを胸に釣りの旅」というサブタイトルが付いています。

私が、この類の本を買うことはとても珍しいことです。好きな本と言えば“物語”であり、基本的にエッセイとか随筆とかには余り興味が湧かないタイプです。どうして買ったのかと記憶を辿ってみると、仕事を変えた時期だったことに思い当たります。生活に追われ、勿論フライフィッシングは中断、釣りと言えば所謂「アームチェア・フィッシャーマン」として、数々の釣り体験本を読むことで疑似体験し自らを慰めていた頃でした。ただフライフィッシング関係の本は読めませんでした(微妙な男心でしょ(笑))。

★余りお酒は飲まない、飲めないほうなんですが、日本酒だけは好きで、お気に入りの肴と組合わせてホンの少量だけチビチビと飲むことがお正月の楽しみだったりします。渓流魚って日本酒に合いますからねぇ。内容を少し読み返してみましたが、各地を釣り歩き、そこで出合った渓流魚と日本酒(地酒)を楽しむ話に引き込まれてしまいました。

★フライフィッシングで訪れる場所には、地酒以外にも数々の名物(美味しいもの)があるわけですから、この本のように、訪れた場所で釣り以外でも楽しまなきゃダメなんだなと思った次第です。フライフィッシングを再開した今、若い頃のように他の楽しみを忘れ、がむしゃらに釣りするばかりではなく、訪れた土地の全てを楽しむ余裕が必要なのでしょう。フライフィッシングを楽しむことはそういうことで、余裕を持たなきゃあきませんね。

e0057274_19113935.jpg
※この写真のようなのは勘弁して欲しいと思うのは私だけではないでしょうけどね(汗)。
釣った後、食べることをトヤカク言うつもりはありませんが、写真を撮るなら生きている一番キレイな時に撮ってあげてください。巨○オネーチャンのヌード写真だって、死体だと嫌だと思うんだけどなぁ…。

★という訳で、今からラシックの干物と日本酒のお店に行ってきます。アハハハ。
[PR]
by godzilla2004 | 2005-12-29 19:03 | ★イベント/フィクション
■“Looks” does matter.
e0057274_18484136.jpg
■“見た目”が大事です。フライボックスを開けたとき、コレだけ巻いてあれば文句はないだろ!とアマゴもイワナも、もちろん自分自身も納得させる堂々たるラインナップ。
こんなボックスをベストに収めて、来シーズンは渓流に立ちます。さぁ、巻くぞぉ~。

e0057274_19114281.jpg
■これらの画像は、渓に立ちボックスを開けたときのイメージです。ふつふつと湧き上がってくる自信を感じませんか(笑)。巻いて、巻いて、巻きまくりましょう。
[PR]
by godzilla2004 | 2005-12-28 18:53 | ■フライフィッシング
★最後の忘年会
e0057274_10155970.jpg
★前日までの混雑が嘘のように落ち着いた繁華街の夕刻。。「居酒屋以上、料亭未満」と私が勝手に位置付けている「日本海庄や」最後の忘年会でFF関係の方々(紅一点はpaletoneさん)と会食。後ろのポスターにある「活たい」、その月が誕生月の人がいるとお店からプレゼントされますので、それを狙ってここを選択。私12月生まれですから。


e0057274_10221166.jpg←このXマスツリーはもう撤去され、本日からはお正月モード、いよいよですねぇ2006年。

★この会食では、勿論フライフィッシングが話題の中心だったんですが、いつの間にか「カッコ良いフライフィッシング」とは何かに焦点が絞られ、各々が描いている「カッコ良さ」を語ることに。カッコ悪いこと、ヒトを云々ではなく、カッコ良いこと、ヒトを語ることに終始したわけですが、前向きなヒト達の話題は心地よい余韻が残り、来シーズンがいよいよ楽しみになりました。

来シーズンと言えば、この地方のフライフィッシングは「シラメ釣り」から始まるわけですが、私がFFに夢中になっていた25年程前、シラメを狙って長良川を訪れたのは禁漁後(つまり10月、11月)だったような記憶があり、昨日、某FFショップの店長Sさん華麗なスペイキャストで著名なOさん双方に確かめてみると、まさに記憶は正解(確かめないと確認できないあやふやなものではありますが)。昔、「シラメ」は「オイカワ」、「ニジマス」の類として魚協が認識?しており(ニジマス、オイカワなどは一年中釣ることが許可されています)、フライフィッシャー自体も「川原で派手な色の太いラインを振り回しているモノ好きで、魚が釣れるわけがない」程度にしか認識されて居なかったのか、ライセンスの確認に誰かが来た経験もありませんでした。今から思うと変な感じです。Sさんは長良川のシラメ釣りを広めた張本人の一人(と私は認識しています)で、私は彼に教えてもらってシラメ釣りに通いました。

フライフィッシングを再開して「現在のシラメ釣り」を知り、昔はそんなに寒い中でシラメ釣りをしていた記憶がなかったので、確かめて納得!しました。いろんなこと変わってしまってますからね、仕方ありません。「昔は良かった」なんて詰まらないノスタルジー懐かしんでいる年齢でもありませんし。今年以上に熱中して、来シーズンは「今のフライフィッシング」を楽しもうと再確認した夜でした。
[PR]
by godzilla2004 | 2005-12-27 10:15 | ★イベント/フィクション
■決断できずにいます
e0057274_20402395.jpg■これは今年1月中旬に訪れた美濃フィッシングエリアでのスナップ。ティペットを結び直しているところです。後ろに雪が残っています。先日来降り続いた雪、この程度とは思っていませんでしたが、今朝美濃FAに電話したところ、渓流エリアでは80cm以上の積雪が所々残っており、ポンドも半分以上氷結していて、釣りのできる状態とは言い難いとのことでした。美濃FAに至る道も私の車だと(例えチェーン巻いたとしても)ちょっとツライでしょうとの仰せ。

■残念無念。見通しも甘かったようです。街と(幾ら近いとは言っても)山の中は違いますわな。30日に行く予定(そちらが本番)があるので、心配になってしまいます。天気の良い日が続き、随分解け始めているので何とか大丈夫でしょうとの管理人Mさんのお言葉に少し元気付けられたのですが…。他のブロガーさん達の投稿なぞ観ていると、皆さんスタッドレスに代えているご様子。過去、2車種の4輪駆動車に乗っていた経験はあるものの、その車で雪道を走ったのは(スタッドレスを用意していたのにも関らず)10kmに満たない私。FF中断していたしねぇ。以後、初めて買った車からステーションワゴン系に乗り続けてはいるものの、2輪駆動に戻してます。う~むぅ、スタッドレス買わないとダメなのかなぁ…。ロッドとかリールの方が…。結局ウダウダしてしまう今日の私でした。
[PR]
by godzilla2004 | 2005-12-25 21:04 | ■フライフィッシング
★良い天気じゃないですか
e0057274_14254641.jpg
※トヨタの駅前ビル、随分出来上がってきましたねぇ。ヒルトンホテルと名古屋駅ツインタワーの組合せが面白い眺めだったのですが、ま、仕方ありませんね。これからはこの眺めを愛でることにしましょう。

★自宅を出る直前に地震でビックリ!で始まった今日、カップル比率が異常に高いなかを徒歩で出勤。今週はずっとチロリアンシューズを履いていたことになるなぁとどうでも良いことを思いつつ、事務所に来てブラインドを上げると、イ~天気じゃないですか。風は冷いのですが、大きな窓から差し込む日差しに背中はポカポカ。パーソナルコンピュータのモニターが見辛いので、ブラインドは閉めてしまいましたが。

★こんなイイ天気だと、路の雪は溶けますわな。そーすると美濃FAへ至る山道の雪も全部とは行かないまでもそこそこ溶けてくれるかもしれないなぁ~。ゴム製のタイヤチェーン、巻く必要はないかもしれません…。必要があったとしても短時間で巻けますしネ(今年の解禁時、何回も実践トレーニングしましたから、アハハハ)。

全く諦めていた美濃FA釣行ですが、ナンだかその気に(笑)。考えてみたら、12月に入ってから一度も釣りで訪れていないことに気付きました。ダメじゃん、修行続けないと。
[PR]
by godzilla2004 | 2005-12-24 14:42 | ★イベント/フィクション
■新しいタイイング(模倣)・ツール
e0057274_15182727.jpg
昨日の投稿の補足です(携帯電話からだと写真は小さいし、長文は書けないので)。

■私は真似(模倣)することで自分のフライフィッシングを充実させてきました。勿論、真似させていただいた先人先達へのリスペクトを忘れずに。言い方を変えればリスペクトできないヒト(とフライそのもの)の真似をしたことはありません(フツーしませんわな(笑))。

特にフライタイイング、どんなフライを巻けば良いのかを含め、まずは達人の模倣が一番必要になると思っています。昔から、タイイング解説(図解?)ビデオは沢山買って観てますが、個人的には、繰り返し見ることができるかと言う部分で満足できないものが多いと思っています。それは、タイヤーの解説が邪魔をして、(タイヤー自身、普段の)タイイングのリズムが狂っていると思えてしまうことにあります。ウィップフィニッシャーの使い方とか、CDCの取付け方等は、別シーンで集中させ、タイイングはタイヤーの自然なリズムで巻いているところを見せてほしいのです。それもフックが画面全体の半分以上を占めるくらいのどアップで!。左手親指と人差し指の微妙な動きで力の入れ具合まで分かるどアップ希望です(笑)。このブログのライフログに載せさせていただいている増沢信二氏著「フライタイイング・マニュアル」のメディア・ミックス版希望と言い換えてもイイです。ブロードバンド回線とi-Pod(記録容量は小さいけどPSPでも良いかな。でもiTunesの簡単で素晴らしい操作性を考えるとi-Podになっちゃいますね(笑))の充実で、いろんなメディアを混在させた「マニュアル」が出せると思っている訳ですよ。(勿論、身勝手な一ユーザーの立場からの世迷言だと分かってますけどね。(^^ゞ)

■i-Podの上に鎮座しているフライは、「CDCダン」です。所謂「CDCダン」とは、違ってるとお思いの方も多いかもしれませんが、この「CDCダン」は、私(は勿論、多くのフライフィッシャー)のリスペクトを獲得している某フライフィッシングショップのオーナー氏が巻いたものを真似(模倣)させていただいたものです。ダン(亜成虫)の浮き姿を忠実に再現するために巻かれたヘンハックルが特徴で、このフライをショップのホームページで見て沢山巻きましたぁ。ヘンハックルもダン系ばかり沢山のケープを買いましたが。アハハ。
e0057274_172034.jpg
その中でも、お気に入りは奥に写っている「ジンジャー・ダン(正確にはミディアム・ジンジャーですが、ストーク周りがブルーダンなので勝手にダン系に分類)」のヘンハックル。ソラックス部に密集しているところがローガン釣り師の視力を補完してくれます。余談でした。

■タイヤーのリズムで巻いているビデオに好きな音楽をかぶせ、タイイングデスクの片隅でBGMならぬBGVで流しっぱなし。知らず知らずのうちに達人のタイイング・リズムに近づいているような気になってくるから不思議なものです。新しいタイイング・ツール、いかがですか?
[PR]
by godzilla2004 | 2005-12-23 17:17 | ■フライフィッシング
■video見ながらタイイング

e0057274_17304797.jpg

■この雪では、何処にも出掛けられません。早々と事務所を出て帰宅。今から暖かい部屋でじっくりとフライでも巻きましょう。
i-Podに記録した達人のタイイング・ビデオを見ながら、一つずつ、丁寧に。
この三連休、余程のことがない限り、釣りにいくことは無理のようです。天候には勝てません。無理して遊ばず、仕事して、いろんなことを片付けないとね。

使うのはずっと先だけど、渓流に立ったときにイイ思いをさせていただける手間隙かけたフライを巻くことにします。
[PR]
by godzilla2004 | 2005-12-22 21:24 | ■フライフィッシング
■ミッジ修行
e0057274_12373036.jpg■これは私のミッジ用フライボックスの一つで、ドライ系ミッジをストックしてあります。このフライボックスをベストに入れ、シラメ釣りの練習を兼ねて昨年末から12月、1月は、美濃FAのストリームエリアでミッジングを練習することにしています(修行だなぁ~)。ですが、心優しい美濃FAのアマゴは、20番、22番で出てくれたりしますので、24番以下の出番は数回程しか経験してません。出番は少ないし、巻くのは簡単なので、24番から32番のミッジフライは昨年末から今年初頭に巻いたものがそのままストックされ続けています。インフルエンザに罹ったのと体調不良で今年のシラメ釣りは行けなかったこともあります。
そんなわけで、来シーズン(2月1日解禁)は、まずシラメ釣りに行こうと燃えており、これから美濃FAへ出来る限り通い、修行することになります。巻くのは簡単ではありますが、そこは老眼の私、タイイングバイスを、2つの蛍光灯と、2つのハロゲンランプで煌々と照らしてのタイイングとなることは言うまでもありません。老眼対策イコール明るくすること!です(笑)。

■5番ロッドとWF5Fライン用リールを新調(先日のプチ忘年会@サンクチュアリはそのデビューでもありました)、シラメ対策はバッチリ。意気揚々と某FFショップに出向き、店長にどんな練習をすればよいのかを尋ねてみたついでに、彼の使うミッジフライを見せてもらいました。

e0057274_12555998.jpgこれが彼のフライボックス。声が出ませんねぇ~。私のボックス、スリット1個おきにミッジが並んでますが、彼のものはスリット全部にミッジが鎮座し、それでも収まらないミッジがウレタンフォームに刺さってます。

ミッジの数もさることながら、一番驚いたのが(写真では分かり難いかも知れませんが)、スレッドの色違いだけで済ませがちなボディ表現にイロイロと工夫がしてあることです。

e0057274_12565689.jpg勿論、CDCを取付ける位置とか向きも必要に応じて変化させてます。達人の達人たる所以は、「手を抜かない」部分にもあるのでしょうね。ちなみに私の巻いたミッジ、ボディはスレッドだけのものばかり、たまにXXファインのワイヤー(金か銀)がリビングしてある程度です(笑)。

■彼の巻くフライは、どれをとっても素晴らしくキレイ。見惚れてしまうシェイプを持っており、特にボディを細く仕上げることと、浮き姿を計算してCDCとかラムズウール、ハックルを取り付ける部分に特徴があると、私は思っています。フライタイイングも修行中の身としては、目指すべきステージの具現化そのものが、彼のフライボックスです(彼のメイフライパターンが詰まったフライボックスは現在発売中のFR誌に載ってますけど、あれも凄い!の一言&ため息しか出ません)。というわけで、来年の解禁までの1ヶ月余りで、空いているスリットを手間隙かけたミッジで埋めていくことになりました(頑張らなくちゃ)。

※つくづく、目指すものが見えている、身近にあることに感謝しているわけですが、無理を言って彼のタイイングの一部始終をビデオ撮影させてもらっています(ずうずうしくてすみません)。そのビデオをi-Podに入れて、いつでもどこでも見られるようにすることを考えています(一時期、PSPでそれをやろうとしたのですが、メモリメディアだと長時間入りませんしね、30GBでもHDD内蔵のi-Podが最適かと。何しろ繰り返し観ることが必要だし、観たくなります)。いやぁ、ホントに参考になるんですよ、彼のタイイング。プロの技ってホントに凄いなと実感している次第です。

[PR]
by godzilla2004 | 2005-12-21 12:59 | ■フライフィッシング



シロートの悦楽的釣り修業を綴る…イチから見直し“諸行無常”的毛鉤釣
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
お勧めHP&ブログ
最新のトラックバック
峠川への初詣 〜4月20..
from 釣り三昧・猫三昧
think about …
from taro's magazin..
ニンフにトライ!・・・ゴ..
from スマイル Days
自戒
from taro's magazin..
古い友人との再会
from 芦毛牝馬の馬耳東風
FF誌に載ってます
from 「別誂石徹白セット」イトシロ..
秋の峠川へ 〜9月22日..
from 釣り三昧・猫三昧
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
Day of curry
from terry's FlyFis..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧