2007年 12月 08日 ( 1 )
▲ウィング・ケース【ジャコシート】
e0057274_12561869.jpg
▲一見“ヘアーズイアー”にも見えないことはないニンフですが、“ヘアーズイヤー”を名乗るには少々スリムなシルエットが邪魔をして名前はまだありません。スリムなシルエットと言えば“フェザントテール”ですが、ソラックス部のマテリアルにヘアーズイヤーを使っていますので、フェザントテールとも名乗れないし…。とまぁ余談はさておき、今回は先週行われた釣具量販店探訪の際、ピーター氏が見付けてきたウィングケースに使える面白いマテリアルのご紹介…です。

e0057274_12564766.jpg商品名は【ジャコシート】。[ジャコフック]を自作するためのオーロラシートだそうです(ジャコフックというのはサビキ釣りなどに使われる疑似餌のことなんでしょうか)。写真ではよくわかりませんが、現物はオーロラの輝き(?)を放つ、なかなかに魅惑的な反射性を持っております。
このシートの場合、適当な大きさ、形状にカットして使いますが、当方の使い方の場合、これだけで50個以上のウィング・ケースを作ることができる計算となります。1セットの価格が200円程度でしたので、お買い得なマテリアルだと思われます。


e0057274_12572550.jpg
▲“(名前はまだない)ニンフ”

フック:TMC2312(#12)
スレッド:GUDEBROD 10/0(ラスティ・ブラウン)
テール:フレンチ・パートリッジ
アブダメン:スーパーファイン。ダビング(マホガニー・ブラウン)
リビング:カッパーワイヤ(M)
ソラックス:ヘアーズイヤー(ダーク・ブラウン)
ウィングケース:サビキ釣り用ラテックス(蓄光タイプ)の上にジャコシート

※ピーター氏は(ニンフの)ウィング・ケースには(ゴールドorシルバー)ティンセルなどを下地にして、その上にUVシーラーで透明な盛り上り部を作るのがお好きです。が、最近はこんなシートを使って微妙な反射、輝きを持たせることにも興味があるようです。このジャコシート、セミトラVフィルムとは違い、伸縮性は殆どありませんが、それだけに耐久性は抜群。今回は下地にラテックスを使ってより(光の)反射性を増してみましたが、ジャコシート単体でウィング・ケースとしても問題ないと思います。釣具量販店に寄られる機会がありましたら、一度手にとってご覧になってください。…とまぁ、後少ししたら始まる“タイイング・セッション”でのお題(テーマ)の一つをこちらでご紹介させていただきました。【釣具量販店で見つけたフライに使えるマテリアル】…というのがお題の一つなんですけどね…当方が勝手に決めているだけです(笑)。
[PR]
by godzilla2004 | 2007-12-08 13:00 | ▲フライタイイング



シロートの悦楽的釣り修業を綴る…イチから見直し“諸行無常”的毛鉤釣
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
お勧めHP&ブログ
最新のトラックバック
峠川への初詣 〜4月20..
from 釣り三昧・猫三昧
think about …
from taro's magazin..
ニンフにトライ!・・・ゴ..
from スマイル Days
自戒
from taro's magazin..
古い友人との再会
from 芦毛牝馬の馬耳東風
FF誌に載ってます
from 「別誂石徹白セット」イトシロ..
秋の峠川へ 〜9月22日..
from 釣り三昧・猫三昧
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
メイフライを「らしく」巻..
from スマイル Days
Day of curry
from terry's FlyFis..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧