■Wild Strawberries and Wild Trouts
e0057274_128542.jpg
▲拙ブログには全く相応しくない写真で恐縮です^^;)。釣り上がりの途中、上流部を確認しようと河原から高台にあがった際、アタリに漂う良い香りに気付き、周りを見渡すと群生する野いちご。急遽、同行のまっす〜さんチョイつるさん、K崎さんを呼び寄せ、暫し甘酸っぱい味覚に釣りを忘れたひとときを過ごしました。

e0057274_12101064.jpg
■その渓で(標高1500メートル付近から)釣り初めて既に1時間…まったくの無反応に少なからず疲れを覚え始めた頃に見付けた野いちご。休憩を兼ねて野いちごに囲まれたトコロに腰を下ろし、これからの戦略(?)を話し合っていると、目前の流れの中に魚影らしきものを確認。K崎さんに攻めてもらえば二度目のアタックでキレイなイワナがネットイン。そのイワナ(8寸程度)惜しくも撮影途中にご帰還となりましたが、この日初めての釣果に一同の(萎えかけていた)やる気が沸き立ちます。

e0057274_1294572.jpg
■4人のメンバーが一団となって渓を釣り上がることは、釣果の面からみれば非効率極まりないわけ…ではありますが、乏しい反応に…時には2チームに別れることもありましたが…絶好のポイントだけに絞り、他の三人はギャラリーとなり、あ〜でもないこ〜でもないと茶々を入れつつ楽しむのがこの日のスタイル。

e0057274_1281423.jpg
■お互い、数回のチャンスがありましたが、モノにできたのはK崎さんだけ…(他のメンバーにとっては)ほろ酸っぱい野いちごの如き結末となりました。とはいえ、(フライフィッシングに最適な)抜群の渓相を目前にして、フッキングには至らなかったものの、難しいドリフト演出に時間を忘れ没頭していたことに違いはありません(負け惜しみですか?*笑)。

e0057274_12364985.jpg
▲で、それ以上釣り上がるのは断念。再び野いちごの群生地を横目で見ながら、(もちろん徒歩で)その渓の下流域に移動します。

e0057274_127759.jpg
▲右からまっす〜さん、K崎さん、チョイつるさん。

■移動した先でも4人は分散することなく(笑)、数少ないチャンスを狙いますが、取水堰堤下流部は予想していたよりもずっと水量がすくなく、上流部よりもシビアな状況。そんな中でも比較的大場所でライズなど見付けてしまうと時間を忘れ、皆で交代しながらそれを狙うことになります。

e0057274_127337.jpg
▲数少ないチャンスをモノにしたのはK崎さん。ヤマトの血が少し混じったような迫力ある9寸イワナを釣り上げました。お見事!でございます。その後、チョイつるさんもイワナ(こちらは典型的なニッコウイワナ)をネットインすることができ、この渓での釣りを締めくくりました、

e0057274_1291893.jpg
■その渓のどこかでイブニングを迎えるというオプションもありましたが、その渓から車まで戻るタメにはこんな絶景を楽しむ余裕もない(イブニング後であればどうせ真っ暗だし…)、ガレ場あり、崩落地ありの杣道を少なくとも30分…緩やかとは言え上り道を歩かなくてはなりません。故にそのオプションは全員一致で消滅(笑)。休憩しながら車まで戻り、イブニングの戦略会議兼非常に遅い時間のランチタイムとなりました。

■車を停めた山の麓まで戻り、有名なキャッチ&リリース区間でイブニングを…とも考えましたが、できれば野生の渓魚が釣りたい…頼りになる情報一つ持たずに訪れるのはギャンブルそのものだがダメ元で構わない…クレーバーな野生の渓魚に弄ばれる快感(ゲーム性)に痺れている…石徹白キャッチ&リリース区間が大好きで通い詰めている(この日のメンバー)全員に共通したマインドが決めた渓は、メンバーの誰も訪れたことのない渓。脆弱な情報一つすら持つことなく、ロードマップから拾い出したその渓に向かうこととなりました(チャレンジャーと言えるのかもしれませんが単なるモノ好きの集まり…でしょう*笑)。時に午後4時30分。

■1時間程でその渓流沿いの道に車を停めて流れの様子を伺います。そのアタリの標高は700メートル程度…朝から釣っていた渓とは実に800メートルの標高差があります…故に夕方になっても相当蒸し暑い!。ここまで来てしまえば時間的ファクターから言っても他の渓を探す…なんてことはできませんが、渓相を見る限り、少しばかりは渓魚も残っていそうな雰囲気。早速装備を整え渓に降り立てば、午後6時を回っています。

e0057274_15213550.jpg■結論から言ってしまえば、その渓には野生の渓魚が残っていました。怪しいポイントに狙いを定めてフライを流せば小さなスプラッシュを上げたアタックがそこそこ発生しますが、なかなかフッキングには至りません。小指サイズのアマゴ、もしくはイワナかとも思いましたが、逆にそのサイズの渓魚ならタマにはフッキングしてしまうことがあります。要は相当にスレている証…そしてその渓で初めてロッドを曲げたK崎さんのネットに収まった8寸弱のアマゴを見て、それは証明されました。たおやかな朱点を身にまとう野生のアマゴの見事なる美しさは、期待値の低かった渓で見出すことができれば尚のことフィッシャーのココロを打ち、全員が息をのむことになります。そして、気が付けば夕闇が迫り、ラストチャンスを思い思いのポジションで迎えることに…。


e0057274_125357.jpg
▲それまでに5寸に満たないアマゴを釣ってはいたものの、満足できる釣果を得ることのなかった当方。ラストチャンスを早めに陣取った(その渓の流れから言って)比較的大場所で待つことにします(そこからほど近い脱渓点もチョイつるさんのおかげで確認済み)。そして迎えたイブニングタイム。ライズが始まりましたが、比較的安定はしているものの発生頻度は多くはありません。そしてフライに対する反応もセレクティブ。薄暗い中、三度目のフライ交換を行った直後にガップリとブラックナット・パラシュートをくわえてくれたのは7寸程のこれまたヤマトの血が少々混じったようなイワナ。その時に狙っていたアマゴに間違いのないライズポイントを流し終えた1メートル程下流の瀬のヒラキに届く直前で出てくれました。もう少し狙っていたアマゴのライズに向けてキャストする時間は残っていましたが、気持ち的には満足を得られたためタイムアウト…延々と歩き続けた日が暮れました。

※高速道路のサービスエリアで夕食、数日前に石徹白を訪れたまっす〜さんのお話を聞き…まるで石徹白帰りの「だるまや」の雰囲気そのままに…楽しみつつ、8月にはまた皆で石徹白に集合し、シビアな釣りに落胆しながら(?)美味しいとうもろこしをゲットすることを決め解散と相成りました。…なんてこと決めなくても、集合することになるのは目に見えているわけですが…(笑)。
[PR]
# by godzilla2004 | 2008-07-27 12:26 | ■フライフィッシング
■7月の釣り…
※7月の釣り、多くのフライフィッシャーは標高の高い源流域に足を伸ばし、この時期でも水温は15℃程度の流れを攻めていることでしょう。三連休の初日となれば尚のこと。
e0057274_13215478.jpg
▲水温が20℃近い…流れの高低差も緩い、見るからに里川然とした渓流を攻める…ある意味マイナー(?)な釣り人(写真に写っているのはMMさん)。

e0057274_1323945.jpg
▲気温、水温を考えれば、ウェットウェーディングしたいところですが、こんな渓相も続く渓では、ウェーダー装備で汗だくになるのも致し方ありません。…里川然としていても、入脱渓は楽ではなく、それが可能なトコロは限られるうえに薮こぎが強いられるのも当然。故に長袖シャツも必須です。で、“手”だけが日焼けで黒くなり、帰ってから(手と腕の日焼け具合の相違…)奇妙なコントラストを見付けることとなります(笑)。

e0057274_12595168.jpg
▲朝から晴れ上がった空の下、日陰のポイントを見付けると…その大きさに関係なく…フライを流します。先月までの毛鉤釣り最盛期とは違った“7月の釣り”…メイフライを模した毛鉤の出番が少なくなると共に、1尾を得るために歩く距離は長くなり、狙う(重点的に攻める)ポイントも少々様変わり。

e0057274_12592588.jpg
▲小場所も大場所も丁寧に攻め狙い通りの反応を引き出す…“7月の釣り”を楽しむMDさん。ポイントの攻め方に関しては“重箱の隅をつつく”タイプ…です。

e0057274_135232.jpg
■この渓の底石の色に合わせたような茶褐色の体色が見事に保護色となっているイワナ。

e0057274_1305042.jpg
■遅めのランチを終え、再び渓に降り立ちますが、(予想通り)反応は芳しくありません。フライフィッシャー三人、足を流れに浸しながら、太陽が山陰に沈み、流れ全体が日陰になる時刻まで四方山話に花を咲かせてウェイティング。そして“その時”が…。

e0057274_1382573.jpg
▲流れの中から毛鉤に飛びついてきた、先程のイワナとは斑紋の大きさ、模様の違うイワナ。

e0057274_12574490.jpg
▲更に時は進み、午後7時近くなった頃、流れのアチラコチラにライズ発生…。

e0057274_17515087.jpg
■暗くなる前、毛鉤に出てくれてもなかなかフッキングに持ち込むことが難しかったアマゴ混じりで立て続けに数尾を釣り上げた最後に9寸イワナをネットインさせることができた時、気が付けばアタリは暗闇の帳が迫ってきていました。いくら視認性良好の大型フライ(ディアヘア・セッジ/イブニングバージョン:#10)でも目で追うことができる限界ギリギリ、これがラストチャンスかと、それでも続くライズ・リング目がけてキャストした数秒後に毛鉤が消えました。ホンの少し待った後、ロッドを立て(フッキング成功の)抵抗を感じた直後、今まで経験したことのない強さで先端が引き込まれ、ロッド全体が斜めに倒れ…それでも何とか持ち堪え…ロッドを立てようとしますが、相手はフッキングした位置から動こうとはしません。どう往なそうと思う間もなく、再度ロッドが引き込まれ…ラインを出そうと指先を緩める動きも間に合わず、抵抗が消滅しました。6Xティペットは毛鉤との結束部でブレイク…9寸イワナの口からフォーセップを使ってフックを外した時にキズでも付いてしまったのか…今となっては知る由もありませんが、ハートブレイクなラインブレイクとなってしまいました^^;。

※個人的に7月は…渓の選定を含め…“難しい釣り”になる、と思っていますが、終わってみれば、飽きない程度に渓魚の反応もあり、最後の最後には思いがけない(推定)大物で(ハートブレイクな結末ではありましたが)締めくくることができた“7月の釣り”。汗だくにはなりましたが、涼を求めて日陰に入って活力をリゲイン、ハードな堰堤越えを避けた渓の選定に(個人的には)軍配が上がった気分・体調(翌日の今日は身体が楽*笑)です。明日の休日(三連休の最終日)、何とかもう一度“7月の釣り”を…と思いつつも、この日効果があった(複数の)フライのストックを調べた途端に汗が引き(笑)…暫く休眠状態(ほぼ三ヶ月間フライを巻いておりません^^;)だった“フライタイイング熱”が再燃してきました。釣りにも出かけたいけど、(少なくとも)丸一日はタイイングに割きたいと思う気持ちが拮抗…まぁ(若くない身体のことを考えて)結局はタイイングに落ち着くんでしょうが、近場でイブニングだけでも…なんて“釣り欲”がなくなったわけではありませんので…どうなることやら(笑)。
[PR]
# by godzilla2004 | 2008-07-20 16:56 | ■フライフィッシング
■“すんごいの”を釣ったピーター氏
e0057274_1846316.jpg
※先頃届いたピーター氏からのメールに添付してあった画像に声もなく…(笑)。まぁ「トコロ変われば品変わる」わけですから、当方がいつも相手にして(もらって)いる20センチ程度の渓流魚と比べて云々…とも思いませんが、どうせ釣るなら“でかいヤツを!”とココロの奥底では…ね。

■この巨大なオサカナ、ピーター氏の解説には「10ポンド/サーモン」としかありません。とすると「シルバーサーモン」なのか?…サケ科のオサカナ、日本の渓流に棲む種(亜種)以外、当方にはまったく特定(同定)できません^^;。

※ピーター氏、最近、生まれ育ったニュージーランド南島の都市“クライストチャーチ”から北へ200km離れた、別名トラウト天国の“マーチソン?ムーチソン?(Murchison)”に仕事の関係で引っ越したそうです。“釣りキチ”のピーター氏が仕事の関係でトラウト天国の地に引っ越した…俄には信じがたい引っ越し理由ですが、本人談なので…。冬真っ盛りのかの地、日本の渓流が禁漁を迎えて暫くすると、フィッシング・シーズンが真っ盛り…そ〜なると、こんな写真が何枚も届くことになるんでしょう…^^;)。今から楽しみにしています(ホントですよ*笑)。


*****************************


※写真のオサカナは、ブラウントラウトの降海型である“シートラウト”ではないかとのご指摘があり、いろいろ調べた結果、当方もそう思うに至っております。
[PR]
# by godzilla2004 | 2008-07-15 18:46 | ■フライフィッシング
■シルエット/メヌエット(舞曲)
※全国的に猛暑に見舞われた土曜日、山奥の谿で大汗をかいてきました。

e0057274_1453552.jpg
▲大汗をかいてから遅めのランチ…そして木陰に横たわってのシエスタでリフレッシュし、再び渓に立つ(同行の)NKさん(左)とTSさん。午前の釣りでは流した汗…費やした労力…に見合わない釣果ではありましたが、久し振りとなる三人での釣り歩きに笑みを漏らす“やせ我慢”は健在です^^;。

e0057274_1455091.jpg
▲以前訪れたときよりも減水していた…クリアな水が流れる(午前中に釣った)渓で活躍してくれたのはこんなフライ。“Xカディス”の(ジーロンの)シャックを省いたタイプ…水面にペタッと張り付き、視認性は今一つですがフッキング性がヨロシイので、(フラットな流れでライズを見付けたときなど)ここぞという場面ではティペットに結ぶことになります。

※このエントリーで掲載したフライ全ては(最低でも1尾の)イワナを釣り上げておりますので、些かクタビレております。

e0057274_1456820.jpg
▲で、こんなイワナが釣れることもあります。

e0057274_145771.jpg▲日差しが強く…要するに開けて明るい渓で釣る場合、まずティペットに結びたくなるのは“ヘアウィング・ダン”。ハックルが巻いてあるパターンで浮力(揚力)持続性を図ります。

■ハックルはフックベンド下部1ミリ程度を残し水平カット。現場でカットする場合もありますが、タイイング時にカットすることが殆どです。


e0057274_14573888.jpg▲以前エントリーした“カメオ・ピーフォウル・ボディ・トルード”のCDCウィング・バージョン。ゴールデン・フェザント(ティペット)のテール…が水面に絡んでオサカナを誘うと信じて疑いません…は必須です。が、ゴールデン・フェザントのテールはフッキングすると数本は切れます(笑)。

■こちらのパターンでは、ハックル下をカットすることは稀。大体において大きめ(フックサイズ#12がメイン)…バルキーなシルエットでオサカナを誘うことを目的としていますので、現場調整はマズ行いません。見切られたり、フッキングしない…なんて場合で小さめのシルエットが良いかも…と考えた場合はフライそのものを交換。


e0057274_14581865.jpg
▲この日のイブニング…渓魚のスイッチが入り始めた頃、“ロイヤル・トルード”で出てはくれるもののどうにもフッキングしないことが続き、上述のように小さめのシルエットが…とティペットに結んだのは“イトシロ・ドラウンド・ダン/イブニング用(#14)”。スタビライザー的に取り付けた“コックデレオン”の本数が少なくなってしまう程の効果がありました。

e0057274_14593024.jpg
▲太陽が山陰に隠れた暫く後…周りの全てが色を失いシルエットになってしまう頃…狙っていたプールのあちらこちらで、まるでメヌエットに合わせるかの如くリズミカルに発生するライズの宴が始まりました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


e0057274_15265829.jpg
▲そして翌日…(午前中の)所用を済ませて帰宅した頃合いを見計らっていたかのようなタイミングで届いた…MM/MDさんからの…“嫌みな写真(笑)”が添付されたメール。仕方ないのでココにアップしておきます^^;。当方らが訪れた渓とは違う渓で釣り上げた見事な(9寸近い)アマゴに驚嘆至極…迫力満点のボディも透明感溢れる各ヒレの具合も最高…でございます。聞けば、午前中の労力に見合わない釣果は我らと同様だったそうですが、仕上げのイブニング…メヌエットに踊るライズの主の多くはアマゴだった…とか。う〜ん、イワナも良いけど、アマゴもねぇ…次回釣行はMM/MDさんが訪れた渓に決定!…かな。とはいえ、柳の下に二匹目のドジョウもアマゴもまず居ない…モノなんですけどね…(笑)。
[PR]
# by godzilla2004 | 2008-07-13 15:01 | ■フライフィッシング
■接近遭遇…
今年の1月下旬、美濃フィッシングエリアで釣りを楽しんだ洋さんとはおよそ半年ぶりの再会。現在東京にお住まいの彼と、お互いの中間地点アタリの渓をアレコレ相談した結果、ランデブーポイントは信州のとある渓に決定…昨年9月の台風被害で相当なダメージを受けているとの事前情報に厳しい釣りを覚悟しつつ、その渓の入り口付近で待ち合わせ。MM/MDさんにお付合いいただき(=MDさんのSUVに便乗^^;…感謝です)現地に到着したのは約束の1時間前。暫く渓の様子を伺った後待ち合わせ場所に戻ると、そこには懐かしい○顔が…。積もる話もそこそこに装備を整え、早速入渓することに。

e0057274_9252121.jpg
▲台風前とは大きく変貌した…その渓の荒れた様子は、この日の釣りが厳しいものになることを予感させてくれました。が、楽天的な洋さんの健脚に引っ張られて殆どロッドを振ることなく上流へ、上流へと1時間以上歩を進めます。あの堰堤を越えれば台風以前の渓相が現れる…なんて勝手な願望に支えられ…(?)、そして何度も落胆を味わったあげく洋さんと堰堤横の坂道を上り切り、次の堰堤…その堰堤上がダメならもう引き返そうと話し、歩き始めようとすると、「ん…」と当方の始動を洋さんの左手が止めます。それと同時に向こうに見える流れの右側の奥にうごめく黒っぽい何か…が目に入りました。

▼黒っぽい何か…が写っているいる箇所を拡大したのがこちらの画像(↓)。
e0057274_9241419.jpg
▲相当(200メートル程)離れていましたので、クマ(!)と気付いてもデジカメをバッグから引っぱり出す余裕はありましたが、電源ONでいざ撮影しようとすると、そのクマさん何と流れを渡ってきます。2回シャッターを押してから踵を返し、洋さんと交互に後ろを振り返りつつ車へと(できるだけ)早足で戻り、戻り道の途上遭遇した(って当たり前…)MM/MDさんに「クマとの接近(?)遭遇」を話し、渓を変えることとします。

■当方愛用中のデジカメ(のレンズ)は35mm判カメラ換算値28mmの広角単焦点(光学ズームなし)…故にクマさんのディティールを画像でお伝えすることはできません(まぁ不要でしょう…^^;)。が、流れを渡った時の堂々たる歩みと体躯…子グマとは呼べないまでに成長したクマさん…だったような気がします(今となっては大汗)。

e0057274_11305724.jpg
▲比較的台風被害が残っていないとの事前情報を頼りに訪れた渓で対岸際の弛みを攻める洋さん。クマさんと遭遇しただけに、相当離れた渓を選択せざるを得ません…でした。一旦は人里に戻っても再び山に入ることに違いはありません。遭遇地点から離れれば良いってことでもありませんが…^^;。

e0057274_9265121.jpg
▲離れて釣っていても「何かが起った」ことを知らせる雄叫び(?)をあげ、渓魚を釣り上げる度に当方を呼び戻してくれる「洋さんパターン(ルーティン)」は健在でした。で、洋さんの渓魚撮影ショットを撮影する運びとなりますが、当方にとっては…これが実に楽しい(笑)。

e0057274_10325215.jpg
▲午前中は予期せぬ転戦を強いられるなど、思い通りの釣り(に専念)ができない状況。とはいえ、洋さんとの釣行では恒例になっているお昼寝(シェスタ)の後、訪れた渓では…サイズはまぁアレでしたが…こんなイワナ達から飽きない程度の反応を得ることができ、久し振りの「洋さんパターン」も満喫できた楽しくも“た〜くさん歩いたねぇ”…という一日は暮れていきました。

■イブニングの釣りのタメに移動(渓を変更)する途中、洋さんの車にトラブル発生。昨年までの釣行では、苦楽を共にした、当方にとっても愛着ある車・ゴルフワゴン(当方の勝手な思い込みではありますが…)。実際にロッド振っていた時間よりも渓を歩いた時間(距離)が長く、初めての渓で入脱渓点の探索に労力を費やし、衰えた足腰にガタツキを覚え始めていたことも手伝って(=最大要因*笑)、ウェーダーを脱いで各方面に(携帯電話で)連絡をとる洋さんにお付合い。イブニングには間がある早い時間に納竿することにしました。

e0057274_18313478.jpg
▲「赤シャツ」とくれば「坊っちゃん」をまず思い起こす世代のオッサン近影(笑)。撮影は洋さん…感謝です。

※洋さんとMM/MDさんは同年代…洋さん、初対面だったMM/MDさんとの相性も(彼らのオフェンシブな会話を傍で盗み聞きしている限りに於いて)抜群にヨロシかったようで、これからの(東京・名古屋間の)お付き合いの更なる進展が楽しみです。…次回は(きっと洋さんの方が詳しいでしょうが)もう少し東京寄りのランデブーポイント(渓流)を探しておきますので、クマと車のトラブル遭遇にめげず、フライフィッシャーの輪の中に(タマには)ウルサいオッサン(笑)を加えて…いただけるとイイな〜…なんて殊勝ぶって申しております。が、身体を更に鍛えておかないとね…足腰にガタがきたオッサンじゃ、足手まといにしかなりませんから(笑)。
[PR]
# by godzilla2004 | 2008-07-06 09:27 | ■フライフィッシング



シロートの悦楽的釣り修業を綴る…イチから見直し“諸行無常”的毛鉤釣
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
お勧めHP&ブログ
最新のトラックバック
峠川への初詣 〜4月20..
from 釣り三昧・猫三昧
think about …
from taro's magazin..
ニンフにトライ!・・・ゴ..
from スマイル Days
自戒
from taro's magazin..
古い友人との再会
from 芦毛牝馬の馬耳東風
FF誌に載ってます
from 「別誂石徹白セット」イトシロ..
秋の峠川へ 〜9月22日..
from 釣り三昧・猫三昧
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
Day of curry
from terry's FlyFis..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧